« ムアンガン | トップページ | クゥーイティアオ »

2008年12月 5日 (金)

タカテン

今日はタイの国王
「キングプミポン」氏の81回目の誕生日である。

ただ、街は決してお祭り騒ぎになるわけではなく、
学校や会社(一部を除く)はもちろんのこと、
ディスコやバーなど酒を出す店も一切お休み。

タイ国民の陽気なイメージからすると
「乾杯乾杯!カラオケカラオケ」という感じなのに
みんなで静かに祝うというのは意外だが、それが
清廉な仏教の国の所以であろうか。

ご本人が体調を崩されてしまったようで、毎年前日に行われる
「お言葉をいただく」という行事が無くなってしまったのは残念だ。

何故なら、今、タイの政局は混迷を極めており、政治にも
「かなりの影響力」があるという国王のお言葉に
国民全員がかなり注目していたからである。

「首相府占拠」の事件から、タクシンの有罪判決を経て、今回の
「空港占拠事件」まで、国王がずーっと沈黙を貫いていただけに、
タイの未来に向けてどのような指針を示すのかは、
とても重要なわけであり、僕のように
事情がよくわからない外国人からすると、事件が起こるたび
「何故国王がビシッと言わないのか?」と、
不思議に思うくらいであった。


最近、なんだかやたらと忙しくて、
ということは当然いろいろな出来事があったわけで、
ブログに書きたい話がたくさんたくさんあるのに
時間がなくて書けないのがとても惜しいし悔しい。

ただ、帰って来るとほとんどバタンキューなので
健康のことを思えばそれもいたしかたないのか。

先程アップした話も三日跨いで書き終えたばかりで、
ひさしぶりにゆっくりできそうだから、連続で書こうと、
今は気合い十分なのである。

まずはやはり例の事件の話からだね。

実は今、タイはものすごく「アツい」のだ。

いやいやいや、季節的にはとても涼しくて
ハコに詰めてニッポンから送った、僕の
ジャージコレクションがかなり役立つほどなのだが、
そうではなく、いよいよ新首相を決める選挙が始まるので、
それに向けて政界ではかなり
「アツい」戦いが繰り広げられているに違いない。

めちゃめちゃ簡単に説明すると、今回の空港占拠事件の決着は
軍隊や警察や「U.D.D(政府支援団体)」が制圧したわけではなく、
裁判所の命令により、与党第一党である
「市民の力党」の解散と同党所属の首相の辞任が決定したので、
結果的に要求が通ったことになり、
「P.A.D(市民民主連合)」が一旦不法占拠を解除したという内容だ。

そして、8日の臨時国会で今後どうなるかが話し合われる。

つまり、ニッポンで例えれば、何かをやらかして
麻生と自民党がクビになったわけで、そのままいけば
野党である民主党が政権を握る可能性が大だが、
それを避けようと、与党側はすでに新党を結成し、
問題にかかわっていない議員達を集め、
結束を固めようとかなり必死の状況なのである。
http://www.bangkokshuho.com/news.aspx?articleid=6620

かなり混迷が予想される臨時国会であるが、
どのみち解散総選挙は避けられぬわけで、
「次の首相が誰になるか」が、タイの将来に関わる
とても重要な案件であることは間違いない。

これといって適任がいるわけでないのはニッポンと同じで、
有罪判決を受け、英国その他から亡命を断られている
タクシン元首相が、どこまで影響力を持つかが鍵だ。

国民にとっても一大事であるはずなのだが、
クルー(先生)達に話をふっても、あまり興味がなさそうというか、
自分の考えを話すのは「危険が伴う」とでもいうようかのように、
その件については触れようとしないのである。

実際、シールアン(黄色)のシャツを着ていた外国人が
タイ人に襲われる事件も起きており
http://www.bangkokshuho.com/news.aspx?articleid=6627
下手なことを言えない雰囲気もなくはないのであるが....。

とにかく、これはタイ永住を決めた僕にとっても
かなり重要な案件であり、とにもかくにも、例の
「P.A.D」絡みの政党から首相が出るのだけは勘弁して欲しい。

だって、「P.A.D」の親分はどう見ても悪そうな輩であり、
イケイケの特攻隊みたいなのがうじゃうじゃいるところから見ても、
まともな感じには思えないし、空港占拠など、どう考えても
国のためにならないことで抗議活動をする辺りが、
腑に落ちないというか、到底納得できないからだ。

まあ、いくら僕が危惧したところで、
なるようにしかならないわけであるが、なにしろ
経済的なことも含めて、
この国の将来が不安で不安で仕方がないのは、
決して僕だけではあるまい。

ただ、昨日の「R.C.A」はいつもに増して盛り上がっており、
国王のバースデイのカウントダウンこそなかったが
(やると予想していたのに....)、皆で祝う気持ちは
同じだったことだろう。

いや、ただ単に金曜日が休みだから、皆が
前の日に集まっただけなのか。

タイ人が何を考えているかが、正直
まったくわからないので困ってしまう(>_<)。

とにかく、昨日もしこたまウィスキイソーダを飲み、
散々盛り上がって、いつの間にか
4〜5人のトラサップナンバーを聞いていた。

最近は僕も考え方を替え、
「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」方式で
男子と一緒にいようが、多少レヴェルが落ちようが
とりあえず連絡先を聞き、
「あとは野となれ....」的な発想になったのだ。

実際、パカッと開くカッチョいいケータイさえ持っていれば、
トラサップナンバーを聞くことはまったく恥ずかしいことではなく、
ま、以前の「ダサい」ケータイではそれすらおこがましかったが、
そういうちょっとしたことがけっこう大事だったりするからね。

昨日も、「R.C.A」の「7」(コンビニね!)で
可愛いスレンダーガールを発見し、ニッポン語で
「あのコカワイイ!あのコカワイイってば!!」と僕が騒いでいると
本人もちらちらとこちらを気にして
まんざらでもなさそうだったので、店を出て
「パイナイマー(どこ行くの)?」と声を掛けると
「ティーバーン(家に帰るところよ)」と言う。

ふと見ると白いワンボックスカーから、けっこう
イカついプシャイ(男子)タイがこっちを見ているではないか。

仕方なく
「チャイチャイ(わかったよ)。バイバーイ」と行こうとすると、
彼女が車の後ろの死角に廻り僕を呼ぶので、ケータイを取り出し
「トラサップナンバーアライ?」
「ルン(忘れちゃった)」
「クントラサップムアライ(お前のケータイはどこだ)?」
「カップロットナイ(車の中)」と、
ここまで会話をして、さすがにマズいからと
ぢゃあまたなと言って別れようとすると
明日(夜)十時にここへ来てよ、と食い下がって来る。

(明日なんて「R.C.A」休みぢゃん)と思いつつ、J君に
「結局ケータイ番号聞けなかったわ」と言うと、
「イズミさん危ないっすよ。あれはギリギリですって」
というのだが、そんなことをやらせておく
オトコが悪いのであって、こっちからしたら関係ないのである。

とにかく、タイガールはちょっとでもスキを見せれば、
「他にいいオトコいないかあ....」と気変わりするわけであり、
そんなことばかりしてるから「イッちゃった」アホな輩から
顔に硫酸をかけられたりするのだ。
http://www.bangkokshuho.com/news.aspx?articleid=6615

ああコワイコワイ。


てなわけで、すっかり恋愛に臆病な僕は、
前日のリベンジを果たすべくIちゃんを二日連続で家に呼んだ。

「今日こそは最後まで」と思いつつ、まだ
今ひとつ体調万全でない彼女とパーサータイレッスンの続きを。

一時間1000バーツの個人レッスン料はバカ高いが、もちろん
学校に行くのとは違いかなり楽しいことは間違いないので、
考えようによってはさほど悪くもないように思えてきたりしつつ、
「お前やっぱり虫食べるのか?」と、絵で書いて説明すると
「オ〜、タカテンナー。チョープチョープ!」とうれしそうに言うから、
僕は思わずソファーから離れ
「気持ち悪うーーーーーー!!」と、思い切り冷たい目で見てやった。

なにしろイサーンのヤツは皆、虫が大好きなのだ。

Aちゃん(同じくイサーン出身)も好きで、
「イズミさんおいしいもの知らないな〜」と僕をバカにする。

アホか。
世の中にはお前が知らないおいしいものなど腐るほどあるし、
飽きるほど食べて来たわ!
とはもちろん言わないけどね。

あとは、ソムタムに唐辛子を
「10メッ(本)」入れるというIちゃんとアイスを食べながら
(こいつとは付き合えないなあ)とあらためて思う。

可愛くてスタイルもいいし(胸は小さいが....)、
「マイスーブリーマイキンラオ(タバコも酒もやらない)」だし
明るくてよく笑うし性格も良さそうだし、好きな色とか食べ物とか
好みがムアンガン(一緒)なものもいくつかあったりして、
「このコちょっといいなあ」な〜んて思ったりしつつ
「KIK(TK=友達以上恋人未満)」ならいいかなと
ちょっと考えたけど、エッチしてみて
その考えは一蹴された。

とにかく「動かない」のである。

「マイチョープ(好きぢゃない)」だからと、
フェラーリさえしない輩と付き合えるわけがないではないか。

一般的には、というか少なくとも僕の経験上
プロフェッショナルであるからには相手を喜ばせねばならず、
その辺りのサーヴィスはきちんとしたコがほとんどだった。

それはまあ中にはそうでない場合もあり、例えば
ストリートガール(いわゆる立ちんぼ)などは
「はいはいどーぞ」みたいな感じで、
めちゃめちゃサクサクしたものだったりするが、
ゴーゴーバーのダンサーがそれでは
とてもやっていけないんちゃうの!?

まだ19才で風俗経験半年では仕方ないかもしれぬが、
タイ語のかわりにその辺りをみっちり教え込むほど、
僕はヒマでもないし、そんなテクも持ち合わせていない。

残念だなあ。

と思ったのだが、実は彼女
一度目に帰る時、僕のお気に入りのジャージを着ていったまま
家に置いてあるので、それがまあ人質というか、どのみち
もう一度会わねばならない。

ごはんだけ誘っても来るかどうか。

ていうか、夜なんかはけっこう寒いのに
上着を持って歩かない女子が意外に多いのだ。
Aちゃんもそいつもそうだし、Mヨも結局、僕の
黒いカーディガンを持っていったままだ。

優しい僕はいつも貸してあげるのだが、自分が寒くなったり
そうやって人質に取られたりとけっこう大変なのに、
タイガール達はそれをなんとも思っていない様子なので
まったくアタマに来る。

ほとんど感謝の意思も見せず、当たり前のようにしてるし
そうやって人質を取ったりすることが、
「次回会うための布石」というか「思わせぶり」になることなど
彼女達に「これっぽっちも」わかるはずはない。

「いくら説明しても無駄なのでは?」
悔しいが、さすがの僕も最近は
ちょっとヘタレ気味である。

本当に文化の違いには苦労させられるわ。

そうそう。
あとバッグや荷物を全部持たせるのも
こっちの女子の特徴らしい。

何故オレがお前の、化粧品やらなんやら
色々詰まったバッグを持たなきゃならない?

そもそも、バッグを持つのは
ファッションの一部ちゃうんか!?

てことは貴様が何色のバッグを持ってくるか聞いてから
自分の服を選ばなきゃいけないってことか。
そうしないとこっちのファッションがおかしなことになるやんけ。

だいたいタイ男子が甘やかし過ぎなんだぞ、コラ。
本当の優しさも知らないくせに、
中途半端に優しくするんぢゃないわ、ボケ。

だからお前らのカノジョ(だかKIKだか知らぬが)を
オレが奪ったとしても文句は言わせない。

わはははははははははははははははははははは。


というわけで、あらためて
キングプミポン様

お誕生日おめでとうございます。


*絵心はないのである。
Img_4110

顔はけっこう好みのタイプなんだけどなあ....
(ドすっぴんでこんな感じ)。
Img_4073

Img_4084

足が長いからスニーカーがよく似合う。
Img_4081_2

そしてやはり足が長いから「あぐら姿」が似合うのだ。
う〜ん可愛い。
Img_4094

おまけだよ。
Img_4105

|

« ムアンガン | トップページ | クゥーイティアオ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ムアンガン | トップページ | クゥーイティアオ »