« チンレーオ | トップページ | マイムゥアンドゥーム »

2012年4月19日 (木)

キットゥン(グ)アライ

パタヤーが恋しい。


暑いのはさほど嫌いではないが、ここまで
暑いとさすがにしんどい。

昼間は窓とドアを開けたまま上半身裸で何とか過ごせても、
夜は蚊が侵入してくるので窓を閉め、そーなるといよいよ
エアコンを点けたくなる。
仕方がないので29℃に設定して、寝る直前に切る。
洗面所の温度計は33〜34℃を指している。

特にすることもなくほとんど家に居ると、
そんな状況がだんだん苦痛になってくるわけだ。

あれだけ通っていたディスコ、某
「ラーンドン」も、最近はケーサツの目が相当厳しくなり
早い時間に閉まってしまうことが多く、そーなれば当然客は減る。
客が少ないディスコなど楽しいはずもなく、行く気もしない。
では、他にどこか代わりがあるかと言えば、あそこまで
「ファンキイ」で素敵な店など、まず考えられない。だから
最近めっきり夜出掛けることがなくなった。

ナーナーやソイカのゴーゴーバーはドリンクの値段が高いし、
安いスティサンエリアは家から遠い。かと言って近所の
カラオケ店などはバカ高いし(女子を呼ぶと有料)、
バービアなどで飲んだってちっとも楽しくないのだ。

では、パタヤーならどうか。

まず、海がある。
いくら水が汚なかろうが、
「夏」と「海」は切っても切り離せないものであり、
「暑さ」を吸収する何らかの要素を持っているのが
「海」なのだ。しかも、タイの海はどこも不思議に
「海臭く」ない。ニッポンのような
「潮の香り」もないし、粘りつくようなイヤな湿気も
ほとんど感じないから、例えば海辺に車を置いておいても、
錆び付いてしまうような気がしない。

クルン(グ)テープよりも多少暑く感じるが、
「海辺のバーで飲んでいる」というその状況だけで
気分が良いではないか。しかも、
ドリンク代が安いのだから言うことなしである。

ディスコについても、まあもちろん某
「ラーンドン」に代わるようなぶっ飛んだ店はないものの、
居心地の良い所はいくつもある。個人的には某
「ウォーキングストリート」「i-bar」「マリン」
「タムナーンチョンなどがお気に入りで、いずれも
「入場無料」だし、ドリンク代も安いのがありがたい。
クルン(グ)テープのディスコの場合だいたいエントランスで
300THB(1ドリンク付)程度取られる所が多いし、ビールも
150THBくらいは普通にするが、某
「ウォーキングストリート」ならサンミゲルライトが95THB、某
「i-bar」でも110THB(メンバー価格)だ。そして
シーシャがなんと200THBとディスコにしては格安。しかも
しょっちゅう炭を替えにくるし味もウマい。
ま、来ているタイガール達はほとんど
「アルバイト」目的の不良娘ばかりだが、
その系統の店はどこも一緒だからね。
早くても深夜三時半、遅い店(某インソム二ア)ならば
朝九時頃までやっているし、どの店の音も悪くはない。
そして、独りで行ってもだいじょーぶな店も多いのだ。
Img_3026

とにかく、街に出れば
女子との出会いはそこら中に転がっているし、結果
多少お金は掛かったとしても、楽しければ良い。

「ノーマニイノーハニイ」なのである。

では、静かにの〜んびりと過ごせないか、と言えば
もちろんそんなことはないわけで。
昼間はビーチ、夜も海を眺めながらビールやワインを飲んだり
ウマいものを食べたりするだけで、充分満足できる。

そう。
食べ物で言えばやはり
「シーフード」がウマい。
海老蟹烏賊牡蠣魚類。
どれも鮮度が違うし、しかも安い。

そーいえば、ビーチロードソイ6の近くに
サウナを見つけたのだが、そこがもうまさに
「天国」のような所なのだ。
水着の女子と混浴できて、しかも
「フルーツ食べ放題(スイカとパインのみ)」で価格は250THB。

こーなるともう、いよいよ
クルン(グ)テープに未練がなくなってくる。

「夏は海」という理論(?)からいっても、この国は
「年中夏」なのであるからして、一年中
パタヤーに居たってまったく問題はない。ただ、
「雨季」については人も少なく活気がないし、ひょっとしたら
あまり楽しくないかもしれないけど、それにしても
この街に居るよりはよほどマシだろう。

「クルン(グ)テープを見直そうプロジェクト」などと称して、
ここ数ヶ月いろいろと試みてみたものの、やはり
「お金さえあれば楽しい」というありきたりな結論であり、
オレの心を引き留めるものなど特に見つからなかった。


では、今ここに居てパタヤーの
「キットゥン(グ恋しい)」は何だろう。

「ビーチ」「シーフード」「サウナ」「バービア」
「ウォーキングストリート(ディスコも含む)」
あとは女のコ数人か。

では、パタヤーに居た時、クルン(グ)テープの
「キットゥン(グ)」はいったい何だったか。

「水餃子」「キムチ」「梅干し」「納豆」って
食べ物ばっかりやんけ!

まあ、確かにこっちのスーパーでしか
手に入らない食材もいくつかあるけど、逆に言えば
それくらいしかないのなら、たまに
「買い物するため」に、こちらに
戻ってくればいいだけの話ではないか。

あと、唯一考えられるのは
「ニッポンのTV番組」と「洋画の字幕付きDVD」くらいか。
そんなモノなくても何とかなるだろう。

学校も数回サボったら
行く気がしなくなってしまったしなあ。

う〜む。ついに
動く時が来たか。

ただ、引っ越しとなると、これまた
かなり面倒くさいぞ。

今は一日600THBのゲストハウスに滞在しているが、
一ヶ月に十日をコンスタントに越えるならば
アパートを借りた方がいいし借りたなら当然
パタヤー中心の生活になるだろう。

そうなればいつかは......。

今はただ、やたらと
「暑い」からそう思うだけなのか。
いやいや、そんなことはない。この
「渋滞」と「喧噪」の大都会クルン(グ)テープに
「嫌気」がさしているのは紛れもない事実。

よし。決めた。
パタヤーに部屋を借りよう。

タイにはベッドその他家具付きのアパートが多く、
個人的には全部自分で選びたい中、パタヤーは特に
「サーヴィスアパートメント」的要素の部屋が中心で、
条件に合うアパートが見つかるかどうか分からぬが、
探せばきっと何とかなるはず。そうなれば
50inchのTVを買って、某
「TRUE-HD」のハイヴィジョン放送を契約して、今よりも
快適な暮らしができるに違いない。

とりあえず、某
「IKEA」に行って来ようかな。

そうなればバイクも持って行った方がいいけど、
パタヤーまで運転するのは大変だろうなあ。

どの辺りに住むのが良いか。
中心地よりも、ちょっと離れたナックルアとか
静かな地域の方がいいかな。

などと妄想は尽きないが、次回は
「パタヤーワールドミュージックフェスティバル」を絡めて
27日から一週間行って来る。

ちょっと楽しみだなあ。


*「キットゥン(グ)アライ(3312222)」は「何が恋しい?」の意。

|

« チンレーオ | トップページ | マイムゥアンドゥーム »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事