« サイスアシーダム | トップページ | レーオテークン »

2012年4月10日 (火)

ペンプゥアンガン

「ブアブアブアブアブアブア!」


そう言ってから電話を切るGム嬢。

「ブア」は「退屈」とか「飽きる」といった意味であり、
「6ブア」なのだからきっと、よほど退屈なのだろう。

確かに、毎日毎日十二時間以上(休憩含む)
ゲストハウスの留守番&バービア勤務がずーっと続けば、
18才の若者にはさぞ堪えるに違いない。
聞けば給料は恐ろしく安いし、オーナーのママさんは
「ヂャイロォーン(22233短気)」で
「キイモーホー(322212怒りっぽい)」とくれば、見ていて段々
可哀相になってくる。

通常は、遅刻したリ欠勤したりするか、もしくは
「マイサバーイ(322222体調が悪い)」等の理由で店を休む場合
「シアタン(1222罰金)」として、その店の
「ペイバー」代(300〜600THB程度)を自分で払うのがルール。
しかし、彼女は住み込みで働いている都合上、常に
「監視下」におかれている状況となり、いわゆる
「サボ」ることができない。つまり、
「マイサバーイだから今日は休みます」と電話したところで、
「ルンルン♪」と部屋を出て行けば、速攻で
「仮病」がバレてしまうわけで。

雇う側からすれば管理しやすいが、
従業員の立場で考えると、実際かなり
ツライのかもしれないね。

特に今回のように、廻りの店で働く友達は皆休みなのに
「どーして私だけ仕事なのよ!!」となるのはよ〜く分かるし、そこで
「ホンダー。お願いだから私をペイバーして頂戴!」と頼んでくるのも、
「なるほどなるほど」と、納得なわけである。
もちろん、オレ達は友達同士であり、オレが
「キイニアオ(32112ケチ)」だと知っているGム嬢は、
「300THBは後で返すから」、つまり、形式上は
「一緒に遊びに行く風に私を連れ出して、その後は
解放してね♪」という話だ。

で、オレ達は喪に服しつつ一緒に映画を観た後、
「ぢゃあね」と別れた。

腕を組んだり手を握ったりしようと
「ボディーランゲージ」を試みる度に、
「ペンプゥアンガンチャイマイ
(22322223212私達は友達でしょ)!?」と、手を
「パチン」と叩かれる。

実際、彼女は本当に
「しっかり者」であり、先日ディスコ某
「ハリウッド」に連れて行った時も、最初、入り口でセキュリティーに
「ああ、お嬢さん。17才(満年齢)では入れられないねえ」と断られたのに、
「ちょっと待ってね。電話してくるから」と、どこかへ行った後、ちゃんと
一人で中に入って来た。いったいどんな
「マジック」を使ったのかは分からぬが、きっと
誰か知り合いにでも頼んだのだろう。

さっきも、
「ホンダー。今日もお願いね♪」とウィンクされた。
友達と市場に買い物に行くらしい。
「一緒に来る?」と言われたが、
「だいじょーぶ。ゆっくり楽しんでおいで」と断った。

「ペイバー代の300THBくらい払ってやりなよ」という
「読者の声」が聞こえて来そうだが、そこは
「甘やかし」てはいけない。だって何らかの
「対価」を伴うなら別に良いけど、そーでないのなら、
「サボるには実費が必要」という意識を植え付けておいた方が、後々
彼女の為にはなるはずだからね。


さて、一方
一番のお気に入りの全盛期の内田有紀嬢
(本人を見たYキさんとSンちゃんにはかなりツッコまれた)はと言えば、
こちらも普段の仕事がかなり堪えているらしく、ほぼ一日中部屋で
「ゴロゴロ」している。しょーがないので、オレが訪ねて行き、一緒に
「ゴロゴロ」するのが関の山であり、
「映画でも観に行こうよ」とか「海辺を散歩しない?」などと誘っても
「面倒くさい」「暑い」と、まったく取り合ってくれない。
やはり彼女も、看板を持って立ちっ放しの状態が
「ずーっと」続くという肉体的にも精神的にも厳しい仕事なので、まあ、
気持ちは分かるけど。

それにしても、若いタイガールは本当によく寝る。下手したら
一日中寝ているが、頭が痛くなったリしないのだろうか。
ま、ケータイを持ったまま、たまに友達と話したりしつつベッドで
「ゴロゴロ」している状態なのだが、

「寝る子は育つ」というから、別に問題ないか。

三時間四時間で目が覚めてしまうオレからすれば、ある意味
「羨ましい」部分もあるけれど、午前中はビーチで日焼けして、午後は
こうしてブログを書いたり、映画を観に行ったりと、昼間から比較的
「アクティヴ」に行動しているおっさんから見れば、
「休みの日に若い者がいったい何をしておるのだ」とも思う。しかし、
よくよく考えてみれば、こっちは仕事をしていない
「サバーイサバーイ」生活なわけであり(せっかく店が休みで
ヒマなはずなのに相手をしてもらえないという)この状況は、むしろ
当たり前なのである。


今日は三連休の最終日。

「ああ。明日からまた仕事か」と、
皆思っているに違いない。

何だか申し訳ないような気もするが、

こればっかりは、仕方がないよねえ。


*「ペンプゥアンガン(2232222)」は「友達同士」の意。

|

« サイスアシーダム | トップページ | レーオテークン »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事