« (ン)ゴン(グ) | トップページ | カーファイ »

2012年5月 4日 (金)

マイタム(ン)ガーン

ところで、
ペット達はどうしているのだろう。


ケータイを紛失してから連絡が取れなくなり、しかも
それぞれ実家のスリンとラヨーン(グ)に帰っていたため
店を訪れて会うこともままならず心配していた
仔猫と仔犬各一匹。

昨日の午後クルン(グ)テープに戻って来て、早速某
「IKEA」で新居のインテリアのイメージをさんざん妄想した後、
疲れ果てて某ゴーゴーバーを訪れてみたら、ちゃんと
仕事場に戻って来た仔犬ちゃんが
元気に全裸で踊っていた。

それにしても、某サンミゲルライトが
150THBとはいかにも高いなあ。

ちなみに、今日寄った某
「モスバーガー」のコーヒーも
43THBに値上がりしていたし、例の
「最低賃金大幅アップ」の影響による物価上昇が、今後確実に
市民の生活を直撃することになるはずだ。

オレがパタヤーに移住する最大の理由は、なにも
「別荘」を持って優雅な身分になるためではなく、逆に今後
「少しでも楽な暮らし」をするための準備であり、実際
クルン(グ)テープよりも生活費はかなり安く済むはず。
しばらくの間二重に家賃を払うことになるが、それでも
月々35000THB、つまり
十万円以下でやっていく自信があるし、現実問題
やっていかなくてはならないのである。

そう。
今回の移転はある意味
「重大なる転機」であり、内容としては、確実に
「リタイア生活」に向けて大きく
舵を切ることになる。


ここ半年ほど、意図して
「ワンランク上の生活」を試し、それによって
「お金の必要性」を自らに課した上で
「働く意欲」を促しつつ、平行して
「いつ、どんな仕事をすれば良いか」をさんざん模索してきた。

「ネタバレ」してしまってはマズい件もあって
ブログには一切書いていないけど、自分なりに
「お金があればその分さらに楽しく暮らせる」→
「仕事をして稼がねばならない」という図式を頭に
「イメージせねば」と、必死に努力して、一生懸命
お金も使ってみたわけだ。

しかし、根が
「貧乏性」で、しかも
「怠け者」のオレの場合、いくら
「ハイソーディスコ」にて散財しようと、
「カワイイカノジョ」を作って貢いでみようと、特に
「楽しいなあ♪」とは思えず、むしろ
「窮屈で肩身の狭い」思いをすることの方が多かった。

やはりオレには、某
「slim」で「ジョニ黒」よりも、
「ローカルディスコ」にて独りで「Blend285」(安ウィスキイ)を
「ちびちび」やる姿の方が、よ〜く
似合っているのだ。などと言い訳しているが、実際は
「働きたくないよ〜」という甘えの気持ちが強くて、それに
「抗えない」のが本音なのだけどね。

この国に居ると、そーやってどんどん
ダメになっていくし、人間なんて元々
弱い生き物なのさ。

どちらにしても現時点での結論は、
「タイはリタイア生活をするならば最高の国」であり、
「海外でビジネスをするのは決して甘くない」ということ。

だから、まだ(年齢的に)ちょっと早いとは思うけど、
「夢のようなリタイア生活」を目指して、一つ
「駒」を進める。


話が逸れてしまったが、もう一匹の
ワガママ仔猫ちゃんの方はどうなったかというと、
先月二十六日のお姉さんの結婚パーティーに合わせて
実家のスリンに帰っていて、おそらくもうそのまま
パタヤーには戻って来ないのでは、と思っていた。つまり、
「出稼ぎ」に来ていたのは、結婚して落ち着くまでの
期間限定だったのだろうと。実際、
勤め先のゴーゴーバーを訪ねても、
「しばらく連絡がない」と言うだけで、
仕事に復帰するという感じではなかった。

ところが、彼女ら姉妹と同居していたコにたまたま会って、
仔猫ちゃんの連絡先を教えてもらい、電話してみると
「またパタヤーで働く」と言う。どうやら
お姉さん(子持ち)の結婚相手は、家族を喰わせていけるほどの
収入がないようだ。

ま、オレとしてもそんな気まぐれ仔猫ちゃんを
ペットとして飼う気などさらさらなく、やはり
「大事なのは自分のことだけ」という冷淡人間だからこそ
「タイガールにハマって散財」することもなく、
「リタイア生活」に一直線なのだろう。


さて、明日の午後、ニッポンから某
「ロータリイクラブ」の面々が来タイする。

今回はどうやら、かなり
大規模な会議が行なわれるらしく、
メンバーの大半は、家族連れで
「アンコールワット」を訪れる予定とのこと。
残りのフリイチームのアテンドで、また
「お金持ちの遊び」にお付き合いせねば。

ま、いくら高級な遊びをしたとしても、
「軸」がブレることはあるまい。

ないはずだが......。


*「マイタム(ン)ガーン(3222222)」は「働かない」の意。


部屋が快適でさえあれば、外に出掛ける必要も無く、
お金を使うこともない。だからこそ、ある程度
「投資」するのはやむを得ないのだ。
ソファーをどれにするか悩んでいるが、それにしても
北欧家具は安くてデザインがシンプルでよろしい。
Img_2875

|

« (ン)ゴン(グ) | トップページ | カーファイ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事