« ンギアップ | トップページ | ディスコテックティーパタヤー »

2012年5月23日 (水)

ユウサバーイ

「居心地の良い店」という発想が、そもそも
間違っているのかもしれない。
だって、ディスコなんて基本的に
音がうるさくて暗くて汚くてタバコ臭くて店員が生意気で
怪しい人間がたくさん居るところなのだからね。

ただ、気に入って通えるようになるには、例えディスコであろうと
「居心地の良さ」が必要なのであって、そこにはやはり
いくつかの条件がある。

某「ラーンドン」があれだけ居心地良かったのは何故か。

暗くて汚くてタバコ臭くていかにも怪しい雰囲気の中、
ビニイルレザーの破れたボロい丸椅子に座って
「Blend285」のソーダ&水割りに
「M150」を少し混ぜて飲みながら、
ケーサツが来るまでの間軽〜く
二、三時間も過ごせた理由とは。

一つ目は
「音」が良かったから。

と言っても、本当の意味での
「音質」がいいわけではなく、
店が小さくて単純な長方形なため、
四隅プラス二箇所に配置してあるスピーカーの出す音が
店全体にわりと均等に流れるということ。そして、
素人に毛の生えたようなDJが次々と繰り出す
「ビルボードヒットチャート」と
「タイポップス&ロック&バラード」のごちゃ混ぜ選曲こそ、オレが
もっとも求める内容なのである。

外観からしてとてもディスコとは思えないような入り口から
通路を抜けると現れるそんな怪しいディスコにやって来る連中は、
「不良」としか言いようのない十代の悪ガキ男子及び、
エロオヤジとの仕事で溜まりまくったストレスを発散するために
店がハネてから続々と登場する水商売のタイガール達。そんな
「客層」もまたディスコにおいての重要な要素であり、
タイポップやイサーン音楽に合わせて
嬌声をあげながら身をくねらせる彼女らのダンスは、
ゴーゴーバーでのそれとは違い、いつまで見ていても飽きない
「エロ可愛」さ。その言葉は、まさしく
彼女らにこそ相応しい。

ま、ケーサツが来て
「十代のガキはとっとと家に帰れ」と言った途端、
「ゾロゾロ」とほぼ全員が出て行ってしまうようなそんな店なんて、
どこを探したってなかなか見つからないのが事実だが。

三つ目はその
「アットホーム」さ加減であり、入り口で、どこに座ろうかと
「キョロキョロ」するオレの姿を見つければ
「ホンダーマーレーオ(ホンダが来たぞ)!」とDJがマイクで言い、
ボトルカードなど渡さなくても店員がちゃんと
ウィスキイを持ってくるという気分の良さ。
常連の不良少年達も、しょっちゅうやって来る
変なニッポン人のオレに興味を示し声を掛けてくるので、
乾杯しつつ一緒に踊っていれば、表面上だけは一応
仲良くなれる。
ま、いざ揉めれば、囲まれて
「ボコボコ」にされるのは明白だが。

そうやって考えると、実際某
「ラーンドン」はさすがにレア過ぎて比べにくいけど、やはり
「音」と「客層」がヒジョーに重要なことは間違いない。

そして、この二つの条件が揃うことが、実は
なかなかないのが現状なのだ。何故かと言うと
オレが好む客層、つまり
「タイの若い衆達」は皆バンドのライヴが大好きで、
「ライヴ」と「DJ」が交互に代わる店は、例外なく
「音」が悪いからであり、それこそがオレの考える
「致命的要素」なのである。

例えば某RCAの
「slim」「flix」「route66」のように
「DJエリア」と「バンドエリア」が
分かれているような店が理想なのだが、
現実的にはあまりなくて、ほとんどは
同じ空間でそれらをやるので、どーしても
「音」が一方向に出ることになる。つまり、
「バンド演奏」時の音響セッティングそのままで、
DJのかけるCDなりMP3の音が流れるというわけだ。

ニッポンでなら、当然のごとく
セッティングを替えて行なうが、それには当然
機材や技術が必要だし、費用も掛かる。そして、
タイではそれをやらない。だから、
バンド演奏のあるディスコでは、必ずと言っていいほど
DJの時もステージ側からしか音が流れないため、
「体を包み込む」ようには決してならない。
「野外ステージ」ならばまだ分かるが、少なくとも
ディスコのような閉鎖された
アンダーグラウンドな空間でそんな風に音を出されても
「気分よく踊れる」はずなどないし、そもそも
「バンド演奏で踊る」という発想がおかしくはないか。

バンドのライヴは
「聴い」て「ノ」るものであり、
「一心不乱に踊る」類いでは決してないと思う。だからこそ、
それらを一緒にしてしまうタイ人の発想は
「致命的」であり、少なくともオレには、到底
受け入れられるものではないのだ。

「ライヴハウス」と「クラブ」は別物
と考えてもらいたいのだが、今更
そんなことを言ってもムリだろう。
それらをひっくるめて
「ディスコ」とか「パブ」にしてしまったのが
タイの文化なのだからね。


というわけで、ちょっと
説明が長くなってしまったので、
パタヤーのディスコについては

次回にしよう。


*「ユウサバーイ(112222)」は「居心地が良い」の意。

|

« ンギアップ | トップページ | ディスコテックティーパタヤー »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事