« テン(グ)ンガーン | トップページ | プレーンタイ »

2012年5月16日 (水)

サーオサーオ

「あれ。おかしいな」


久しぶりにサウナに行って、
サウナルームで肌をいくらこすっても
垢がちっとも出てこない。いつもなら
「これでもか!」っていうほどの
「セルフ垢擦り」状態になるのに。

最近のあまりの暑さで、常に汗ばんでいるという
「毛穴開きっ放し」の日々が続いていて、
「垢が溜まる余地」すらないということなのか。

まあ、今が一番暑い時期なのでしょーがないけど、
これほど強い陽射しの毎日だと、
「早く雨季が来ないかな」と、ちょっと思う。

などと書いていたら
大雨が降ってきたぞ。

あ〜あ。せっかく昨日
洗車したばかりなのに。

そう。
こーいうことはよくある。

少しは涼しくなりそうだから
ま、いっか。


さて、パタヤーに来てからあまりにも
「まったり」と過ごしていて、やれ
「リタイア生活」だとか「TVを買った」だとか、
読者にはまったく興味のなさそうな
「つまらない話」ばかりで、なんだか少し
申し訳ない気がしてきた。

現実問題、小旅行で訪れていた頃とは違って
「いつでも行ける」と思った途端、某
「ウォーキングストリート」には足が向かないし、
ディスコにすら未だ一度も訪れていないから
「ネタ」になるようなオモロイ話など
「皆無」なのである。

ただ、こんな状況でも増え続ける
「ヒット数」を見ていると、やはり
「オモロイ日記を書かねば」と思うのが
「人情」だし、では実際、読者の方々が
「いったい何を期待しているのだろうか」という
疑問も沸いてくる。

想像するに、おそらくタイ在住の、ある程度
「年配の男性」(オレよりも上の世代)が多いのではないか、
と考えると、逆に
「リタイア話」なんかがいいのかもしれぬが、書いている
本人が読んでもオモロくないのだから、これはもう
どーしようもないわけで。

読み返してオモロイ話となると、
「オレってアホやなあ」とつい笑ってしまうのは
「自虐ネタ」であって、その内容のほとんどは
「女子絡み」だったりする。

であれば、いい機会なので現時点においての
「女子関係」についてちょっと整理しておこう。
もちろん、今後、この
ブログを楽しく読んでいただく為の
「布石」ということで。


ケータイを紛失したことにより、とても
「シンプル」になった現在、友達と呼べる女子は
クルン(グ)テープに一人、スリサケートに一人、
パタヤ−に二人、ペット的なコが
スリンに一人という状況。

ちょっと前、
「恋人にしてもいいかな」と真剣に考えたP嬢は、
肝臓だか腎臓だかを壊し、実家のスリサケートで
療養していたと言う。
しばらく連絡が取れなかった件を、例によって
「マイサバーイ」のひと言で片付けられ、彼女のおとぼけ
「マイペース」ぶりをあらためて認知。
月末にクルングテープに戻って来るらしく、その時に
会う話になってはいるけど、どーなるかは分からない。
たまにメールが送られてくるも、
「5000THB返済」の件にはまったく触れもせず。

もう長い付き合いのL嬢はクルン(グ)テープ在住。某
「108SHOP」(コンビニ)の店員であり、いわゆる
「セフレ」だったが、最近は会ってもしないからごく普通の友達。
お互いケータイを無くしたりして連絡が途切れても、街で偶然
「バッタリ」会ったリする腐れ縁である。

パタヤーのバービア勤務のC嬢を、一時は
「調教」しようと必死に頑張っていたが、結局
「毎晩の定期連絡メール」が面倒で続かず、失敗(?)。
互いに興味を失った感がありありと見える中、
かろうじて繋がっている。

何度か泊まったゲストハウスの受付嬢Gムは、まだ
十八才と若いながらもなかなかのしっかり者。
友達というよりは妹のような存在であり、
ごはんを食べに行ったり映画を観たり
ディスコに出掛けたり、そー言えば
「インターナショナルミュージックフェスティヴァル」の初日も
ずーっと一緒だった。
社交辞令のハグをしたのみで、それ以上の動きをしたら
「友達でしょ!」「バシッ」と叩かれるので、何もしていない。
「部屋を見たい」と言うので連れて来たが、もちろん
一切触れもせずだ(*タイガールの場合、その手の
「警戒心が薄い」ので気を付けた方が良い)。

「気まぐれ仔猫」のGンもまた、体調を崩して
実家のスリンに帰っている。
Gムと同じく十八才だが、彼女はまだガキであり、
話す口調もまるっきり若者のそれだし、電話を掛けてくる
タイミング、切り方なども本当に気まぐれで、
何を考えているのかサッパリ分からない。がしかし、
都合のいい時だけニャアニャアと寄ってくるその感じに
「ヤラレて」いるのは間違いない。昨日も
「写真をメールで送ってよ」と言われ、仕方なく
自らケータイで撮った写真を送った。
自分でもアホだと思う。
いつパタヤーに戻ってくるかは謎だ。


以上。

あとは皆サヨナラだ。

ヒジョーに
「スッキリ」しているではないか。

今後どーなるかは

予想もつきませぬ。


*「サーオサーオ(112112)」は「若い女子(全般)」の意。

*ちなみに、登場人物の名前に関しては、都合上
「偽頭文字」を使ったりそうでなかったりと
「ランダム」なので、たまに違っていても
どうかご了承下さい。

|

« テン(グ)ンガーン | トップページ | プレーンタイ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事