« チャウホン(グ)マイ | トップページ | テン(グ)ンガーン »

2012年5月12日 (土)

スゥーレーオ

「暑いなぁ〜もぉ〜」


早くもメゲそうだ......。

部屋には窓が三つあり、ベランダのある西南側、
南東側、北東側にそれぞれ向いていて、斜めに振ってはいるが
「三面採光」と呼ばれ、ニッポンでならば
「住宅環境」としては最高の条件にも関わらず、ここ
タイではそうでもないのは、いかんせん
「方向」の問題であり、これがもし
南、東、北の三方向ならば話は別だ。

「コンクリート」製の建物の場合、
「熱しにくく冷めにくい」という物質の特性上の問題で
「昼間の陽射しを大量に浴びて夜間も熱がこもる」という現象が起こり、
朝日よりも強い西日を受け続ける西側の壁が、特に、その
影響を受けやすいはずなのだ。
どれだけの差があるのかはよく分からぬが、
結構違うのではないかと想像されるし、事実、
クルン(グ)テープのアパートでは
「北東向き」のオレの部屋と
「南西向き」のAちゃんの部屋では、室内の
「体感温度」がかなり違うのを経験済み。だから、
今回の部屋探しの条件にも入れてはいたけど、
「窓が三つもあれば風が抜けて涼しいはず」と
タカを括っていた。

実際、しばらく前のクルン(グ)テープでの
異常なほどの暑さを、オレがそのまま
「パタヤーまで連れて来てしまったのではないか」と思えるほど暑く、
部屋の中に居ると昼間も夜も常に汗ばむほど。
まあ、今が一番暑い時期であり、常夏のタイで
そんなことに文句をつけてもしょーがないのだけどね。


それにしても買い物は楽しい。

一般女子並みに
「買い物大好き♪」なオレは、普段
「スーパーマーケット」に食料品を買いに行く
ルーティーンワークですら、相当のレヴェルで
「楽しめ」るのだから、今回のように
「新生活の為に身の回りのものを次々と購入する」なんて、まるで
夢の中にいるようなふわふわ気分なのである。

無尽蔵でなく限られた予算内に押さえるよう、
苦悩しながらモノを選んでいく作業がこれまた楽しいわけで、
「どこにこだわりどこで妥協するか」が、重要な
「キイワード」となる。

そんな中、特に
「高額商品」を買う際、オレの場合
「候補をふたつに絞ってどちらにするかをひたすら考える」
という手段をとることが多く、某
「IKEA」でのソファー購入時も、
レザーとファブリックでかなり深〜く悩んだばかり。

そして昨日、いよいよ今回のメインイヴェント
「TV購入」が実現したのだが、ふたつに絞った候補ではなく
「第三の商品」を買ってしまったのは、ひとえに
「店員に薦められ」たからであり、
「接客にヨワイ」という性格を露呈させた結果だ。とは言え、
その三つの商品に大差はないので、別に
問題はないのだけどね。

某「センタン」内にある家電量販店
「Power buy」は、まだ開店したばかりで人はまばら。
薄型TVエリアのメインに鎮座する某
「SAMSUNG」製品を横目に見つつ、狙っていた某
「SHARP」の商品を探すも、品揃えが少なく、それよりも某
「SONY」「Panasonic」の方がラインナップ豊富。いずれも、
つい先程ニュースでトップが頭を下げていたニッポン企業だが
(*業績不振のため)......。

二番目にデカイ某
「LG電子」コーナーを見ると、商品豊富で価格も安く
ヒジョーに魅力的。

「あれ?フィリップスはどこだ??」

オレの大好きな国オランダの家電メーカー某
「PHILIPS」は、マレーシア生産のモノがここタイでも流通しており、
「シンプル」なデザインと機能で価格も抑えられていて、
「白物家電」他あらゆる分野でよく目にするし売れてもいるようだが、
TVに関しては結構高額で、下見していた段階では、とても
「手が出ない」範疇だった。しかし、どのショップにも必ず
「専門コーナー」があって、おそらく
「高級品」としての位置づけで、各店
「販促」に力を入れているのは間違いない。ただ、
「Power buy」では、そのコーナーが消えている。

ところが。

一番奥にひっそりと並ぶ
「展示処分品」が、なんと全て
「PHILIPS」の商品であり、しかもオレの狙う
「42型」以上の大きさではないか!!
そしてどれもメチャメチャ薄い。つまり、今流行の
「LED」タイプなのだ。

おそらく、コーナー改修のため展示品を処分中なのだが、
「液晶」や「プラズマ」を売り尽くした後、
残ったのがたまたま高額商品の
「LED」だったということか。しかも、価格は
「ギリギリ」予算内である。

何とラッキーな。

興奮したオレは、置いてある五台をじっくりと見て、
17000バーツ代のふたつに候補を絞る。
ひとつは46inchだがけっこう傷傷。もう
ひとつは42inchで画面の枠がガンメタリックでカッチョイイが
粘着テープの跡でかなりベタベタしている。ただ、
根気よく掃除すれば取れそうな感じ。どちらも
一万バーツを軽く越える値引き額で、かなりお得。
早速店員を呼び止めて尋ねると、傷傷な方は
展示後約一年、もう一方は約半年とのこと。

じっくりと考えるため、一度その場を離れ
扇風機、湯沸かしポットコーナーに移動。

「う〜む。どっちがいいかな」

古い型でも46inchは魅力であり、ちょっとデカイ気もするが
「大は小を兼ねる」し、見た目の良さは後者だし。どちらにせよ、
「LED」が予算内で買えるとは思っていなかったし、実際某
「SAMSUNG」製品でも20000THB以上する商品だから、正直
どちらでも良かった。ところが、悩みに悩んだ末、
その場に戻って来たオレを捕まえた店員が薦めたのは
2000THB高い商品Cだった。

「フィリップス担当のオレが言うんだから間違いないっすよ、にーさん。
何しろこっちは出たばかりの新型っすからね!」

とは言え、すでに四ヶ月経つらしいその
「新型」を、結局オレは選ぶことに。

若いイケメンの店員Bイ君を
全面的に信用したのだ。
彼の薦めるままDVDプレイヤーとスピーカーも購入。
これにて一件落着である。

ニッポン製品を買って応援することは叶わなかったが、
これも時代の流れであり、仕方のない話。ま、一応
扇風機は某
「SHARP」製にしたけどね(890THB)。


部屋に戻りセッティングして実際に画面を見てみると、
「感無量」ではあるが、同時にすごく
「寂しい」気もしてくるのは、
「買い物」という、ひとつの大きな
目的を達成してしまったからなのだろうか。

これで、
「TVを買う」という行為を、少なくともここ
五年以上することはないわけで、今後は
家電ショップを見て歩いたとしても、
つまらないだけだ。

今までは、店でTVを見る度に
「今度買うならこれがいいかな」といった
「期待」で胸を膨らませていたし、実際
パタヤーに住むことを検討し始めてからは、それが
「現実」のこととしてさらに
「ワクワク」気分が盛り上がっていたのに。

買ってしまったらそれもおしまいだ。

あ〜あ。

そう思うと、
なんだかとても

切ないなあ。


*「スゥーレーオ(23233)」は「買った」の意。

午後四時半でこんな感じだ。
Img_3191_2

ベッド(というかマットレス)が届いてやっと部屋らしくなった。
Img_3192

黒の扇風機なんて某
「シャープ」もなかなかやるぢゃん。
Img_3189

ついに買ってしまった。
Img_3194

実に見事な
「薄さ」加減。
Img_3190

|

« チャウホン(グ)マイ | トップページ | テン(グ)ンガーン »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事