« ラーンヌアットゥ | トップページ | モットゥ »

2012年5月 9日 (水)

アーハーンイープン

「またニッポン食っすか!?」


奥様同伴のアンコールワット見学チームが、なんと
四十五℃の暑さでへばっているという中、
別部隊のゴルフチームは名門コース某
「アルパイン」でのプレイ後、
オイルマッサージでリラックス。

幸いなことにここ数日ヒジョーに涼しい
クルン(グ)テープの、エアコンの効いた店内で
「カンボジアでマッサージなんてできるのかな」などと、
皆で彼らの噂をしつつである。

今回は主にこちらの四名のアテンドを頼まれていたので、
タクシー一台に無理矢理五人乗り込んで移動したこともあり、
(ワガママなおじさま方)十数名の引率に比べればかなりラクだった。
深夜の便でニッポンに戻るという昨日も、
「せっかくだからイズミちゃんもおいでよ」と食事に誘っていただき、
「最後はどこに行くのかな」と期待していたら
「ニッポン料理」と聞いてちょっとズッコケる。

しかし、行き先はその名もズバリ某
「日本亭」といういかにもお高そうなお店であり、もちろん
初めてだったので興味津々。入り口には
秋篠宮殿下とご家族の写真が飾られており、
品格の高さを(無理矢理)感じさせられる。
Img_3174

Img_3173

Img_3172

途中、見るからにバブリイな女将さんが挨拶に来て
「島らっきょうはいかがですか」
「うちのマンゴーは絶品ですよ」といろいろススメてくれるが、
「おすすめメニュウ」には値段など一切載っていない、とても
恐ろしい店だ。
おそらく奥の座敷部屋では、日夜
政府高官や軍上層部の密談が行なわれているに違いない(?)。
Img_3167

Img_3169_2

Img_3168

マンゴーは確かにウマかった。
Img_3171

会計は一万数千バーツ。
ウチの家賃二ヶ月分だ。

ごちそうさまです。

そして、今回のギャラで、某
「IKEA」の素敵なソファーを買うことができた。

ありがとうございます。また、いつでも
お越し下さいませ。


というわけで、明日からいよいよ
パタヤーでの新生活が始まることとなる。

ちょっとだけ寂しいような気もするけど、まあ
「ワクワク」感の方が強いかな。
クルン(グ)テープと完全に
「サヨナラ」というわけではなくとも、
よほどの用事がなければしばらく
戻ってくることはあるまい。心配なのは
納豆と梅干しの仕入れくらいか。

問題がひとつあるとすれば、
「バイクをどうやって持って行くか」という件。

自ら運転して、高速に乗らずにパタヤーまで行くのは
かなり大変なことに違いないのだ。
タイ人男子のアルバイトを雇って、
パタヤーまで運転して来てもらうにしても
そんな知り合いはいない。

誰かに聞いてみようかな。

とにかく、思い残すことはもう
何もない。

いや。
そー言えば
「おいしい水餃子の店」を、パタヤーでは
まだ見つけていないぞ。

他のモノは大概何でもあるし、
安くてウマい飲茶の店や高級中華はあっても、
水餃子や麻婆豆腐が置いてあるような
「家庭的中華料理」の店がなかなかないのだ。

よし。
今日の晩ご飯は

水餃子に決まり。


*「アーハーンイープン(22112321)」は「ニッポン料理」の意。

|

« ラーンヌアットゥ | トップページ | モットゥ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事