« チャンスィー | トップページ | コンガウ »

2012年6月26日 (火)

グルムヂャイ

ヒジョーにいい天気なのである。

しまったな。こんなことなら
早起きしてビーチに行けば良かった。

六月も間もなく終わり、本来ならば
空は常にどんより曇り毎日雨が降る、という
雨季真っ最中のはずなのに、
空はすっかり晴れ爽やかな風が吹き、まるで
乾季、というか暑季に戻ったようだ。

まあ今日ほどキレイに晴れ渡ることは少ないにしても、
最近はこんな感じで、雨が降っても量時間共にわずか。
クルン(グ)テープはもうすっかり雨季だったし、
Sンちゃんから聞いたところラヨーン(グ)も連日大雨らしいから、
パタヤーだけたまたま異常なだけなのか。
ちょっと暑いけど、まったく問題ない。
ずっとこんな感じが続けばいいのにな。

などと言いつつ、間もなく
パタヤーを離れるのだった。

あ〜あ。やっぱり
行きたくないなあニッポンなんて。


ちょっとした悩みがある。

そんな時はブログに書いて
解決策を検討したりするうち、例えば
友達に相談するのと同じような効果で
「スッキリ」して気が楽になる。というのが
今までのパターンだった。

しかし、今回は果たしてうまくいくかどうか。というのも、
このブログそのものにまつわることだからだ。

実は、このまま続けるべきなのかどうか悩んでいる。

理由はいくつかあるが、もっとも大きいのは
アクセス数が増え過ぎた件。

もちろん、有名人のブログのように
一日何万という数字に比べれば微々たるものだけど、オレが
ここまで赤裸々にプライヴェートを曝け出すには、いかんせん
読者の数が多いように思えてならないのだ。

一日数人だった頃が懐かしい。
当時は何も気にすることなく、好きなことをただ
「ダラダラ」と書き連ね、欲求不満を解消していたものだ。

しかし最近では、読者のために
「簡潔に」「読みやすく」「分かりやすく」と、
「媚びる」ような内容になってはいまいか。

そもそも日記とは
「日々の生活を記録する」ものであって、
「面白おかしく暮らす日々を、後から振り返って笑い飛ばす」という
「主旨」は、ブログとして
「公開」するにあたって、あくまでも
こっちが勝手に決めたこと。

「くだらないけど笑えるな」と、異国の地で過ごす
「アメイジングな日常」を一部共有して、読む人に
「クスクス」と笑ってもらえればいい。
そう思ったのである。

メインの目的は、文章を書くことが好きなオレが
「精神の均衡を保つ」ためであり、実際
ツラいことも悲しいことも悩めることも、このブログを通して
「笑い」に変えることによって、
「気が狂う」わけでもなく、重度の
「鬱」に陥りもせずに生き続けることができたし、それは
「読む人」が居てくれたお陰であるとも言えるだろう。

その軸はまったくブレていない。

ただ、読者が増えたことによって
「期待されているのでは」という
「プレッシャー」が生まれたのも事実。

タイに移住して間もなく四年。このブログ自体には
六年もの歴史があり、打ち続けて来た文字も実際
相当な数だ。

「継続は力なり」。

確かにそうだけど、タイトルのように
「アメイジング」な出来事もさほどなく、
「リタイア生活」まっしぐらな今、果たして
このままでいいのか。


ではいつものように、
「解決法」を模索してみよう。

1「タイトルを変えてそれに相応しい内容を書く」
例えば(間違ってもそんなダサいのは付けないが)
「パタヤーゆったりライフ」みたいな感じにして、更新も減らし
ゆる〜く続ける。すると読者数は減り元の状態に戻るから、
そうなればまた赤裸々な話が書けるのでは。

2「いっそこのままアクセス数を十倍以上に増やし、
アフィリエイトなどで稼ぐ」
例えばパタヤーのディスコ情報など、主に
サブカルチャー(エロはイヤなのだ)の情報面を充実させて
ホームページを作成。
......みたいな元気が今のオレにはない。

3「ナイショで新しいブログを始める」
ここに書いている時点でナイショではないが、今度は当然
ペンネームで顔も晒さずに。
今の読者に追いかけられ(バレ)ないように、タイトルも内容も
タイやパタヤーに限定しない。それならば
リーガルもイリーガルも気にせず、もっと
「スゴイ」ものが書けるのではないか。


そもそも、いったい何故こんなに
読者が増えてしまったのか。

まあ最近は慣れてきたせいもあって、
自分で読み返しても分かるけど、
随分読みやすくなったし、内容も
シンプルで分かりやすい。だけど、
「有益な情報」が載っているわけでもなく、ただ単に
日々の暮らしを綴っているだけなのに。

オレなんかにいったい何を期待しているのか
不思議でしょーがない。

試しにタイに関する他のブログを読んでみたら、内容は
××面白くもないけど、やはり
「ためになる話」が載っていたりはする。

ちなみに、オレは他人の話に一切興味などないから、
ブログもツイッターもフェイスブックもまったく見ない。
「現役(フツーに仕事をしている)」ならばもちろん
「時代の流れ」についていかねばなるまいが、何しろ
「リタイア」の身なのでそんな必要もないし、仲間もいらないのだ。

正直な話、いろんな人達が写真を載せつつ
「どこどこで今なになに」みたいにいちいち報告している姿に
「現代のコミュニケーションスタイルの薄気味悪さ」
みたいなものを感じる。

もしオレがマトモだったら、
同じようなことをやっていたのだろうか。と思うと
大層気持ちが悪い。

古い人間で頭も固いし、まったく
時代についていけていないことが
コワイのかもしれない。

いずれにせよ、
人との接触をどんどん
避ける方に向かっていることは間違いあるまい。


いつかは
仙人のように

なりたいのだ。


*「グルムヂャイ(23222)」は「悩む」の意。

|

« チャンスィー | トップページ | コンガウ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事