« キンアライディー? | トップページ | ペンアライ? »

2012年6月 2日 (土)

マイボーク

「スワイマイ?」
「マイボーク!」


やって来た友達のことを
「キレイか」と聞かれても、実際問題
三十点くらいのおデブちゃんであり、
それをそのまま伝えるわけにもいかず、
「言わない」と答えるしかなかった。

そもそも、尋ねた本人が
同レヴェルのルックスで、しかも
二十九才という妙齢。
すでにタクシーに乗っていたもう一人も同様という
「強烈な面子」を従えてディスコになど行きたくはなかったが、
「どーしても」と頼まれ仕方なく付き合うオレもまあかなりの
お人好しであると言えよう。

向かう先は某
「ショック」。某
「スパイシー」の系列店で、先日オレが
ケータイを失くした(盗られた?)、
ガラの悪い連中が集うハコである。


二年以上前にディスコで拾った当時二十七才のLウ嬢と、何故
未だに関係が続いているかと言えば、それはひとえに彼女の
「ガッツ」が故であり、挫けずに何度も何度も掛けてくる
電話攻勢には根負けしてしまう。

ディスコで知り合ったわりにはごくフツーの真面目なコで、
ニッポン料理店を辞めてからはずっと某
コンビニエンスストアで地道に働き、
時給四十バーツから始まって、二年経った今では
「地域統括マネージャー」にまで昇進。月給はなんと
二万バーツで、すでに貯金も
数十万バーツあると言う。

普段は仕事に謀殺されて遊びにも行けないらしく、一昨日も
「従業員が使えないヤツばかりでアタマニクル」と、かなり
ストレスが溜まった様子で、たまにそうやって
ディスコで酒を飲んで発散しないとやっていられないのだろう。
ただ、付き合ってくれるのは同僚ではなく、やはり
ディスコで知り合った怪しい仲間ばかりで、
不安だからオレを誘うに違いない。そして、
クルン(グ)テープに帰って来たのが、たまたま彼女の
休みの前の日。
本当はイヤだったが、仕方なく観念した。

入り口でセキュリティーのおっさんに
シャツの胸ポケットを手で探られ、
「変なボディーチェックだな」と思ったらそうではなく、
「チップを寄越さないのか?」と言われて驚く。

ディスコに遊びに来たばかりの今、このシチュエーションで何故
貴様にチップを払わねばならないのだ。

さっぱり理解不能である。

そんなワケの分からない店でも、
木曜日深夜一時の店内はそこそこの客入りで、
いかにもな不良外国人連中と彼らを物色する
「妖怪系」タイガールがうようよしている。
色の黒い人達が目立つので、どーも
イメージがよくないなあ。

場所はペッブリイのソイ39であり、隣接する某
「ラーンドン」のことが気になってしょーがないが、
二時になるまでは我慢する。
ワリカンということでスコッチウィスキイ某
「バランタイン」を2000THBで購入。
ミキサーは50THBと高くない。

「妖怪見本市」の中で連れも妖怪とあっては、結局
何もできず手持ち無沙汰のまま、ひたすら
ウィスキイを飲む。
ようやく二時近くになり、
「ちょっと出掛けてくる」と、某
「ラーンドン」へ。

近頃はずーっとケーサツのチェックが厳しくていつも
早じまいだったが、案の定ドアには南京錠がかかり
「ピッタリ」と閉ざされたまま。
もうすでに終了した後なのか、ひょっとしたら
「営業停止」でも喰らっているのかもしれない。
とてもとてもとてもとても残念だ。

戻っても雰囲気は相変わらずで
楽しくも何ともない。

しばらくすると、突然
一緒のテーブルに居た例のおデブちゃんに、
髪の毛を編み編みにしたいかにも悪そうなおねーちゃんが、
いきなり殴り掛かってきて、デブと言うか
ガタイのデカイ彼女もきっちり応戦。
オレは止めるでもなく、両方の手のひらを前に広げ
「降参」のポーズをして
「関係ないよ」と知らぬフリ。

だって本当に関係ないんだもん。

すぐにセキュリティーがやって来たが、
女子のわりにデカイふたりのつかみ合いはなかなか収まらず、
なにやら叫びながらマヂ喧嘩であり、おそらく
相当な遺恨があったに違いない。

ようやく引き離され外に連れ出されるおデブちゃんを見送りつつ
「おいおい。何だよアイツ」と聞くも
「私だってよく知らないもん」と言うLウ嬢。まあ実際
素性など分からないのだろう。それにしても
付き合う相手を選んだ方がいい。

しかし、酔っぱらった彼女はしばらくして又
廻りの妖怪共に捕まって何やら楽しげに話している。

ま、お好きなように。


そんなLウ嬢の唯一良い点は
「潔癖性」な部分であり、部屋に来ればどこかを
キレイにしてくれる。
今回はオレの留守の間に、トイレが
「ピカピカ」に磨かれており、乞われるまま思わず
合鍵を渡してしまった。
パタヤーに居る間、使ってもいいから
「掃除ヨロシク!」ということだ。

今日から社員旅行らしいのだが、行き先はなんと
香港!?マヂかよ。
確かに母体はデカイ会社だし、もちろん
「幹部クラス」のみだとしても、
社員旅行が海外とはスゴイな。

ま、せいぜい

楽しんでくるがよい。


*「マイボーク(32111)」は「言わない」の意。

|

« キンアライディー? | トップページ | ペンアライ? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事