« コンプラテートゥナイ? | トップページ | カーサンサン »

2012年6月12日 (火)

フアヂャイ

「放置プレイにもほどがあるやろ」


届いたメールを読んで、
思わずつぶやく。

まあ、どちらかと言えば自分が
「M」傾向にあることは認めるし、
生意気だったり態度がデカかったりと、
扱いにくいタイプのタイガール達の
冷たい態度や命令口調などに萌え、彼女らの
「言いなり」になってきたのも事実。

しかし、今回は違う。

「のほほん」としたごく普通のコであり、
態度も会話の受け応えも、決してオレが
「萌える」ような類いではない。それなのに
「放っておき加減」がハンパなくヒドいのだ。

お相手は、随分前にこのブログ上で臆面もなく
「カノジョができた」宣言をしたP嬢その人であり、
記憶が定かならば、あの日の夜、
夜景のキレイなバ−にて、
夜景などに一切興味も示さない彼女に告白し、
オッケーの返事をもらったはず。

それなのに。あー
それなのに、それなのに。

「あれからどうなったか」と進展を報告しようにも、
「ヤクニキ」を食べに行った日以来
会ってすらいないのである。確かに
彼女は実家に帰り、オレはパタヤーという
「遠距離」状態は続いているが、その間数回
メールのやり取りをしたきり、P嬢は
電話にも出ず、折り返し掛けてもこない。

「月末にクルン(グ)テープに戻るからその時会いましょう」

その言葉をすっかり信用し、先月末に
何度も連絡するが無視され、以前にも
似たようなことがあったので、
「またか」と放っておいた。

月末一緒に居たYキさんは、
彼女と会ったこともあり経緯も知っていて
「さすがにヒド過ぎますよね」などとオレを慰めつつも、
「他のニッポン人にも寸借詐欺を働いていたらスゴイな」と
なかなか鋭いことを言う。つまり、
オレがされたように、複数の相手から
「五千バーツ前後の借金をして踏み倒す」という話だ。
実際、彼女はそれがおそらく可能な職場に居たし、あの
「のほほん」とした感じも
「演技」だとすれば、確かに
「なるほど」と頷ける。

もし本当にそうだとすれば
「ネタ」としてはかなりオモロイぞ。
「睡眠薬で昏倒」したりするよりはよほどマシだし、
被害額もさほどではないが、犯罪の被害者となるわけで。
クルン(グ)テープで借りているアパートの部屋は分かっているから、
首根っこを押さえて、ケーサツ署で
「コイツが犯人です」と指をさしてやるのだ。

ま、あれが演技だとしたら大した玉だが、
詐欺師とは得てしてそうしたものだからなあ......。


というわけで、
「二度と連絡などないだろうな」と思って忘れていたのに、
十日以上経って、今日の夕方届いたメールの内容は
「電話に出られなくてゴメンナサイ。
ずっと実家に居ました。また電話します」と、
タイ文字なので完全には分からないけど、まあ大体
そんな感じ。

実際、彼女のことがさほど好きだったわけでもないし、
五千バーツにしたって、貸した時点で
返ってくるなんて思っちゃいないし、今更もう
どーでも良い。

ただ、正直今回の件は、
過去にタイガールから受けてきたどんな仕打ちよりも
傷ついたかもしれない。

「無視」されるというのは、人間の
「尊厳」に関わる問題なのだ。

「天然」気味のP嬢のことだから、
オレがどんな気持ちだったかなど
知る由もないだろう。

仮にプレイだったとして、そんな
「キャラ」の君にされたところで、
「萌える」はずなどあるまいし。


こんなしょっぱい話でも
「キッチリ」とプログに書かねばならないのは、
趣旨として仕方のないこと。

いくら得意の
「自虐ネタ」だとは言え、今回の件だけは
さすがに皆さんも素直には笑えないのでは。

それほどに悲しいこのお話の

結末は如何に。


*「フアヂャイ(1122)」は「心」の意。

|

« コンプラテートゥナイ? | トップページ | カーサンサン »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事