« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月24日 (金)

ハーイレーオ

http://www.newsclip.be/news/2012824_035515.html


そもそも、たかだか一万五千バーツで
「一生涯有効」などという会員システムに
深い疑問も抱かなかったオレがユルいのだ。

メンバーの紹介のみによる、期間限定の
「特別プロモーション」という話だったが、その後
タイで長く暮らすうち
「プロモーション価格」がいつまで経ってもそのままで
「実質的値下げ」となっている例をいくつも見て来て、
今ならば確実に、その
「怪しさ」を見抜けぬはずはない。がしかし、
在タイ一年未満だった当時、まだ、この国の
「何もかもが夢のよう」に霞がかって見えたオレの目は、
「五万円弱で(*ロッカー使用量は別)こんなキレイな
スポーツクラブが一生使えるなんて......」と、おそらく
「キラキラ」輝いていたに違いない。
「ジム」で体を鍛えることに、ほぼ
興味などないクセに。

実際、必死で自転車を漕いだのはほんの数ヶ月で、すぐに
「サウナ会員」に早変わり。従業員を捕まえては
「温度が低いからもっと上げてくれ」と懇願し続け、
「スポーツクラブのサウナなど所詮こんなもの」と、
「キッチリ」見切りをつけるまでに、さほど
時間を要したわけでもない。

それでも、最近入会したばかりで
通っていた店舗をいきなり閉鎖された
メンバー達に比べれば、心情的には幾分
マシなのだろうけど。

しかし今になって冷静に考えれば、
「生涯有効会員○万バーツ」などという話が、仮に
「ただ単に売上げ総額を増やしたいだけ」の
「苦肉の策」なのだとすれば、このオレの
「生涯」(まあ大した年数ではない)どころか、
「数年」で破綻する可能性を、ごく簡単に
「予測」できただろうに、と。ただ、当時
都内各所に相当数の店舗を構えていた
「最大手」が、まさか
「潰れはしまい」とタカを括っていた。

借入金の総額がある程度にまで膨らむと、
金融機関側としてはそれに対して一定の
「グロス売上げ」を求める、という傾向にあるようだ。
そうなると成績の悪い店舗なり事業を切ったとしても、
全体の売上げを落とさない為に、例え苦しくても新たな
店舗なり事業を立ち上げねばならないという
「構図」が出来上がる。いわゆる
「自転車操業」の始まりだ。

オレがメンバーになる数年前から店舗数を
どんどん増やしていたという某
「カリフォルニアWOW」が実際に
当て嵌るのかどうかは知らぬが、少なくとも
疑ってかかるべきだったかもしれない。

喜んで、のんびり
「自転車を漕いで」いる場合では
なかったのである。


数ヶ月間通っていたエカマイ店の前をバイクで通ったら、
一階部分がいつの間にか、某
「THE COFFEE CLUB」というカフェになっていた。

「あの〜、ロッカーに置きっ放しにしていたオレの
トレーニングシューズ知りませんか?」とは、
さすがに

聞けなかった。


*「ハーイレーオ(112233)」は「失なった」の意。

|

2012年8月20日 (月)

マイワイ

とんでもないことになったぞ。


実はちょっと
「イヤな予感」がしていたのだ。

それは最近某
「グラミー」なる会社が、TVのCMでやたらと
「サッカースペインリーグ(リーガエスパニューラ)」
が見られるというふれこみの、おそらくは
「衛星放送用チューナー」の宣伝を始めたからであり、
数ヶ月前に、やはりサッカーの大会
「ユーロ2012」が行なわれた当時、
「放送権」を獲得したらしい某
「グラミー」が、タイの大手衛星放送会社
「TRUE VISION」には試合の放送をさせず、国営(?)の
「チャンネル3」「5」「7」等で流した為、某
「TRUE」の契約者が文句を言って、一時期
結構な騒ぎになっていた件があったからだ。

「FCバルセロナ」のファンであるオレは、昨日からの
「リーグ戦開幕」を心待ちにしており、今日深夜二時からの
「バルセロナ×ソシエダ」戦をどこで見ようか思案していた。

タイに移住すると同時に借りた
クルン(グ)テープのアパートのTVは、当初
12チャンネルしか映らなかったが、
「TRUE1」が無料で見られたので、その
「サッカー中継」をかなり網羅している放送のお陰で、
「バルセロナ」戦を、ほぼ毎週
「生」でチェックすることができた。基本
「イングランドプレミアリーグ」が中心のタイだが、
英国とスペインとの数時間の時差のため、
「リーガエスパニューラ」のバルセロナ戦は、優先的に
「生放送」していたのである。そして、数年前、
アパートがケーブル放送を契約してからも、某
「TRUE1」が映るように残してあったので、今でも
ちゃんと見ることができる。

そして、クルン(グ)テープとは若干内容の異なる
ケーブル放送のパタヤーでは、もちろん
「TRUE1」など映るはずもなく、もし部屋で
「リーガ」が見られるとすれば、
「EURO SPORTS」もしくはマレーシアのTV
「ASTRO SPORTS」のどちらかであり、
「GMM SPORTS」という某
「グラミー」社の無料チャンネルでは、
「チューナー」を販売する都合上、
「それはムリ」と予想できた。

「F1」をチェックする為にいつも行く某
「スポーツバー」は、二十四時間営業なのに
「リーガは放送しない」と言うし、他のバービアが
深夜二時から四時まで、サッカーの試合のためだけに
営業するとは考えにくい。何故ならどの店もだいたい
深夜三時には店じまいするからだ。

それでも、いずれは
深夜四時までもしくは朝まで営業している
バービアを見つけないことにはマズい。だって
「サマータイム」期間中は、最悪
深夜四時スタートの試合もあるからだ。
しかしとりあえず今日の開幕戦だけは、用事のため
どうせ金曜日までには戻らねばならないから、
「TRUE1」が映るクルン(グ)テープの部屋で見よう。
そう思って、日曜日深夜十二時には
こっちの部屋に帰って来たのだった。

早速TVを点けると、
「TRUE1」でやっているはずの番組は
「レアルマドリード×ヴァレンシア」戦ではなく、
数分遅れで、なんと
「ポルトガルリーグ」の試合が始まる。

「これはマズい」と他をチェックすると、
「チャンネル7」でやっているではないか。てことは
「EURO2012」の時と同じ状況、つまり今年から
「リーガエスパニョーラ」の放映権を獲得したと見られる某
「グラミー」が、おそらく
「TRUE VISION」にストップをかけたのだ。そして、
「チューナー」の売れ行きの様子を見つつ、
週に一試合もしくは二試合ほど、無料で
「チャンネル7」等で放送するに違いない。

だとしても、まさか
同じチャンネルで二試合連続はないだろう。
てことは、午前二時から始まる
「バルセロナ」戦は、違うチャンネルで放送するか
「放送しない」かのどちらかだ。

結論から言えば、放送はなかった。

すべてのチャンネルを、
「目を皿」のようにしてチェックしてみたところで、
どこでもやっていなかったのである。

慌てたオレはすぐに服を着替え、モニター完備の
「朝までやっている」レストランを数軒廻る。がしかし、
当然ながらまだ対応しきれていなくて、どこも
「TRUE」しか映らない為、ほとんどがイタリアの
「セリエA」の試合を放送している。

ラチャダーのレストランまで行って確認した時点で、
「ああこれはダメだ」と生で見るのは諦めた。そして、
再放送の可能性は極めて低い。


説明が長くなってしまったが、よーするに
この国もなんだかニッポンのようになってきたように思える、
ということが言いたいのだ。つまり、ある種の
「自由」が奪われ始めた、と。

一見、ちょっとした件のようだけど、実はかなり
「ショック」を受けた。

念のため、帰りに寄ってみたら、某
「ラーンドン」は完全に閉まっている。

今日、久しぶりに走ってあらためて痛感した
「スクムヴィット通り」の車線の狭さも急に気になり出す。
「こんな狭い道によく三車線も作ったな」と。
乗用車が三台並んでもギリギリなのに、
バスやトラックなど大型車も頻繁に通るし、しかもその横を
「ビュンビュン」とバイクが走り抜けるのである。

考えてみれば、こんな窮屈な道をよく今まで
何事もなく運転して来られたものだ。
スクムヴィットだけではなく、ラマ4やペッブリーだって
トン(グ)ローだってエカマイだって似たような広さだし、
中央分離帯がない道は平気で反対車線まではみ出す輩ばかり。

「TRUE」の件もあってこっちの部屋を残しておいたけど、
この街にはもう完全に用事がなくなった。それどころか、
タイという国自体にちょっと嫌気がさしてしまう。

「永住」を心に決めていたのに、ここまで
「イヤ」になったのは初めてかもしれない。

しかし、
「自由」が魅力だったこの国に、
「窮屈」さを感じ始めてはどーもこーもない。

マズい。これはヒジョーに
マズいことになったぞ。

パタヤーで、某
「グラミー」のチューナーを購入し、
「衛星放送」の契約をすればいい、といった
「単純」な問題ではないような気がする。

「恋愛」だってなんだって、
「亀裂」なんてほんのちょっとしたことが
「原因」だったりするものなのだ。


とりあえず、
これだけは言っておこう。


「グラミーのバカ!」


*「マイワイ(3212)」は「できない」の意。

|

2012年8月18日 (土)

ファイマイティーディスコテック

http://www.newsclip.be/news/2012817_035445.html


前回プーケットに行ったのは十二月の頭であり、
約一週間の滞在のうち、もちろん某
「TIGER DISCO」にも、ほぼ
毎日のように足を運んでいた。

今回は死傷者が少なかったが、エカマイの某
「サンティカ」の火災といい、ハヂャイのホテルでの
「爆弾テロ」といい、もし自分が
「現場に居たらどーなっていただろう」と想像して
「ゾッ」とするようなニュースを目にする度、
「巻き込まれる可能性」や
「対処法」について考えさせられることとなる。

しかし、だからといって実際問題、仮に多少
「心の準備」をしていたとしても、
「パニック」になってしまえばどーしようもないのだ。

ニッポンに住んでいた頃、そんな風に
「ついこの間現場に居たやんけ!」とビックリするような
「災害」や「事件」のニュースを見た記憶なんて一切ない。某
「ジュリアナ東京」のダンスフロアに
巨大シャンデリアが落下した時だって
まったくの他人事だった。なのに、
タイに住んでたったの四年でこれだけ何度も
「ゾッ」とさせられるのだから、やはりこの国の
「アメイジング」的要素がもたらすモノは大きい。だって、
「年越しのカウントダウンにディスコ店内で花火に点火」
とか、常識では考えられないよね。

「人生何事も経験」と、常日頃から意識しているオレとしては
「ディスコ火災の現場に遭遇」という件だって、

「まあ一度くらいは......」と思わぬでもないが。


*「ファイマイティーディスコテック(223232222111)」は
「ディスコ火災」の意。

|

2012年8月15日 (水)

タムルアットゥ

http://www.newsclip.be/news/2012813_035410.html


タイで生活をしていく上で、確実に
「お世話になる」必要があるのが
「ケーサツ」だ。

「危険から守ってもらう」という意味もあるけど、
そーではない案件で関わることの方がはるかに多く、それだけ
「身近な存在」と言えなくもないわけで。

実際、車やバイクを運転していれば
道で止められることはしょっちゅうであり、
「車線からハミ出した」とか
「保険に関する書類が全面ガラスに貼っていない」等、
かなり細かい違反についてチェックを受け
「違反切符」を切られたりする。

免許証を取り上げられ、管轄署までわざわざ
支払いに行かねばならぬのが面倒で、例えば
300THBの罰(反則)金に対して、
「これで勘弁してください」と、ポケットから
100THB紙幣を取り出して渡そうとする。当然
なるべく目立たないように。すると大袈裟に
「なんと無礼な!君は私をナメているのかね」
的な態度で受け取りを拒否される。そこで
「どーしても時間がないので、これで何とか」と、
100THB紙幣をもう一枚追加する。すると、
「そうか。そーいうことならまあ仕方がない」と、
二枚のお札と免許を交換してくれるのである。

その間に多少の世間話的やり取りはあるが、基本
いたって友好的な態度で、仮にバイクの場合
「車線義務違反」「ノーヘル」程度の違反なら
それで終了。ケーサツ官は次の違反者を止める。つまり、
「なんと無礼な!」は、いわゆる
「賄賂の受け取りを示唆した」件ではなく、その
「金額の低さ」のついてであり、しかもたかだが
100THB程度の違いなのだから笑ってしまう。

過去に、少なくとも十回以上試したが、
100THBで許してもらったことは一度もない。だから
200THBがニッポン人の相場と判断し、諦めて
最初から素直に渡すようにしている。というか、
そのようにして、昼間、彼らが
「小遣い稼ぎ」の為に網を張る時間帯、場所が
大きく変わることもないので、よほど
知らない地域を走らなければ、最近は
滅多に捕まることもない。何故ならば、
そこの手前の部分だけ第一車線(一番左側)を
おとな〜しく走っていれば済むからだ。

ともかく、オレの場合
「ゴーゴー嬢にドリンクを奢」る額よりも
「ケーサツ官に賄賂を払」った金額の方が
総額で明らかに上回っており、何なら彼らに
路上で裸で踊ってもらいたいくらいだ。

バッグを肩に斜めがけして歩いていた当時は、
「職質」をかなり頻繁に受けていたし、特に
深夜のスクムヴィット界隈などは、二人組の
パトロール警官がバイクでウロウロしていて、
コンビニの中まで追いかけてこられたこともある。
オレなんてちっとも怪しくないと思うのだけど、
彼らの態度はまったく友好的ではなく
「持ち物検査」のやり方も徹底していて、
一人が質問して一人がひたすら
体やバッグの中身を調べていき、自分でも
存在を知らなかったポケットまでさぐったりする。

「イリーガル」なモノを発見して、おそらくは
罰金なり保釈金なりをせしめるのが目的であり、某
「ED治療薬」が見付かってしまい、一度だけ
「これは違法だから署まで来なさい」と
連行されそうになったことがある。
「処方箋で医者から出ている」といくら言っても
まったく聞き入れられずやや焦ったが、ただ、
現場は通い慣れたディスコだったので、
スタッフのフォローなどを受けつつ、いつまでも
しつこく拒否し続けたら、なんとか
「おとがめなし」で済んだけど。

「酒類販売禁止日」にバーでアルバイト中、
見廻りのケーサツ官が店に入って来てかなり
「ビビった」こともあって、
「入国管理局に引き渡されたらどーしよう」と
「ビクビク」ものだったが、まあこれも
タイ人スタッフの対応でことなきを得た。


この様に
「イヤな思い出」ばかりが目立つ中、もちろん
ケーサツ官の中にはいい人もたくさんいるし、
職務に対して忠実なことだって認めよう。

ただし、実際問題
「輩」が多いのも事実だし、少なくともオレの印象では
「権限を最大限に有効利用しよう」という彼らの
「意識」が伺えてならない。
プライヴェートでディスコに遊びに来て、
腰のベルトに掛けてある銃を、あからさまに
見えるようにしていたりするのは、
そばに居て気分の良いものではないのだ。

「大量の薬物を押収した」
というニュースが後を絶たない。

「覚せい剤の錠剤が何十万錠」とかいって、
テーブルに並べられているニュースをよく見るし、
「おとり捜査」が許されるタイでは、結構
捕まるケースが多いのだろうが、気になるのは
「大量の薬物の行き先」なのである。

「悪〜い」彼らのこと、どーしたってそれらを
「有効利用」しようと考えないはずがないのだ。

結局のところ
「流れ流れて」「廻り廻って」
というようになっていったとしても、
ちっとも不思議はない。


これからもこの国でずっと暮らしていく以上、彼らとは
「うまく付き合っていく」より他方法はないわけだが、
「取り込まれて」しまわぬよう充分に
注意が必要である件についても、

肝に銘じておかねばなるまい。


*「タムルアットゥ(22211)」は「ケーサツ」の意。

|

2012年8月 7日 (火)

プゥーン2

http://www.bangkokshuho.com/article_detail.php?id=350
http://www.bangkokshuho.com/article_detail.php?id=322


タイ語を学ぶ為計三校に通ったが、最初の所に
元ケーサツ官のHムという先生が居た。

タイ男子には珍しくスラッと背が高く細身、
口元に傷跡はあったが、顔の造りもまあ平均的な
三十代半ばの明るくて調子の良い感じの男であり、
プライヴェートにも生徒を誘ったりするタイプだ。

オレも一度だけ、彼の同僚ともう一人の生徒と共に
男子四人で屋台メシを喰った後、エカマイの某
「コヨーテクラブ」に連れて行かれたことがあるが、
それはまあさておき、ある時、彼は自分の
ケータイに保存されていた一枚の
写真を見せてくれた。

授業中であり、公衆の面前で
ことさら大袈裟な様子もなかったが、そこには
オートマティックタイプのメタリックな拳銃と、
横に並べてある弾丸が映っていて、少し驚いた。

「もちろん許可証を持っているからね」

Hムはこともなげに言ったけど、
オレはここが、許可さえ取れば
「拳銃の所持が認められる国」である
という事実を、初めて知ったのだった。

それが銃との
「第一種接近遭遇」である。


タイのことだから、どーせ
「許可証」などある程度の金で手に入るだろうし、
金商品を扱う店などには、強盗撃退時に備えて
「銃が置いてあるものだ」というような話も聞く。つまりは
「わりと身近な所に存在する」わけであり、この国の
「治安」について、かなり不安を覚えたものである。

その後間もなく、ニュースなどで
「拳銃関連」の事件が頻発するのを目の当たりにし、
「な〜んだ。タイもフィリピンやインドネシアと
大差ないのか」と、銃についての認識をあらため、
今ではすっかり慣れっコになってしまっているが、
よく考えてみれば物騒な話ではないか。

ただ、どこで何をしていたって
「危険」はつきものなのだから、
あまり心配してもしょーがない。しばらくは
そう思って暮らしていたけれど、
某ディスコのエントランス付近にて、
「第二種接近遭遇」をした時には、ちょっと
「ゾッ」とした。

まだ十代半ばのその少年が持っていたのは
オモチャの様な造りの小さなモノだったが、
銃把の下から取り出したカートリッジには
鉛色に鈍く光る弾丸がキッチリと詰まっており、たしかに
「引き金を引きさえすればちゃんと飛び出しそうな」
雰囲気を、充分孕んでいたのだった。

その少し前、当時通っていた某ディスコの前の路上で
「銃絡みの事件があった」とスタッフから聞いていたので、
「まあ、こんなもの持っていれば撃ちたくもなるわな」と、
妙に納得してしまったのを覚えている。

自慢気に見せびらかした後、それを大事そうに
パンツのウェスト部分にしまう少年とは、一応
会えば挨拶を交わす顔見知りだったから、彼が
「暴発させてチ○コを吹き飛ばさぬように」と、
密かに祈ったものだ。

しかし、その少年だっていつ
「敵」に変わるか分からない。

だから、それをきっかけに
「この辺りをフラフラしている限り、いつか
揉め事に巻き込まれて撃たれる可能性もある」し、
揉め事に巻き込まれる可能性が決して低くないのを
「重々承知」していたオレは、ある意味
「遊ぶのも命がけだな」と、開き直れた。

今思えばちょっとコワイけど、よほどその
界隈が楽しかったのだろうな。

愛すべき店は長期間に渡り営業を停止しており、
ひょっとするともう二度と
開くことはないかもしれないので、なんとも
寂しい限りである。


ま、いずれにせよ、当然
「銃の危険」が去ったわけではなく、
日頃の生活に注意が必要なのは間違いない。

「第三種接近遭遇」が
起こらぬよう

祈るばかりだ。


*「プゥーン(222)」は「銃」の意。

|

2012年8月 2日 (木)

ハームカーイラオ

http://www.newsclip.be/news/2012801_035299.html


タイではこういった仏教関連の祝日などに
「酒類販売を規制」することがたまにあるが、
外国人観光客からしてみればヒジョーに
「迷惑な話」であり、少なくとも
クルン(グ)テープやパタヤーなどの一定の地域は
規制の対象から外すべきだと、いつも思う。

宗教の選択は自由であり押し付けるべきものではないし、
「観光立国」としてはなおさら柔軟に対応すべきだろう。

あと、王族の葬儀等の
「喪に服す」という意味はまだ分かるが、
国王の誕生日のように
「祝うべき」日に酒類を規制するのも理解不能だし、さらに
「選挙の前日は(飲み過ぎて寝坊して
投票できないと困るから)お酒飲んぢゃダメです!」
とか言われてしまうと、もうどー考えても
「ギャグ」にしか聞こえない。

また、店の対応がどうにも曖昧であり、
前もってハッキリ告知することもなく、
「開け」たり「閉め」たり、紙のコップで酒を
「出し」たり「出さ」なかったりという
ゴーゴーバーやバービアがあまりにも多いので、まったく
困ったものである。

ディスコなどはわりと
「キッチリ」閉まったりするが、特に選挙の前日など
土曜日だというのに営業できなくては、かなりの
大損害なのではなかろうか。

もし仮に、オレが自分で
バーなどの酒を出す店をやっていたらどーするだろう。
ヒジョーに悩ましいところではあるが、おそらく
あらかじめちゃんと告知して閉めるだろうな。何しろ
気が弱いから。


では、罰則などは
どーなっているか。

もちろん、法律違反だから
罪になるのは明らかだけど、
結局のところはケーサツの
「さじ加減」という、何とも
タイらしい話だ。

いずれにせよ、この二日間
タイ全土の夜の街はきっと
静かなことだろう。

それはそれでいいような気が、個人的には
しないでもないのだけど、やはり
産業のことを考えると、

ちょっとねえ。


*「ハームカーイラオ(33211232)」は
「酒類販売禁止」の意。

|

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »