« マオマーク | トップページ | プゥーン2 »

2012年8月 2日 (木)

ハームカーイラオ

http://www.newsclip.be/news/2012801_035299.html


タイではこういった仏教関連の祝日などに
「酒類販売を規制」することがたまにあるが、
外国人観光客からしてみればヒジョーに
「迷惑な話」であり、少なくとも
クルン(グ)テープやパタヤーなどの一定の地域は
規制の対象から外すべきだと、いつも思う。

宗教の選択は自由であり押し付けるべきものではないし、
「観光立国」としてはなおさら柔軟に対応すべきだろう。

あと、王族の葬儀等の
「喪に服す」という意味はまだ分かるが、
国王の誕生日のように
「祝うべき」日に酒類を規制するのも理解不能だし、さらに
「選挙の前日は(飲み過ぎて寝坊して
投票できないと困るから)お酒飲んぢゃダメです!」
とか言われてしまうと、もうどー考えても
「ギャグ」にしか聞こえない。

また、店の対応がどうにも曖昧であり、
前もってハッキリ告知することもなく、
「開け」たり「閉め」たり、紙のコップで酒を
「出し」たり「出さ」なかったりという
ゴーゴーバーやバービアがあまりにも多いので、まったく
困ったものである。

ディスコなどはわりと
「キッチリ」閉まったりするが、特に選挙の前日など
土曜日だというのに営業できなくては、かなりの
大損害なのではなかろうか。

もし仮に、オレが自分で
バーなどの酒を出す店をやっていたらどーするだろう。
ヒジョーに悩ましいところではあるが、おそらく
あらかじめちゃんと告知して閉めるだろうな。何しろ
気が弱いから。


では、罰則などは
どーなっているか。

もちろん、法律違反だから
罪になるのは明らかだけど、
結局のところはケーサツの
「さじ加減」という、何とも
タイらしい話だ。

いずれにせよ、この二日間
タイ全土の夜の街はきっと
静かなことだろう。

それはそれでいいような気が、個人的には
しないでもないのだけど、やはり
産業のことを考えると、

ちょっとねえ。


*「ハームカーイラオ(33211232)」は
「酒類販売禁止」の意。

|

« マオマーク | トップページ | プゥーン2 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事