« 2012年10月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月26日 (水)

「いいトコ」ついてる嫌いぢゃないタイプの女優

「ん?誰だ、コレ。新人か??」


「可愛いっ!」とか「キレイ!」などとは
とても言えないレヴェルの彼女は
金髪のショート、垂れ目、ムチムチ。

「いいトコついてるやんけ!」と思える個人的には
「嫌いぢゃない」タイプ。が、しかし
「新人」にしては結構イイ年だ。
「パッ」と見では三十才くらいだろうか。

55嬢の話ぢゃなく映画女優であり、早速
キャリー・マリガンというその名を調べてみたら
「新人」ではなく、すでに何本にも出ていたのを
たまたま、オレが見逃していただけのことだった。

ふ~ん。
二十七才にしてはフケ顔だねえ。


映画のタイトルは
「ドライヴ」。

ほとんど時間を置かずに二度観たが、
「映画自体が気に入って」というよりは、その
「キャリー嬢のことが気になっ」たのが理由だ。

ライアン・ゴスリングって俳優も好きなタイプではないし
監督だって別に大したことない。
バイオレンスシーンもカーチェイスも、決して
悪くはないけどそこまで良くもなく音楽だって
「グッ」とはこなかった。それよりも何よりも
カメラワークがイマイチなのだ。

ただし、設定はヒジョーに良い。

そして、ヒロインのキャスティングも
演技も、かなり良かった。


ところで、最近思い付いた小説のプロットは、
映画化したらかなり面白そうな話だ。

「全て独りきりで行う銀行強盗を計画するも、
ひょんなことから......」という内容だが、もちろん
主役はオレ自身であり、仮に
主演男優は誰かをチョイスするとして、監督は
「自分がやりたい!」とダダをこねて
見事にコケるパターンだろう、と、想像がつく。

では、誰に頼むか、ということになれば
ダニー・ボイル氏か、もしくは
ガイ・リッチー氏あたりがいい。


な~んていう妄想を、
オモロイ映画を観た後にしてみるのが、

なかなか楽しかったりするのであった。

|

2012年12月25日 (火)

聖なる夜に食べる某「KFC」のフライドチキンの意味とは

「何食べようかなあ」


X'masだからといって、普段の生活と
なんら変わることのない無宗教のオレ。

ニッポンに居る頃、とってつけたようなあの妙に
「浮かれた」ムードがとてもイヤだったが、タイでは
特にそのようなこともないので助かる。もちろん、
店頭にツリーや電飾などの飾り付けをしたり
「コスプレサンタ」が大量発生したりはするけれど、
まったく押し付けがましくはなく、一般市民が皆
「浮かれる」わけでもないのは、国民の90%以上が
仏教徒だからだろうか。

かと言って、今日が
「クリ〇〇ス当日」であることをまったく
意識しないわけはなく、夕方家を出て、某
「スタバ」でコーヒーを飲みつつ、いつものように
夕食のメニュウをチョイスする際、一応
「一人きりのX'masディナー」にふさわしいモノを
頭に思い浮かべてみる。
サラダバーやエビ蒸し春雨や某
「マック」のフレンチフライではなく......。

そーだ。某
「KFC」があるではないか!

いつもはソフトクリイムのみだが、
「フライドチキン」を食べるのに、今日ほど
「ふさわしい」日はあるまい。

「ケチケチ」なオレは早速、同ビル階下にある
ビーチサイドの高い店を避け、わざわざ某
「BigC」内のローカル店まで出向く。
ニッポンならば、25日の夜ともなればおそらく
予約受け取り客でとんでもない賑わいだろうが、
タイではそんなこともなく普段通りの混み具合。
ほんの数分でフライドチキン2pcと
コールスローサラダが出て来た(114THB)。

そもそも、当日食べるべきは
「ブロイラー」ではなく
「七面鳥」なわけあって、
「聖なる夜」に家族で某
「KFC」のバケツを囲む、なんていうのは
ニッポン独自の変な文化に決まっているが、
ニッポン人のオレとしては、25日の夜八時
「予約なし」で手軽にチキンを食べられる件に
優越感のようなものを覚える。

実際、X'masに某
「KFC」でフライドチキン、なんてひょっとして
生まれて初めての経験かもしれない。


思い返せば今から二十年ほど前、
当時の恋人の部屋でハリキって
「オレがディナー作るから」と、
カボチャを切る時に皮が硬くて、
誤って指を結構深くカットし
「大量出血」したあの日以来、
「特別なこと」をした記憶など一切ない。

その時のカノジョMリンの誕生日には某
「ネズミーランド」近くのホテルに泊まって
サプライズで部屋にケーキを持って来させたりと
(ミッキーではないが)結構頑張った、というか
「もっとも気合いを入れた時期」だったと言える。
だって、それ以降
「釣った魚に餌」などほとんど与えていないのだ。

そしてその後、飲食店を始めてから
「クリ〇〇ス」を含めあらゆるイヴェントごとは
「書き入れ時」となったわけである。

例のMリンも、結婚して子供が生まれる直前に
大きなお腹で店に現れて、何だか
複雑な心境になったのを覚えている。

とにかく、その手の
「イヴェントごと」を好まぬオレ。

「聖夜の想い出」なんて、所詮
その程度のものだ。


さて、そんなわけでヒジョーに珍しく
「一人きりのX'masディナー」などという
「特別なこと」(?)をした無宗教のオレだが、結果
どーだったか。


「いや。別に」

ま、そりゃ

そーだよね。

|

2012年12月22日 (土)

給料を上げて物価を上げれば良いという構造に変わりはない

ニッポンでは総選挙の結果政権が再び交代したが、
ここ数ヶ月の政局はなかなか興味深かったし、
今後もしばらくは注目すべきであろう。

「ひょっとしていい方向に向かうかもしれない」と、
個人的に阿部さんには少しばかり期待しているのだけど、
果たしてどーだろうか。

永住するつもりでタイに来てからは、
ニッポンの政治がまるで
他人事のように感じられ、腹も立たなくなった。
それよりも重要なのは、もちろん
タイの政治や経済なわけであって、
今最も心配そして懸念されるのは
国王プミポン氏の健康状態及び
「跡継ぎ」問題である。

ただ、それらは当然密接に関係するし、例えば
「円高」「円安」などによる為替レートの変化は
ニッポンから円を持ち込んでいるオレの生活に
ダイレクトに影響する。

そんな個人的な件はさておき、
完全に見捨てたわけでもない
ニッポンという国が、今後
良くなっていくに越したことはない、いや
良くなって欲しいと心から願っている中で、
危機的な状況にある経済への対策、つまり
景気回復なくして明るい未来などないはずだし、
新政権にその部分で最も期待しているのだが、おそらく
国民の総意でもあるのではなかろうか。

前置きが長くなったが、その為にはよーするに
「給料を上げて物価を上げれば良い」という事例を
目の前で見てきたオレとしては、ここらでちょっと
「検証」してみたいと思うのである。


洪水で大打撃を受けた時期を除いては、わりと
順調に経済成長を続けているタイ王国。

当然のことながら、初めて旅行で来た五年前から
物価も少しづつ上がり続けているわけで。

そして、去年政府が行った
「法定最低賃金の大幅アップ」がもたらした効果が
「絶大である」と感じているのは、もちろん
オレだけではあるまい。やはり、
物価も顕著に上がったが、それよりも何よりも
「ムードが良くなった」ことは間違いないし、
「国全体の発展」を思えば、モノの値段が多少
高くなった件に文句を付ける筋合いもなかろう。

単発の旅行者はどうか分からないが、オレのように
タイで収入がなく最低賃金アップに関係がない外国人でも、
「この国が良くなる」のであれば
「物価上昇」など容認であり織り込み済みでもある。
10%程度上がったとしても、日常生活では
さほど脅威には感じない元々の数字なのだ。

具体的に言えばどうか、ということになるが、オレの場合
食料品価格については主婦並みの見知であり、他にも
「ファーストフードショップ」について
利用頻度大の店に限ってはけっこう詳しい。

最も上がり幅が大きいと感じるのは
野菜などの農産物であり、果物よりも特に
野菜が顕著な理由はよく分からぬが、元々
気候などにも影響を受けやすいことも含めた上で
全体的にここ数年でかなり値が上がったと感じる。
ま、自炊しないのであまり関係ないが、
スーパーマーケットのサラダバーなどは
グラム数(量り売り)にかなりビビりながら買う。

材料が上がれば当然のごとく
飲食店の原価を圧迫するわけだが、こちらはそう
おいそれと値上げできないのが苦しいところ。特に
屋台など一般庶民が相手の店はね。しかもほんの
数バーツ上げるというわけにはいかず、どーしても
五バーツ単位になるから難しいのだ。元が安いだけに。
30バーツのクイティアオを35バーツに上げれば、実質
16%以上の値上げということになってしまうのだから。

そーいう意味では、個人商店がもっとも厳しいのかな。

対してファーストフード店は、
値上げ幅が細かくてもいいのでラクだろう。
某「マック」なんて元々、店の立地や
時期(?)によって価格が違うのでとてもややこしいし、
某「KFC」「バーガーキング」等も、例えばパタヤなら
海に近い店とローカル店では何バーツかの差があるのだ。

昨年の最低賃金アップの時期に合わせるように各店
数バーツは確実に上がった。それでも例えば某
「KFC」のフライドチキン1pcは36バーツ(ローカル店)。
今の為替相場でも約百円であるから、まだまだ安い。
そして、ソフトクリイムに至ってはなんと10バーツ!
個人的には、タイで最も
「お値打ち感」のある食べ物に挙げたい。

「ファミリイレストラン」的な店で最も使う某
「Sizzler」(ステーキハウス)のサラダバーは、以前
169バーツだったのがいつの間にか189バーツに。
12%弱の値上げだが、これに関してもまったく問題ない。
というのも、タイで数あるブュッフェの中で
「最も値打ち」と常日頃思っているから。
がしかし、それはもちろん
「サラダバーのみ」を注文した場合の話であり、そんな
「セコい」真似をしている輩はオレを含めた長期滞在の
「不良外人」くらいのものだろうが......。

ちなみに、価格はいずれも税込みであり、
タイの消費税は現在7%。本来は10%のところを、
期間限定で下げているのだが、これがいったい
いつまで続くのか。よくありがちな
「プロモーション価格」と打ち出しておいて
いつまで経っても価格が変わらないのと似ていて、
いかにもタイらしいルールでもある。

いずれにせよ、最低賃金大幅アップのお陰で
工場労働者や飲食店勤務のいわゆる
「貧困層」の稼ぎが増えているため、しかも、
自動車産業を中心に海外からの投資も増え続けており、
例えば中国のように、物価だけが上がって
仕事もなく賃金が上がらず、というようなこともなく
国民が不満を抱えているわけでもない。

フツーに暮らしていても、以前にも増して
「ムードが良い」と感じるわけで、相変わらず皆
とても元気だし、ニコニコしている。

「宵越しの銭は持たない」という
「江戸っ子気質」の彼らのことだから、おそらく
貯金などしないだろうし、そこは少し心配だけど、
だからこそ景気は上向いて行く、とも言えるのだ。

文化や環境がまるっきり違うのだから
同じことがニッポンで通用するとは思わないが、基本
「給料を上げて物価を上げれば良い」という
「理屈」は一緒だろう。あとは、国民が皆
「江戸っ子気質」になってお金を使えば
景気などすぐに回復するはずなのに、
将来が心配で貯金しちゃうんだよね。

いわゆる
「消費者マインド」ってヤツですか。

う〜む。
こればっかりはなあ......。


一つだけ提案があるとすれば、マスコミが
「明るいニュース」だけを流し続けることかな。

どこか一紙だけでも、一局だけでもいいから
「暗い」ニュースは一切排除し、
「明るいニュース」のみをとにかく流し続ける。
地域のごく小さな話レヴェルなら、おそらく
明るい話題なんていくらでもあるはずなだから、それらを
ひたすら探して見つけて流しまくるのだ。
視聴率(購読率)の数字は取れるはずだし、やがて
視聴者から寄せられる明るい話題の情報がどんどん増え、
そのうち、本当に明るい話が増えてくればしめたものだ。

「嘘」であってはならないが、ある程度の
「情報操作」も必要なのだ。というのがオレの考え。

如何だろう。

一時期のオレのブログだって、内容が
あまりにもくだらないことはさておき、
たとえ暗い話だったとしても
「自虐視点」で無理矢理明るい話にもっていったものだ。
読者には常に、それを読んで
「明るい気持ち」になって欲しかった為である。

「発信する意味はそこにある」と考えて
ずっと続けてきた。

個人的なワガママで、最近は
「ピッタリ」と更新していないが。


タイの明るいムードが、ニッポンにも
伝染すればいいのにな。

そんな途方もないことを、ついつい

考えてしまうのである。

|

2012年12月11日 (火)

「お札を刷る」以外に何か良い案があるのかと問いたい

某「エンポリアム」があるプロンポンという地区は、いわゆる
高級住宅街であり、タイ風に言えば
「ハイソー」エリアなのだが、同時に
ニッポン人駐在員が数多く住む地域でもあって、
百貨店内のスーパーマーケットに買い物にやって来るのは
「駐(在員の)妻」を中心に、ニッポン人がやたらと多い。

もちろんタイ人のお金持ちもいるが、彼らはおそらく
わざわざスーパーで買い物などしないだろう。

「岐阜フェア」で販売している商品は、
空輸していることもあり、当然
国内価格の二倍以上となるので、
ニッポン人にとってはかなり
「割高」に感じるはずだし、そもそも
彼らに売る為に持って来ているわけでもない。

ただ、実際に買ってくれるのは
「プレミアム」感を分かってくれる
彼らでもあり、現場に立っていれば、やはり
世間話を交えた接客をすることになる。


そんな中、某自動車メーカー駐在員と、実に
三十分以上も立ち話をする機会があり、特に
興味深かったのは、ここ最近の
「最低賃金アップなどによる中間層の増加」
という話題だった。
先日も日記に書いた通り、オレが感じている
「ムードの良さ」に対する裏付けが取れたようで、
「うんうん。なるほど」と頷きつつ、ヒジョーに
「スッキリ」としたのであった。

つまり、こーいうことだ。

タクシン氏の妹が首相になってすぐに行った改革
「最低賃金の(大幅)アップ」及び、
税制の優遇措置等海外企業の誘致の効果なども含め
仕事量の増加があったことで、例えば
自動車関連産業などにおいては、かなり
工場労働者の給料が上がっているらしい。
簡単に言えば忙しくて人が足りないわけで、
最近では残業代も含めた月給が
一万二、三千バーツという社員もザラだと言う。

「宵越しの銭は持たない」という
「江戸っ子」気質のタイ人のこと。

八千バーツそこそこだった給料がそこまで増えれば、
暮らしが良くなるどころか、彼らが一気に
「中間層」並みのお金の使い方になるのは
至極当たり前のこと(?)なのである。

某「スタバ」でコーヒーを飲むのが流行り、
手軽なビーチリゾートパタヤに
地元タイ人観光客が増えるのも、ヒジョーに
納得できる話ではないか。

よーするに何が言いたいかというと、
「タイの景気は悪くない」件、及び
「経済政策については、タクシン政権の方が良い」
件が再確認されて、個人的にはちょっと
「ホッ」としているのだ。


一方、ニッポンに今最も必要なのが
「景気対策」なのは、周知の事実であろう。

タイよりも構造はもっと複雑だが、結局のところ
「お札を刷る」という
「伝家の宝刀」を抜かねばならぬような
「抜き差しならぬ」(洒落ぢゃないよ!)
状況にまで来ているのではないか。

某自民党総裁はそんなことを言っているようだし、
「建設業界が潤う」的な、例の
「お得意の手」を使うのかどうかは知らぬが、とにかく
「景気」が良くならないことにはどーしようもないのだ。

単純比較はできないなりに、一般タイピープルが某
「スタバのコーヒーを飲めるようになる件」を
ニッポンの現状に重ね合わせ、
「今まさにそうなるべき」と
個人的に強く感じるのである。

選挙の結果がどーなるか分からないけど、
ニッポン人として、一刻も早く
「景気が回復すること」を望むし、きっと
「そーなるだろう」と、楽観視してもいる。


タイで暮らしていると、
何かにつけ

「楽観的」になるのだ。

|

2012年12月 6日 (木)

国中が黄色に染まる日

十二月五日は父の日であり、
タイ国王プミポン氏の誕生日でもある。というか、
「クンポー(お父さん)」と国民から呼ばれ慕われる
プミポン氏を皆で祝う日なのだ。

近年ではご高齢を召してもうずっと入院中の
氏の健康を皆で共に祈る、といったイメージ。

この日は、国王のシンボルカラー(?)である
「黄色」の服や小物やアクセサリイを身に付け、
それぞれがそれぞれの思いを胸に
一日を過ごすのだろう。


タイでは曜日ごとに色が決まっていて、
自分が生まれた日の色を
「ラッキイカラー」として好むケースがある、と、
タイ語学校で習った。だからおそらく、
プミポン氏はオレと同じ月曜日生まれのはず。

タイに初めて訪れた時、
パンガン島にてその日を迎えたオレは、
タイピープルが皆黄色のポロシャツを着ているのに驚いて
そのことを知ったわけだが、
それほど国民皆に尊敬される国王と、
同じ方向を向いている国民に対して
とても良い印象を持ったものだった。そして同時に
「ニッポンも昔はそうだったのかなあ」とも思った。

しばらくは引き蘢り生活を送っていた為、
祝日となるその日にあえて外出はしなかったけど、今回は某
「パラゴン」と「エンポリアム」内のマーケットにて
友人の手伝いをしている都合で、久しぶりに
「黄色の日」を街で過ごした。

数多くの人で溢れるレストラン街及び食料品売り場の
「人波」が見事に黄色に染まり、
それはそれは美しい光景だった。特に
「パラゴン」にやって来る人達は皆
「お洒落さん」ばかりなので、シャツパンツスカートの他
スカーフネックレススニーカーパンプスバッグ時計帽子など
様々な黄色グッズがそこここに溢れ、まさに壮観なのである。

実際にはおそらく全体の六割くらいの人々が何がしかの
「黄色」を身に付けている感じであり、その
「バランス」がまた良いのだ。

これを言葉や文章で説明するのは
ヒジョーに難しいが、とにかく何だかとても
「ロマンティック」な気分に浸れた。

個人的に気に入ったのは、
「ムスリム」の女性達が頭部に巻いていた
「黄色」のスカーフと某タイシルク専門店
「NaRaYa」のビニイルバッグ(黄色地に青の文字)。

「観光客御用達」のショップだから
「たまたま」なのかも知れないけど、
街の風景ととても馴染んでいて、ひょっとすると
「NaRaYa」の戦略ならスゴいな、とも思ったり。

そのうちに、昨日は
「ブルー系」で統一していたオレも
「黄色のサマーマフラーでも買ってこようかな」と、まるで
「非国民(?)」のような気分になってきて、上の階の某
「H&M」に寄ってみたが、結局は又
白と青のギンガムチェックのシャツを買ってしまった。


五年前、パンガン島で迎えた父の日とは
いろんな意味で異なる心境だったけれど、
「タイ王国」に対する気持ちは、今も
ちっとも変わっていない。


プミポン国王様。

これからも
ずっとずっと

お元気でいて下さい。

|

« 2012年10月 | トップページ | 2013年1月 »