« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月28日 (木)

使ってみたいと思うのにその機会のない言葉

「まさにオレのことやん!」


ネットである記事を読み、
大きく頷いてしまった。
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1751515.html

どうやらオレのような輩を
「SNEP」(孤立無業者)と呼ぶらしく、実質的には
「問題視」されているとは言え、何だか某
ジャニーズの一員になったような感じがしなくもない。

ただ、実際に使う場面なんて
ほとんどないとは思うけどね。


「何をしているんですか?」と聞かれ、
困ってしまうことが結構あった。

ニッポンに居た頃、店をやめてからは
「何もしてません」とか
「充電期間中です」と答えつつ、
穿った考え方とは思うが、ちょっとばかり
優越感に浸っていたりもしたけれど、
タイに移住した後、特に
ニッポン人と接触する時は、
自分の立場を説明するのに窮したものだ。

まだ最初の頃は
「飲食店を出店する為の市場調査中」などと、いかにも
聞こえの良い受け答えで済んでいたけど、
二年三年と経つうち、さすがにおかしな話になってきて、
ある時点から、相手によっては
「早期リタイア」という言葉を使うようになる。

しかしこれは、いくら何でも
「早過ぎるのではないか」ということになり、
若い世代にならばまだジョーク混じりで通用しても、
現実のリタイア世代からしてみれば 
「バカにするな」とカチンとくるのは、おそらく
「見た目」が若い(場合によっては三十台前半)件も
大きく影響しているのではなかろうか。実際、
「いやいやこう見えてももう四十八なのです」
などと言ったところで六十七十の大先輩達からすれば
「それでもまだまだ若いではないか」となるしね。

では、いったいどーすれば良いのだ。

「NEETです」
「外こもりです」
「フラフラしてます」
「遊んで暮らしてます」

う〜む。
どれもしっくりとはこない。

そんな中、先日某先輩から指摘されハッとした
「無職」という言葉は、ヒジョーに響きが良い。
少なくとも
「偉そー」な感じがしないのがいいではないか。

だから、今後は
「無職です」と答えることに決めた。

ま、機会などないとしてもね。


あと、一時期某
焼酎バーでアルバイトしていた頃、
「週一」で店に出ているという話の後、必ず
「普段は何をしているの?」と聞かれ、ヒジョーに
答えづらいこともよくあった。だって、正直に
「DVD観たりディスコに行ったりしてます」と言っても
「は?何それ??」的な、まるで
「異次元」の世界のようなイヤ〜な目で見られるからだ。

実際、お客さんのほとんどが現地駐在員の
「ちゃんとした」人々だったから、
彼らからすればオレのような変態の輩など
「異次元」なのは間違いないのだけれどさ。

かといって嘘を吐くわけにもいかず、最後の方は
「DVD、DVD、ディスコ、
買い物、買い物って感じっすかね」などと、とぼけていた。


一方相手がタイ人の場合は話がまったく異なる。特に
「プロ」のタイガールの場合、常態である
「嘘」武装に対抗するには、こちらだって
「嘘」で固めるより他ないのだ。 

駆け引きなどよく分からなかった頃は、ただ単に
「遊んでいる」と答えていたが、それでは
「コイツ、そこそこ金持ってる」と勘違いされ、
ちょっと都合が悪いので、遊んでいるにしても
「ニッポンに居るギック(愛人)から毎月いくらか
金を送ってもらっている」と補足していた。つまり
「ギリギリ」で暮らしているんだから、
アンタ達に騙されても渡すお金はないよ、ってこと。

しかし、あまり
「余裕カマして」いるように見られるのもイヤで、最近は
「仕事でバンコク遊びでパタヤが五分五分」と答えており、
「仕事」の内容は一応バーテンダーだ。

「友達の店を手伝う為に、たまにバンコクへ行くんだ」

パタヤで今のような生活をしている上で、これは
ヒジョーに調子が良い。つまり都合が悪くなれば
「今ちょっとバンコク」と逃げられるからである。

たまにしか仕事しないからお金もない。
今のオレの経済状況を示すにもちょうど良い。

だから、サウナで会うタイ人や外国人にもそれで
統一しているが、会話がヒジョーにスムーズに運ぶ。
「なるほど。そーいうことね」というわけだ。

「嘘も方便」とはよく言ったものだが、実際
タイに来てからは、かなり
「嘘」が上手くなったような気がするなあ。


というわけで、是非一度使ってみたいけど、
残念ながら機会のなさそうな言葉
「SNEP」だが、それは正にオレが
「(家族以外の)人と接触しない」
からなのだと、改めて

気付かされたのである。

|

2013年2月26日 (火)

良い反応と悪い反応が一気にあった件について

「六日に返すから」


ついにきたか......。

タイガールから
「お金の無心」をされる度、ヒジョーに
「複雑な心境」に陥るわけだが、その
シチュエーションはいつも異なり、
受ける印象もやはり少しづつ違う。

近頃では慣れてきたせいか、
釣り糸についた浮きが沈み
「掛かった!」と思う
「釣り人」のような気分でもある。

ただ、餌に喰い付いた魚を
「どう料理するか」という楽しみよりも、
「釣り上げて」しまうこと、つまり
「終わり」が近い寂しさの方が強く、
「あ~あ」といった感じだろうか。


A嬢には、今までとはちょっと違う
「接し方」をしてきた。

プロの女子の中でも、特に
「55嬢」に関しては、元々
「お金で買う」のがどーにもイヤで、移住して
タイ語が少しできるようになってからは
「ペイバーせず」に店外で会ったり、
「小遣い払わず」にセックスしたり、
などといったことに一生懸命だった。

実際、言葉さえできればそれらも
ある程度は可能だったが、結局は
デート代買い物代が高くつき、計算してみれば
セックス一回分に掛かった費用が、
「ペイバー代+買春」とさほど変わらなかった。
というような話が多く、そのうち
「母親に会わされる」だの
「親戚のおばさんが病気」だの、
困ったことになるケースがほとんど。

三人、四人と同じような目に遭って、やっと
「予定調和」という件に気付き、最終的には
「金で買う」のが一番ラクだと分かるのだった。

ただ、暮らし始めた頃の一、二年は、それらの
「経験」がとても面白かったのも事実。

一方、
「素人の方がいいんぢゃないか」と思う時期もあり、
ディスコ等での出逢いなどからいろいろと
「試みて」みるものの、当然のごとく
「マヂな恋愛の方がコワイ」のは万国共通であって、
「真面目にお付き合いする気などサラサラない」のなら、
やはり同じことが言えるに決まっている。

「血迷い」そうになったことも何度かあるけれど、
「金」(プロ相手)も
「心」(素人相手)も与えきれず今に至るわけで。

現実問題、素人娘の(金目当てでない純粋な)
「殺人的ジェラシイ」になど
とても応えられぬオレの場合、仲良くなるならば
「プロ一択」に決まっており、その中でも
「お金」と「情緒」が五分五分くらいのちょうど良い
「バランス」で付き合える相手を探すため、今回
初めて試してみたのが
「ペイバーオンリイ」という方法。つまり、
「体調が悪い」等の理由で相手が望む時に、いつでも
店に迎えに行ってペイバー代を払うだけの関係であり、
こちらからは一切アクションを起こさずに
様子を見続けてきたのである。

「毎日長時間拘束の仕事でしんどいだろうから、オレが
<セイフティーネット>になってあげよう」

そして、一切手も出さず、
一緒にごはん食べるだけ。

「売れっ子」ではない55嬢にとって、これほど
「都合の良い」客など、果たしているだろうか。

もちろん、毎月お手当をもらって
「囲って」もらえるに越したことはないかもだが、
それはそれでいろんな要求に応えねばならないからね。

ま、そんなことができるのは、当然
彼女を気に入っているからであって、
「まったく何も感じない」とすれば
人間としてどーかしている。

果たして、最近ではことあるごとに
「コップンカー」と言うようになり
(それまではほとんどなかった)、一昨日、ついに
「反応」があった。


実は今日、仏教関連の祝日で
「酒類販売禁止デイ」つまり、
「55バー」はお休みなのだが、それを見越して
「明後日お店休みだけどヒマ?」と聞いてきたのだ。

「明日の予定など鬼が笑う」タイガールからすれば、
実際、これは大したこと(?)。

作戦実施一ヶ月半。

途中、ヴァレンタインデイを挟み、一応
「予定調和」のプレゼント交換はしたが、もらったのは
「こんなもの誰が喜ぶのだ!」とひっくり返りそうな、
「バラの造花を抱えたテディーベア」であり、以前も
ほぼ同じものをもらったことがあるから、おそらくは
「55嬢」の定番なのだろう。

でもって、普段なら部屋で
「ゴロゴロ」しているだけの休日に呼び出すとは、一応
少しくらいは感謝の気持ちがあるのかもしれない。

とは言っても、一緒に寺へ行くでもなく、
行きつけのレストランでいつものように
友達カップルも交えてごはん食べただけ。

交わす会話も普段通りの他愛無いものだ。

ところが、いつもと違ったのは
「千バーツ貸して欲しい」と頼まれた件。

話の流れから考えて、呼び出されたのは
それが目的ではなかろうが、だとしても
オレとしてはちょっと萎えたのであった。

ただ、貸してくれではなく、単純に
「援助してくれ」では困るし金額によっては、
「それくらいあげるから部屋に来い」と言い
「寝」ておしまい。ってことも考えられたが、
千バーツとはいかにも金額が低いではないか。
しかも、本当にちょっとしたことっぽいので、
「まあ、様子を見るか」となる。

ちなみに、過去
タイガールにお金を貸したのは全部で六回。

うち、返ってきたのは三回だけど、
全て相手は同じコなので、実質、
四人中三人にはブッチぎられた。

A嬢は(オレの印象では)
サッパリしていて性格が良く、
遅刻もしない真面目なタイプ。

彼女が期限までに返す確率は
(客さえ付けばすぐにでも?)
五分五分とみたがどーだろう。

もし返ってこなければ
「ヤ」ってオサラバするか、
「罰」として店のトイレで
「フェラーリ」でもさせる?

どちらにせよ借金返済なく
この先続くとは考えにくい。


だからこそ、
複雑な心境に

陥るのだった。

|

2013年2月14日 (木)

料理とは目で見て味わうものなのだろうか

「ホワイトチョコレートか!」


デザートのヴァニラアイスの中に
「コリッ」とする食感の何かが混入しており、
見たところナッツなどではなく
「いったいなんだろう」と思ったのだが、同色なので
「じっくり」と味わってみてようやく分かったのだ。

フツーのチョコチップ入りはよく見掛けるが、
分かりにくいホワイトチョコをわざわざ使うなんて
「なかなかのセンス」と思われ、税込みで380THBの
「ランチブュッフェ」にもまったく手を抜かず
そこまでできるのはさすがだ。

う~む。某
「Hilton」なかなかやるやんけ。

しかし、そこで
「ハタ」と気付く。

よくよく考えてみれば、食べるものが
「ウマい」「マズい」などというのは、結局
「脳内」において感じるわけであって、確かに
「舌」などの口腔内で味わった感覚も伝達はされるが、
ほとんどの部分は、見た目においてあらかじめ
「これは〇〇を△△したものである」と認知した上で
「イメージ」されてしまっているのではなかろうか。

さっきのアイスクリイムにしたって、
「あ、何か食感の違うつぶつぶが入っていて素敵♪」と、
ただ単に思って食べるだけならば、ひょっとして例えば
白い石鹸を細かく刻んで入れても、あまり
変わらないのかもしれない。だって、
「これなんだ?」とじっくり味わってみて、初めて
「ああ。ホワイトチョコのまろやかな甘さと相まって......」
などと細かい部分を感じ得るわけで、それが
過去に食べたイメージから増幅しているせいだとすれば、
急いで食べてすぐに飲み込めば、おそらく分かるまい。

そうしてみると、
「知識」や「経験」というものはヒジョーに大事である。

幸いなことに、若い頃
「バブル好況」を経験し、ありとあらゆるウマいものを
「これでもか」というくらい食べて来たし、
飲食業界にいた件もあって食材に触れる機会も多く、
高級からB級まで一通りの知識を持つオレとしては、
「高級食材オンパレード」の一流ホテルでは、やはり
テンションも自然にアガるというものだ。

実際、ちょっとした食材や調味料も明らかに
「モノがイイ」し、更に調理法も良いとなれば、
これはもうどー考えてもウマいに決まっている。

ちなみに火曜は
「ピッツァ&パスタデイ」であり、他の曜日に比べ
(BBQ、バーガー&サンド、シーフード、アジア等)、
イタリアン好きのオレとしては圧倒的お得感。ただ、
普段から行こう行こうとは思っていても、
「起きたら一時だった」などなかなか叶わず、結局
月に一度くらいだろうか。

それでも、たまに行くと
「やっぱりウマいものはウマいなあ」と、
当たり前に感動するのだ。

体も胃袋も小さく
「絶対量」はさほど食べられぬ貧乏性のオレとしては、
「せめて原価の高いものを」などと
「セコい」考え方をしてしまうが、結局
食べるものはいつもだいたい同じで、中でも
「シュリンプカクテル」と、自分で作る(混ぜる)
「シーザーサラダ」と、大好物の
「ミネストローネスープ」がお気に入り。

「さっ」と茹でて氷で絞めたエビにかける
BBQカクテルソースも、ちょうど良いサイズに
カットされたロメインレタスにかける
パルミヂャーノチーズ&ドレッシングも、
たっぷり野菜の優しい味のスープにかける
カッテージチーズ&バジルペーストも、全て
「イイモノ」を使っているし、添え付けの
ピクルス、オリイブ(プレーン、ブラック)なども
ちゃんと用意されている。あとは、
クリイムソースには黒胡椒、
トマトソースにはタバスコ(邪道ですんません)等、
すべて自分好みにアレンジしていただく。

その場で調理してくれるパスタは、いつも
「ポルチーニのリングイネクリイムソース」を。
はい。もちろん原価が高いからね。そして、
焼き立ての頃を見計らって
「四種のチーズ」と「マルゲリータ」ピザを数切れ。

これで充分お腹いっぱいであるが、極め付きは
デザートなのである。

別腹とは言え、どれにするか悩むほど
たくさんの種類があって、いつも困る。

今日は、例のヴァニラアイスと
ラズベリイケーキ、チョコレートケーキには
ホイップクリイムをたっぷりとかけて。
そして、最後の〆は
レモンシャーベット。

どれもこれも
「めちゃめちゃウマいなあ」と独りつぶやきつつ、
とてもおいしくいただいた。

「パスタデイ」だけあって、サラダに
コンキリエ(貝殻っぽいヤツ)が使われていたり、
スモークサーモンのクリームペンネや
アジア風エスニックスパゲティーなど、
「出来合い」のものもちゃんとしていてよろしい。

日頃屋台ではほとんど食べないが、
食堂やレストランでいただくタイ料理とは、
使われている食材、調味料(味の素ではない!)、
調理法がひと味もふた味も違うことを自分の目で
よ~く見て確認しつつ食べていると、やはり
「料理は目で味わうもの」だと思う。

あ、あと、匂いもね。

例えば暗い陰気な部屋で、目隠しして鼻つまんで
まったく同じものを食べたとしても、きっと
味気ないに違いない。

空は快晴。

テラス席で爽やかな風を感じつつ、
海を眺めながら食べるランチ。

月に一度の贅沢だとしても、合計
(ミネラルウォーター込み)で
410THBはかなりお値打ちだろう。
今の相場で1300円。ちょっと前なら
千円ポッキリだ。

最近、野菜がかなり
値上がりしているから、特に
そう感じる。部屋で
「独りMK(鍋スキ)」しても、
入れるものによっては結構
高くついてしまうのである。

そして、
「同じタイ人でこれほど違うものか」と、思わず唸る
「ホスピタリティー」の素晴らしさ。


間違いなく
価値のある

410THBだ。

|

2013年2月13日 (水)

為替相場の上下よりも大切なモノが上がらずに悩む

相変わらずドルに対して下げる円と
上がるバーツ。ついに、1円が
0.320THBまで下がってしまった。

為替相場というものは実際、いろんな要素が
複雑に絡むので予測は難しいが、流れからいけば
しばらくはこの辺りを推移し、少なくとも数年間
劇的な変化はないと思われる。
逆に言えばここ半年間の円の下落は
劇的だったし、ドルに対するバーツ高も含めて
当面の間は落ち着くだろう、という読みである。

昨年七月の1円≒0.400THBから比べ、実質
二割以上のダウンであり、オレのように収入が
円建ての場合結構な痛手であるのは間違いない。

しかし、冷静になって考えてみれば、随分前に
成長が止まってしまったニッポンと、
成長を続けるタイとの関係からみて、ちっとも
おかしな話ではなく、むしろ
「妥当な線ではないか」と、個人的には思う。

だから、ここ数年の
「高レート」がヒジョーにお得だったわけで、
その時期に換金していた分で、しばらくの間
暮らせるだけでもラッキイとも言えよう。
問題は今持っているバーツが尽きた時に
為替相場がどーなっているかだが、
旅行者や一時的にタイに住む人達とは違って、
「骨を埋める覚悟」のオレの場合、さほど
重くは考えていない。

ただし、先々のことを思えばそうそう
無駄遣いもできないから、やはりそれなりの
「予算」を組む必要があるだろうし、幸いなことに
「切り詰める」生活だって決して嫌いぢゃないのだ。

一方で、価値が上がってきている
「タイバーツを稼ぐ」というチョイスもある。
例えば、バーツ建てで給料をもらっている
日系企業の現地駐在員などは、おそらく、今
「ウハウハ」なのではなかろうか。

しかし、そこまで切羽詰まっていない現状、
「できればこのままのんびりしたい」という
「怠け者気質」のオレであり、いくつかの
「可能性」を探りつつも、結局は頓挫する。
いいところまで行っても、最終的に気持ちを
「萎え」させるのは、タイ語に対する
「自信の無さ」のような気がする。


三つのタイ語学校に少なくとも一年以上通い、
そこそこの投資もしてきたけれど、実際問題、オレの
タイ語のレヴェルはまだまだ低い。というか、ある
「一定のライン」で止まってしまっているように思う。

もちろん、
「日常生活」に困ることはなくとも、タイ人の
「日常会話」にはまったくついていけない。つまり、
こちらから意思を伝えることはある程度できても、
相手が何を言っているかよく分からないのである。

日頃からTVでなるべくニュースをチェックし、車では
FMラジオを聴き、日常生活でも、廻りの
タイピープルの会話に耳を傾けているが、
「ヒアリング」に関してはいつまでも上達しない。
「ある日突然」分かるようになるのでは?などと
「淡い期待」を抱いていたけれど、いくら集中しても、
半分の知っている単語と、残り
半分の知らない単語がうまく繋がらず
「意味不明」となることがほとんど。

そんな状態が、もう何年も続いてる。

喋る方の感覚も鈍ってはマズいので、たまに
55嬢などと会話を交わすわけだが、彼女らの
言っていることの半分は分からぬまま
「フンフン」と分かったフリを通しているから、
「理解しているだろう」と判断して
話すスピードを落とすはずもない。
辞書を持ち歩いて、分からない単語を
いちいち確認していた時期もあったけど、
それもやめてしまった。

「リタイア生活」を送るには差し支えなくとも、
「仕事」をするのはとても無理なレヴェルであり、
何故ならば、日系企業などで現地採用に応募して
「就職」する気などサラサラなく、あくまでも
「自分で何か始めよう」と考えているからであり、
間違いなく必要なタイ人のビジネスパートナーとの
「(完全なる)意思の疎通」がはかれないだろうから。

これは致命的だ。

いくら信用したところで(そもそも信用できぬが)、
ひとたび揉めればただでさえ形勢は明らかに
「不利」なわけで、タイ語力が低ければ尚更である。

「悪魔道」で相手の気持ちをコントロールするには、
タイ語以外の更なる修行がまだまだ必要なわけだし。

そんなことを言っていては、いつまで経っても
「タイバーツ」を稼げるはずもないけれど、
「四年半も住んでいてこの程度か」と、最近は
どーも気持ちが萎え気味なのであった。


実は昨晩も、某55嬢とその友達と一緒に
ごはんを食べに行き、彼女らの会話を聞いて
「さっぱり分からないな~」と思いつつも、偉そーに
ニッポン語を教えたりしている自分に、かなり落ちた。

彼女らがニッポン人客相手に使えるようにと、昨日は
「コーラ飲みたい」「あなた次第」などを教えたが、
「タイ語会話」の授業料にしてはさほど安くもなく
「そんなことで果たして意味があるのか」というわけだ。

「悪魔道」修行も進んでいないし。


まったくなにを

やってるんだか。

|

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »