« タイの生活でかけがえのないものとは | トップページ | やっぱりニッポンはスゴイ国だとあらためて思う »

2013年5月18日 (土)

クレームどころか、とても爽やかな対応

「なんぢゃこりゃ!いったい何事だ!?」


空港ロビイで飛行機を待っていると、いつの間にか
廻りはタイ人だらけではないか。

ぐるりと見渡してみても、どーだろう
約半数が外国人、そしてそのほとんどが
タイピープルと思われる。

確かにここ数年、ニッポンへ旅行する
観光客が劇的に増えていると聞くが、
それにしても多過ぎるし、しかも
TOKIO大阪北海道でなく、何故に
ナゴヤなんぞへ行くのか。
三大ブサイクの産地、
えびふりゃあと味噌カツの田舎町に
いったい何を求めて......。

タイ移住以来何度か一時帰国したが、
今までは数人だったから本当に本当に
「ビックリ」して、その件をどーしても
誰かに言いたかったのに、空席を跨いだ
隣りに座った三十才位のニッポン男子は
見るからに暗そうだったので、残念ながら
声を掛けられなかった。

だからこうして着いた早々、
日記を書いているわけだ。

ちなみに今は、セントレアの某
「スタバ」であり、一時間後に
Tちゃんとここで落ち合う。

一足先に深センから一時帰国していた彼は、オレと
「入れ違い」で今日の便にて中国へと戻るのである。

海外移住組の同士である彼とは、
互いに行き来しつつ情報交換をしてきたけど、
ニッポンで会うのは随分久しぶりのこと。

ん?いつ以来だっけ?

店を畳む前だから、少なくとも
六年以上は経つことになるなあ。

いや時間の経つのは早いものだ。


某「スタバ」でホットの
「アメリカーノ」を注文するが、なんと
「マグカップ」を置いていない、と言う。

口当たりが悪いので、紙コップで
ホットコーヒーを飲むのはどうも苦手であり、
以前のオレならば間違いなく嫌みのこもった
「毒」のひとつでも吐く場面だが、実に何とも
「爽やか」な対応をするのであった。

「そっか。残念だなあ。コーヒーは
マグカップの方が断然ウマいのに」
「ですよね。私もそう思います。そうそう。
マグカップのデザインが新しくなったの知ってます?」
「海外暮らしだから知らないけど、ひょっとして
マークがエンボス(彫り)のヤツのことかな」
「そーです!それです」
「な~んだニッポンは遅いな。タイはもう
一年も前からあのタイプだよ」
「えー!早いですね~」
「可愛いよねアレ♪」
「可愛いですよね♪」

そう。
オレは変わったのだ。

あの頃より確実に
「丸く」なった。というか
「穏やか」にね。

タイに住んでいればそーなるよ。

だって、いちいち怒っていたら
やってられないもの。


というわけで、
Tちゃんが到着したので、
今から

「ミーティング」です。

|

« タイの生活でかけがえのないものとは | トップページ | やっぱりニッポンはスゴイ国だとあらためて思う »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事