« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月25日 (木)

順応していい環境と、そうでないもの

「どこがやねん!」


「猛暑」「猛暑」とテレビや新聞ではうるさいが、
オレの記憶ではナゴヤの夏なんて、もっともっと
蒸し暑かったように思うし、夜などは風がとても
爽やかで快適なのに。

ただ、気温だけを見れば確かに高いかもしれぬし、
合宿先は目の前が巨大な緑地なので大量の植物が
空気の浄化を促していることも、過ごしやすさに
影響はしているのかもしれない。

どちらにしても、昼間ちょっと外に出て、
B.T.Sの階段でも上がろうものならたちまち
全身から汗が吹き出るタイの暑さに比べたら
なんてことはなくて、まったく
張り合いがないくらいだ。

考えてみれば、もう
タイに五年近くも住んですっかり
「慣れた」ということもあろうし、元々
寒さが苦手な分暑さには強く、しかも長年
「サウナ」で鍛え上げてきたからなあ。

動物とはやはり環境に
順応するものなのだね。


夏の暑さにまで
「物足りなさ」を感じるようなニッポンであるが、
それでも合宿先の事務所から店まで歩くと
「きっちり」十五分かかかるわけで、しかも
「心臓破りの坂」を越えなくてはならず、
炎天下の中だとさすがに少し苦痛でもある。

なるべく汗をかかぬよう
ゆっくりゆっくり歩いていると、思い出すのは
シンガポールで知人の店を手伝っていた頃のこと。

あの時の合宿先もちょうど店から徒歩十五分で、
「ダラダラ」とひたすら長く続く
「心臓破りの坂」がやはりあったのだった。しかも
ココとは逆で帰り道が上りだったため、夜中に
すっかり疲れきった重い足を引きずるようにして、
間借りしているアパートに辿り着く道のりは
けっこうツラかったものだ。まあ、それでも
「労働の尊さ」を肌で感じられたし、
「無職」中のリハビリにはちょうど良かった。

「現地採用」並みのギャラは一応もらったし、また、
タイともニッポンとも違う環境で暮らすのは
「刺激」があってなかなか楽しかった。

問題は今回の場合
「趣旨」がまったく違うという件。

様々な条件が複雑に絡み合って
集客力が落ち客単価も下がるという苦しい状況下で、
なんとか立て直さなければならぬのにこれといった
画期的な方法も特になく
「ジリ貧」が続くばかり。山のように積まれた
「ネガティヴ要因」は未解決のままさらに積もり、
「ガラスのハート」が音を立てて
「パリッ」と割れる事件が、度々オレを苦しませる。

ハッキリ言って
「モチベーション」を高める方向が見えないのだ。

どこに向かえばいいのか。

これといった適当な
「落としどころ」が見つからない以上、
悩みが尽きることはない。

体勢を立て直すため、一旦
タイに帰国することも考えたが、
どうやら今はそれすら許されまい。

出口がない迷路の真ん中に
「ポン」と取り残された気分だ。

果たしてここから脱出できるか。

う~む。

参ったな。


などと
「弱音」ばかり吐いていてもしょーがない。

いつまでもこんな環境に置かれて
「順応」してしまうわけにはいかぬのだ。
これはもうゼッタイに!

とりあえず
気分転換にどこかへ出掛けよう。

何かいいことが

きっとあるはず。

|

2013年7月21日 (日)

寂しがらない屋さんが誰かと好んで関わる時

「タバコ」と「演歌」。

どちらもそこまで
「メチャメチャ嫌い」というほどではないにせよ、
できる限り避けたい類いのものではあるわけで......。

ここ一週間ほど実家の大須に寝泊まりをしており、
映画のDVDを観始めたら止まらなくなったのだが、
合宿先ではどーしても避けられなかった
服その他にタバコの匂いが染み込む件がないかわりに、
ことあるごとに演歌を聴かされるハメになるのは
母親のカレシが無類の演歌好きなためで、時折借りる
車(某プリウス)で流れるCDの演歌のボリュウムを
ゼロに絞らなくては、気になって運転もままならない。

人ん家にお世話になるのだから当然
そういったことはあるし、また逆に
迷惑を掛けている件も多々ある中で
どちらをチョイスするかという話だ。

結果的にはやはり気を遣う度合いの
やや低い実家の方が居心地は良いが、別に
「演歌」を選んだわけではもちろんなく、
それよりも何よりも、いよいよ
「ニッポンに居ること」自体相当
イヤになってきた。よーするに
「自分の家が一番!」ってこと。

と同時に、
パタヤが急に恋しくなり、例えば
ちょっとだけ仲良くしてた女子とか
「55バー」とか海とか夕日とか。

でもきっと、根本的要因は
「人との関わりあい」なのだろうな、と。

誰かと接するのが
「ストレス」になるのならばいっそ
「誰とも関わらない」方がラク。という発想は、
しばらく前からのオレの本音の部分であり、
「寂しがらない屋」さんからすれば
今のこの状況はかなりヘヴィイだからね。実際。

とは言え、十一年前に友人と共同で店を一軒
立ち上げたのはまぎれもない事実なわけだし。

おいそれと逃げるわけにいかないのはよ~く
分かっているのだが。


一方。

「あなた次第」という考え方を、最近かなり
気に入っているし、もっとも好きな
「フレーズ」でもある。

オレのことに興味があるのなら、それなりの
「対応」はさせてもらうし、そうでなければ
こっちも興味はない。つまり自分主導でなく
「あなた次第」。

「寂しがらない屋」にとってこれはなかなか
「都合の良い割り切り」であって、お陰様で
相当お気楽な人生を送らせてもらっている。

ちなみに昨日は、
「パンケーキをウリにしたカフェをやりたい」という
結婚間近のカップルから相談を受け、三時間ほど
「あーでもないこーでもない」と、オレの勝手な
考えをほぼ一方的に述べさせていただいたのだが、
そんなことはなんの苦でもない。
危機に陥っている店の件や従業員の扱い方の難しさなど、
「愚痴」も含め厳しい話ばかりしてしまったけど、
それらをいったいどう捉えるかは、まさに
「あなた次第」なのだからね。

実はカノジョの方が
「インテリアデザイン」の仕事をしており、先日某
「〇〇〇〇〇」の授業中にオレが話した
「カフェとは何ぞや」の内容に興味を示し
(彼女は講師の一人なのだ)、
「ぜひ一度ゆっくり話を聞かせて欲しい」と頼まれ、
すでに何度か相談を受けてはいたのだが、いよいよ
「共同経営者」となる婚約者を連れて店に来たのだ。

よくよく話を聞けば某
「n.v.cafe*」のファンだったらしく
オレよりも詳しいほどだったが、当時は実際そんな
「カフェガール」的人種が、確かに存在していた。

「共同経営」とか、
「子供も欲しい」とか、大いに気になる
「キイワードも」もチラホラだが、まあ、頑張って
成功を収めていただきたいものだ。


そして今日。

ニッポンに戻ってくることを予告してあった
女子友達のひとりから食事に誘われ、
「デート」することになった。

帰国後すぐにメールが送られて来てから
しばらくの間完全に放置されていて、
「冷たいなあ。興味ないのなら別にいいぞ」
と、拗ねてみせたら
「そんなことはない。バタバタしてただけ」
と言うが、ニッポン人はいったい何をそんなに
「バタバタ」するのか理解に苦しむ。ま、ただ単に
「プライオリティー」が低いだけに決まっているが。


Tちゃんがおっしゃるところの
「大和撫子との交流戦」(表現がオモロいので
使わせてもらった)に持ち込めるかどうかはさておき、
「関わりあい」を避けつつ持ちつつ、
「ホームシック」にもめげることなく、
ニッポンでの日々は

今日も続くのである。

|

2013年7月14日 (日)

女人に触れずの二ヶ月は過ぎ

タイの仏教は
「戒律」がヒジョーに厳しく、禁止事項も多い。例えば
「女人に触れるべからず」もそのひとつであり、
それを防ぐ為、地下鉄などに並ぶ座席の端には
「お坊さん用シート」が設けられていたりする。

種類に関わらず宗教的なものに興味などないし、
出家するつもりなどもちろんさらさらない中で
「キツいな」となんとなく思っていたわけだが、
ニッポンに戻ってからもうかれこれ二ヶ月近く
「女人に触れ」ていない状況が続いていた。と、
過去形にしたということは、つまり
そーいうことだ。

正確に言えば、現実には
「アクシデント」的な件も何度か発生はしていたし、
一緒にお茶を飲んでいる時に店のテーブルで
Mリンの手を軽く握った程度の事案はあったけれど、
そんなのはもうまったく取るに足らぬ話。

ま、細かい描写はやめておくとして、
一言で感想を述べるとするならばニッポン女子の
「ホスピタリティー」の手厚さは、あらためて
驚かされるほどハイレヴェルなものであったのだ。

彼女らに比べてタイガールの
「アッサリ」さ加減ときたら......。君らの辞書に
「情緒」という言葉は存在しないのかね。まったくもう。
いや実際問題、そこには
「愛がないから」という理由もあるやもしれぬが、
それだけではなく根本的に、大きな大きな
「差」が存在するのは事実だろし、きっと
仏教とも関係ないはずだ。


そっちの件よりも興味深かったのが禁欲による
「極限状態」に陥った人間に起こる現象であり、
「鼻血ブー」といったベタなものはなかったにせよ、
ほんのちょっとした刺激(女子の脇を生で見る等)で異常に
「興奮」してしまう自分の反応が楽しかったものだ。

あとは
「妄想」が激しかった。

過去のあらゆる記憶を頼りに頭の中を駆け巡る
「イメージ」がスゴくてなかなかオモロかった。

ただ、それも
昨日で終わり。

女人に触れて、いや
女人と触れ合っただけですっかり
元に戻ってしまった。


まだまだオレもオトコなんだなあ、
と、しみじみ思った

夏の日の午後である。

|

2013年7月 6日 (土)

某「百円ローソン」及びカップ麺の素晴らしさを認めた上で思うこと

「やっぱりウマいなあ」


先日、実家の近所にある某
「百円ローソン」に寄った時、ついつい
「カップラーメン」をいくつか買ってしまった。

いかにも体に悪そうだし、ただでさえ
ポテトチップスなどスナック菓子を筆頭に
「ジャンク」好きなオレにとって、できれば
手を出したくない領域の食べ物なのに、その
「レヴェルの高さ」故ついつい食べてしまう禁断の
「ファストフード」。

それにしてもウマい。

ニッポンの食べ物は基本何でもウマいけど、
「カップラーメン」の素晴らしさは、一度
外国で生活してみると、海外製品とのその
「差」が際立って分かるのではなかろうか。

ただ海外、例えばタイでも
ニッポンで購入する約二倍の料金を払って
わざわざ買って食べるほどの価値はないわけで、
逆に言えばこっちで買う分には、特に
「百均」的なところでならば、その味から得られる
「お値打ち感」は相当なものであり、それが
頭では充分に分かっているからこそ
「危険な食べ物」と警戒はしていた。

そうそう。そー言えば
「噂」の某
「マルちゃん製麺」は一度食べてみた。

たしかにウマいけど、やはり
「袋麺」だけに作るのに若干の手間がかかる。比べて
蓋をはがしお湯をかけて待つのみのカップ麺。たった
三十数バーツで食べられるなら、例えば同じく
「ジャンク」な屋台のラーメン(クイティアオ)より
どれだけウマくてマシか、と、タイ在住のオレは
心から思うのであった。

一時帰国後、スーパーマーケットで値打ちな食材を探し、
納豆梅干しらっきょうキムチを代表する
「体に良さそうな加工品」と共に
ほうれん草マッシュルームプチトマト等の野菜で
サラダを作ったりして、店から持って帰る
「前日の売れ残りパン」と一緒に朝ごはん。

夕方に近所の某
「讃岐うどん」「回転寿司」等で外食。もしくは
少し足を伸ばしてインターチェンジ近くの某
「〇〇」で餃子をいただく、という
「パターン」にそろそろ飽きてきた今、手軽な
「カップ麺」に頼ってしまうのも、時期的には
仕方のないことか。

今回、最初に食べたのは某
「エースコックのカレーヌードル
(ココ壱番プロデュース)」という商品。

いやもうまったくウマいとしか言いようがなく、
百五円でコレなら充分合格である。

ちなみに、個人的に好きなブランドは
「マルちゃん」が断トツであり、某
「赤いきつね」「黒い豚カレー」など
「色付きうどん」シリイズはとにかく素晴らしいが、
値段も若干お高くて、相場はだいたい
百三十八円といったところか。

「そのくらい出せばいいのに」と思われるかもだが、
「貧乏性」がすっかり身に付いてしまったからか、その
三十三円(十バーツ強)の差はいかにも大きく感じる。
しかし、やはり
「百均」に売っている某
「エースコック」の商品は正直な所
「クオリティー」が落ちるのは否めないし、特に
「大盛りシリイズ」は安かろうマズかろう感が強い。

そこでオレがチョイスするのは、某
「百円ローソンオリジナル」もしくは
怪しいブランドのシンプルな
「中華そば」系である。
過去に試してみたけど、これらはそう
大きくハズすことがない。

そんなわけで、なんだかんだと
「ブツブツ」独り言を漏らしつつ、某
「百円ローソン」で千五百円ほど買い物をして、
「こんなに買っても千五百円かよ!」と
「ベタ」な驚きと共に家路につく。


「こんな店がパタヤにあったらなあ」

心の底からそう思うが、逆に言えば
「他のものは何でもある」のだから、
やっぱりパタヤは

スゴイところだな。

|

2013年7月 5日 (金)

あと三ヶ月近くもニッポンに居なければならないのならば

「あ、コレ観たわ!」


タイトルの前に流れるプロローグですぐに分かったが、
考えてみればタイからニッポンに来る時飛行機の中で
「字幕」なしに観たのがトムクルーズ主演の
「アウトロー」。

字幕付きであらためて観直してから
「グレイヴエンカウンターズ」
「96時間(TAKEN2)」
「アルゴ」と、立て続けに三本も。これで
「映画欲」はちょっと解消された。しかし
レンタルしてある残り三本も
早く観たいところだ。


さて、昨日ついに
タイに帰国するエアチケットの延長をした。

悩んだ結果十月一日の便に。つまり
あと三ヶ月もの間ニッポンに
滞在することになったわけだ。

おいおい。
だいじょーぶか、オレ。

引き止める要素など何もないまま、こっちの
仕事の都合だけで仕方なく決めた日程。仮に某
「〇〇〇〇」の話が決まった場合、
後期授業開始は九月△△日なので、それに
合わせたカタチだ。そして、
十月半ばにはSゲちゃんの仕事を
バンコクで手伝わなければならない。

加えて、タイに戻ったら早速
「FOB」の勉強のためにラヨーンの
家具工場の見学にも行かねば。

何だか忙し気だなあ。しかも、
すぐに収入になるような話でもないのだから
モチヴェーションだって上がるはずないのだ。

ニッポンの生活に、すでにかなり
「窮屈さ」を感じているオレとしては、正直
かなり心配。だから今後は、こっちでもある程度
「ユルく」させてもらうことにしよう。

でないとムリだぞ。マヂで。


やわらかい話。
やわらかい話はないかなあ。
女子関連とか。

黙ってても誰も誘ってくれないし。
いっそのこと
「飲み会」でもやるか。

ん?何?
「街コン」だって??

そ、そ、そ、そ、それって
どーやって参加するの??

う~む。

よく分からないんだけど。

|

2013年7月 4日 (木)

足りなかった「何か」にやっと気が付いた

「いいオンナだなあ。マヂで」


たまたまTVでやっていた映画
「ロストイントランスレーション(2003年、米)」
を観ながら、溜め息混じりにひとりつぶやく。

主演女優はスカーレットヨハンソン。当時
十九才でありながら、放たれる
「色気」は相当なモノであり、そーいう女子を
「いいオンナ」とオトコは呼ぶ。

「可愛い」でも「キレイ」でもなく
「いいオンナ」。ハッキリとした
「差」があると思うのだが如何だろう。

ヨハンソン嬢を観ていたいが為、
途中からだったにもかかわらず、ついつい
最後まで観てしまったが、そー言えば
「映画」そのものをここしばらく、つまり
ニッポンに来てから一度も観ていないことに気付く。

「何かが足りないな」とずーっと感じていたのだが、
それが原因だったとは分からなかった。たしかに、
TV番組なんてどれを見たって、ビックリするほど
「つまらない」ことこの上ないし、時間があると
たまにチェックしていたスポーツ、例えば
「F1」や「LPGA」などでも、特に
感動するシーンはなく、流れるようだったからな。

そう考えてみると、やはり映画を観て
「スゴイな」と感じる非日常の世界が
「刺激」となってオレの生活にある種の
「活力」的な何かを与えてくれていたのだろうか。

なくてもそれほど問題はないけれど、あるならば
「ドバッ」とかけたい
「ピリッ」とするスパイスのようなものなのかな。

多分今、それをすごく欲しているのかもしれない。


どんな人でも、生活にはある種の
「ルーティン」が存在するわけで。

例えばオレの場合なら、シャワーは朝。
食事の後には必ず歯を磨く、などなど。

空いた時間に何をするかの優先順位も
人によって差があるのは当たり前で、
「映画を観る」が断トツ、次に
「日記」「サッカー」「スパ銭」あたりか。

サッカーはリーグ戦がシーズンオフなので、
それ以外は結構満たされている(昨晩も「スパ銭」)中
「映画観賞」だけがここまでおざなりにされたことが、
過去にどれほどあっただろうか。たしかに
海外旅行中はどーしてもそうなりがちだが、ここまで
長期に及ぶのはヒジョーに稀なケースだろう。

理由は簡単で、現在の合宿先の
リヴィングは中学生の娘に、寝室は
共同経営者に管理されている為、
好きなようにできないからである。

「よし。映画を観るぞ!」

午後から夕方までの実家のリヴィングなら
気兼ねしずに観られるはずだから、早速
今から行って来よう。

今日のランチは静かだし、
夜はシフトに入っていないからね。


何かオモロい映画が

あればいいのだけど。

|

2013年7月 3日 (水)

ひょんなことから郷愁にかられるケースもあるわけで

泉さん♪承認してくれてありがとうございます♪
私、看護師してるんですけど、フェイスブックって本名でやらなきゃいけないじゃないですか??
それで患者さんから申請が来るんです。来るだけだったらいいんですけど、嫌がらせとかされて、もう疲れちゃって(ToT)
だからフェイスブックやめようと思ってるんですけど泉さんと仲良くなりたいな♪。
泉さんが知り合いかもに出てたし名古屋市出身だから思い切ってボタン押しちゃったんです(^◇^)
よかったら私のを教えてもいいですか??

△△△△@i.softbank.jp
もうやめちゃうからこっちでお話したいんですけど。。。
嫌だったりしますか?(゜o゜)
せっかく勇気出して送ったから仲良くなりたいんです(*^^*)
信じて待ってますね(>_<)


某店の管理人として、
記事を更新していくことを目的に、いよいよ某
「Facebook」なるものをやらされているのだが、
始めてから一ヶ月後くらいに、いきなり
知らない女子から友達申請があって、相手は
二十三才の看護婦とのことで、
「ま、いっか」と受理したら、怪しいメッセージが。

これって150%
「釣り」だよね?

「ネカマ」ってやつ??

写真があまりにも可愛過ぎるしこの程度で
騙されるヤツいるのかな。世の中にそんな
ウマい話なんてあるわけないのにさ。

せっかくだから、このあと
「どーいう具合に持って行く」のか、ちょっと
様子見てみようかな。おそらく
「オレオレ詐欺」的なパターンだろうけど。
って言いつつ、結局、
誰からもメール来なくて
寂しいだけのような気もするが......。


昨日は、ひさしぶりにゴルフに行って来た。

四日市にある某
「〇〇〇〇CC」という
ちゃんとしたメンバーコース。

ニッポンのゴルフ場はやっぱりめちゃキレイで、
「接待」ぢゃなく気のおけないメンバーだったから
けっこう楽しかった。
もう七月なのにちっとも暑くないし、薄曇りで
ゴルフには絶好のコンディションだったしね。

ギリギリ百切った程度のスコアだったけど、
気持ち良いショットもいくつかあった。
プレイ代一万円弱はオレにとっては安くないが、ま、
たまにはいっか(半額券使用)。

後ろの組が男女カップル二人で、おまけに
女子が若くて花柄のミニスカートだったりして、
ちょっぴり羨ましかった。最近では
「ゴル(フ)コン(パ)」なるものが巷では
「ブーム」だと聞くので、一度是非
参加してみたいものだ。

いや、やっぱり
タイの安いゴルフ場で、朝一番に
若いキャディーと二人きりで廻る方が
ずっといいや。


ああ。
早くパタヤに

帰りたいなあ。

|

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »