« あと三ヶ月近くもニッポンに居なければならないのならば | トップページ | 女人に触れずの二ヶ月は過ぎ »

2013年7月 6日 (土)

某「百円ローソン」及びカップ麺の素晴らしさを認めた上で思うこと

「やっぱりウマいなあ」


先日、実家の近所にある某
「百円ローソン」に寄った時、ついつい
「カップラーメン」をいくつか買ってしまった。

いかにも体に悪そうだし、ただでさえ
ポテトチップスなどスナック菓子を筆頭に
「ジャンク」好きなオレにとって、できれば
手を出したくない領域の食べ物なのに、その
「レヴェルの高さ」故ついつい食べてしまう禁断の
「ファストフード」。

それにしてもウマい。

ニッポンの食べ物は基本何でもウマいけど、
「カップラーメン」の素晴らしさは、一度
外国で生活してみると、海外製品とのその
「差」が際立って分かるのではなかろうか。

ただ海外、例えばタイでも
ニッポンで購入する約二倍の料金を払って
わざわざ買って食べるほどの価値はないわけで、
逆に言えばこっちで買う分には、特に
「百均」的なところでならば、その味から得られる
「お値打ち感」は相当なものであり、それが
頭では充分に分かっているからこそ
「危険な食べ物」と警戒はしていた。

そうそう。そー言えば
「噂」の某
「マルちゃん製麺」は一度食べてみた。

たしかにウマいけど、やはり
「袋麺」だけに作るのに若干の手間がかかる。比べて
蓋をはがしお湯をかけて待つのみのカップ麺。たった
三十数バーツで食べられるなら、例えば同じく
「ジャンク」な屋台のラーメン(クイティアオ)より
どれだけウマくてマシか、と、タイ在住のオレは
心から思うのであった。

一時帰国後、スーパーマーケットで値打ちな食材を探し、
納豆梅干しらっきょうキムチを代表する
「体に良さそうな加工品」と共に
ほうれん草マッシュルームプチトマト等の野菜で
サラダを作ったりして、店から持って帰る
「前日の売れ残りパン」と一緒に朝ごはん。

夕方に近所の某
「讃岐うどん」「回転寿司」等で外食。もしくは
少し足を伸ばしてインターチェンジ近くの某
「〇〇」で餃子をいただく、という
「パターン」にそろそろ飽きてきた今、手軽な
「カップ麺」に頼ってしまうのも、時期的には
仕方のないことか。

今回、最初に食べたのは某
「エースコックのカレーヌードル
(ココ壱番プロデュース)」という商品。

いやもうまったくウマいとしか言いようがなく、
百五円でコレなら充分合格である。

ちなみに、個人的に好きなブランドは
「マルちゃん」が断トツであり、某
「赤いきつね」「黒い豚カレー」など
「色付きうどん」シリイズはとにかく素晴らしいが、
値段も若干お高くて、相場はだいたい
百三十八円といったところか。

「そのくらい出せばいいのに」と思われるかもだが、
「貧乏性」がすっかり身に付いてしまったからか、その
三十三円(十バーツ強)の差はいかにも大きく感じる。
しかし、やはり
「百均」に売っている某
「エースコック」の商品は正直な所
「クオリティー」が落ちるのは否めないし、特に
「大盛りシリイズ」は安かろうマズかろう感が強い。

そこでオレがチョイスするのは、某
「百円ローソンオリジナル」もしくは
怪しいブランドのシンプルな
「中華そば」系である。
過去に試してみたけど、これらはそう
大きくハズすことがない。

そんなわけで、なんだかんだと
「ブツブツ」独り言を漏らしつつ、某
「百円ローソン」で千五百円ほど買い物をして、
「こんなに買っても千五百円かよ!」と
「ベタ」な驚きと共に家路につく。


「こんな店がパタヤにあったらなあ」

心の底からそう思うが、逆に言えば
「他のものは何でもある」のだから、
やっぱりパタヤは

スゴイところだな。

|

« あと三ヶ月近くもニッポンに居なければならないのならば | トップページ | 女人に触れずの二ヶ月は過ぎ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事