« ジェネレーションギャップの深さに悩み続けて | トップページ | ◯ァッ◯な事柄や人々について愚痴ってみる »

2013年8月21日 (水)

三ヶ月経っていよいよ目覚めたオレの中の抗体

「ついにきたか」


恐れていたことが起こり始めた。

元々ヒドい
「アレルギイ性鼻炎」持ちのオレ。

もう随分長い間季節を問わず年中悩まされていたし、
耳鼻科で月に一本打つ注射も毎日飲用する
「漢方」系の薬も、医者から言わせれば
「気休め」でしかなく、病気とは違って
「体質」なのだから、そう簡単に
「改善」することもないし、まあ基本は
「一生付き合う」覚悟で。との話だった。

ところがタイに移住してからは、ものの見事に
「ピタッ」と症状が治まる。

一時帰国してNセンセーに尋ねたところ
「そりゃ<抗体>が違うからねえ」。

「抗体」?

調べてみてもややこしくてよく分からぬが、ともかく
環境が大きく変わって
「アレルギイ」が反応しないのならば、
それほど有り難いことはないわけだから、心おきなく
「ゆるゆる」タイ生活をエンジョイしてきた。


あれから約五年。

天気の都合なのか何らかの
「花粉」的なモノに反応するのか、ごくごくたまに
「くしゃみ鼻水鼻づまり目のかゆみ」といった症状が
出ないわけでもないが、それでも以前に比べれば
「激減」であり、気にするまでもない程度。
ひょっとすると、環境に慣れていくに従って少しづつ
増えるのかもしれないけれど、仮に、
そうなればそうなった時の話である。

で、ニッポンに戻ってきてから三ヶ月。
「お盆」の後半辺りから急におかしくなり、
今日でもうすでに四錠も、タイから持って来た
「新薬」を飲んでいる。某
「Nasolin P.L」という鼻炎の薬であり、
症状はすぐ治まるが眠気に襲われるし、かなり
「ボーッ」とするので仕事中は危険だ。

予想していたことではあったが、実際
こうなるともうキツい。

原因がいったい何なのかまったく
不明なので困ったものだが、おそらく
三ヶ月という期間が関係しているのではなかろうか。
よーするにオレの体の中の
「抗体」とやらが、ある程度月日が経ってようやく
ニッポンに居ることを思い出して
「目覚めた」のか。もしくは、
「タイに帰りたい帰りたい帰りたい」と思うあまり、
体が拒否反応を示し始めたとか。

どちらにせよ、
これが続くようならいよいよヤバい。

「鼻炎」を理由に帰国というのもどうかとは思うが、
「切実」なのは、アレルギイをお持ちの方になら
分かってもらえるだろう。


さて、どーする。

もう少し様子を見るしかあるまいが、
とりあえず今日のところは
「スパ銭」にでも

行くことにしよう。

|

« ジェネレーションギャップの深さに悩み続けて | トップページ | ◯ァッ◯な事柄や人々について愚痴ってみる »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事