« 「オトナの遊び場」ってのも、あるところにはあるものなのだ | トップページ | 公共交通機関症候群? »

2013年9月14日 (土)

音楽の持つ力についてあらためて思う

「う~ん。いいやん!」


テラスで腕組みして独り税に入るオレ。

店のB.G.Mで、パソコンに入っていた
「タイポップ」をかけてみたら、これが
なかなか良いのだ。

「ボサノヴァ」っぽい曲や
「昭和歌謡」的なのが特に素敵で、店の雰囲気が
「まったり」するというかなんというか、とにかく
「悪くない」感じなのである。

ポップスなので全部歌入りだがお客さんはおそらく
メロディーだけなんとな~く聴いてるんだろうなあ。
まさかタイの歌なんて分かるはずもないから、
「ネタ」を知るオレとしてはちょっとした
優越感に浸りつつも、やはりタイのことを
懐かしく思い出してしまう。

「タイポップ」がフツーにかかってる喫茶店なんて
ニッポンにはなかなかないだろうが、それにしても
こんなにしっくりくるとは意外だったな。

オレだけがそう思うだけぢゃなく
お客さんにも気に入ってもらえれば良いのだが......。


今朝バンコク出張から戻ったばかりの
Tちゃんが、午後、お茶飲みに来て
「雨がスゴかった」と言っていた。

ホテルの前が冠水して大変だったらしい。
雨季も終わりに近づいて今が一番激しく、
洪水になるのはいつも十月なのだ。

Sバ君達ご一行が十月四日から八日まで、そして
SゲちゃんTちゃんが九日に一泊でトランジットした後、
十三日から十七日まで滞在。てことはしばらくの間
大嫌いなバンコクに居なくてはいけない。しかも、
十一月には又二週間程、例の
「米麺」の販売を手伝うことになっている。

ラヨーンの家具工場見学にも行かねばならないし、
何だか結構忙しそうだなあ。

そうそう。そーいえば
マレーシアのクアラルンプールで、友達が
寿司屋の店長をやっていて、金持ちの間でなかなか
評判が良いらしく、一度遊びに行こうかなと。後は
フィリピンでちょっとビジネス絡みの話もあるし......。

で、来年の五月には父親の二十三回忌で、また
ニッポンに来なくては。

「寒い間はゼッタイに戻らないから」と、
廻りの人達にはしつこく伝えてあるから、
おそらくそれが最短だろう。

ゆっくりできるかなあ。と、
ちょっと心配だが、考えてみれば普段
「何もしていない」のだから、とにかく
パタヤに戻りさえすればだいじょーぶか。

店のテラスでずーっとタイポップ聴いてたら、
なんだかニッポンぢゃないみたいで
ヒジョーに居心地が良い。

ああ。もっと早く流せばよかったな。

いや。違う。多分今だからいいのだ。

最初からこんな感じでは、おそらく
仕事にならなかったろう。

音楽というのはそれくらい強い
影響力を持っているのだ。

だから、このまま店で
「タイポップ」を流し続ければ、
いつかきっと何かが起こるはず。


な~んて、オレが帰ってしまえばどーせ
スタッフが勝手に好きな曲
かけるに決まっているのだ。

そしてまたダメになるのだ。

フンッ。

|

« 「オトナの遊び場」ってのも、あるところにはあるものなのだ | トップページ | 公共交通機関症候群? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事