« 公共交通機関症候群? | トップページ | 「のんびり」の価値についてあらためて思う »

2013年9月24日 (火)

「イマドキ」のニッポン女子にはキッチリ謝罪しなければならない

「おにーさん仕事中に音楽聴くんですか?」
「いえいえ、聴きませんよ。これファッションなんです」
「え。流行ってるんですか?」
「あれ。ニッポンでは流行っていないのかな」
「ニッポンでは?外国で流行ってる??ていうかなんで
ピンクにしたんですか?」
「いやあ、ピンクが可愛いかなと思って......。
在庫がなくてわざわざ入荷待ちまでしたんですよ」
「ふ~ん。そうなんだ」


「ipod nano」を失くしてしまい、仕方なく今回は
「ipod shuffle」を購入。喜んで、シャツに挟んで
襟の下からイヤホンを垂らしたまま仕事をしていたら、
早速お客さんにツッコまれた。

女子大生(おそらくS大)四人組のうち一人が、
どーしても気になったのか次々と質問して来るのだ。

いいおっさんが年甲斐もなく
「ピンク」をチョイスした件が
癪にでも触ったのだろうか。彼女の口調に
「剣」が含まれているように感じられたのは勝手な
思い過ごしかもしれぬが、だとしても
「ほっとけ!」という心境ではあった。

ただ、前にも書いたけど
飲食店スタッフが客にいぢられるのはある意味
「光栄」なことであり、そこまで聞くのならば
「三十六才蟹座のO型バツイチ子供なしです」と、
皮肉も込めて教えて差し上げようかとも考えたが、
生憎忙しかったのでよしておいた。

それにしても
「イマドキ」のニッポン女子は本当に積極的だ。

店のスタッフに聞いたところ、
「パスタおいしかったです♡080-×××-△△△△」
など、イケメンスタッフがお客さんから
「伝言メモ」を渡されたりすることも、過去には
けっこうあったらしい。

ま、オレの場合は
「テリー伊藤が来た!」とか
「ネタ」っぽいパターンばかりだが、だとしても
「いいオトナ」を捕まえて、初対面でそんな風に
「からかう」度胸は大したものだと正直思う。
もちろん、前提として
「この人ならいぢってもだいじょーぶ」という
「ウェルカム」オーラを放っているからにせよ、
一昔前の女性客には考えられなかったことだ。

大歓迎であると同時に、何だか
「ドギマギ」してしまって、気の利いた
「返し」のひとつもできない自分が情けなく、
「まだまだだな」と思うのであった。


もうひとつ、重大な件がある。

約五年間ニッポンを離れていたわけだが、
オレの知らないうちに、(特に若い)
女子の容姿のレヴェルが格段に上がっている。

足が長くなり真っ直ぐになったし、
「カワイコちゃん」が相当増えた。

普段仕事で、某
「〇〇〇〇」にずっと居るわけだが、
この店のお客さんはかなりレヴェルが高く、
美しい女子ばかりで本当に驚く。

昨日も、ランチタイムに
二十代前半の上戸彩嬢風女子が
「ニーハイ+ショーパン」姿でやって来て
「A6のコめちゃめちゃ可愛い♪
ニーハイいいなあ。ニーハイニーハイ!」
などと騒いでいたら
「ニーハイなんてもう古いですよ」と、
三十二才シングルマザーのアルバイト
A山ちゃんに一蹴されてしまったが、そのコは
マヂで可愛らしくてビビった。

で、夜、今度は
「お人形さん」みたいなタイプの
「カワイコちゃん」がやって来て、個人的な
「好みのタイプ」という域を超越して本当に
「透き通る」ような美しい少女であった。

点数を付ければ九十点以上。もしオレが
「スカウト」なら即声を掛けるくらいの
「芸能人」並みのレヴェルのコが
「しばしば」やって来るのだから、
「客層」のレヴェルの高さが
分かるというものであり、滞在中は散々
「目の保養」をさせてもらったものだ。

街を歩いていても昔とは違う。
「三大ブサイク都市」などと言われたのは
もう過去の話。

タイに移住してからは、ずっと
「タイガールはスタイルがよく
ニッポン女子はダメダメ」等
「ブログ」などにずっと綴ってきたけれど、
「反省」の気持ちを込めて
「撤回」させてもらおうではないか。

「イマドキ」のニッポン女子の
「容姿」は本当に素晴らしいし、
世界に出してもまったく恥ずかしくはない。
「ホスピタリティー」要素を含めれば
「世界有数」と、胸を張って言えるくらい。

失礼なことばかり言って本当に
申し訳ございませんでした。

この場を借りて謝罪いたします。


そんなニッポンを離れるのが
ほんのちょっとだけ寂しいと、
最近は思うのだ。

それだけのこと。

|

« 公共交通機関症候群? | トップページ | 「のんびり」の価値についてあらためて思う »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事