« 若きタイガールの劣化現象に怯えてみたりする | トップページ | 十一月二十八日は〇〇〇〇〇〇記念日 »

2013年11月21日 (木)

郷に入っては郷に従う予定もまた未定

ただ、Cク嬢の場合は当時から相当な
大酒飲みで毎晩飲み歩いてたし、メイクも毎日
「ビッチリ」決めて朝までずっとそのままとか、
落とさずに寝たりとかしてたから、まあ、あの
「お肌の劣化」は仕方のないこと。

注意してたんだけど、ちっとも
聞かなかったからなあ。某
「ビオレクイックメイク落とし」(?)でも
渡しておけば良かったのか。

あと、彼女はかなりファンキイな性格で
酔っぱらうと手に負えなかった。一度某
「タワンデェーン」的なイサーンディスコで、
同じく酔っぱらいのおっさん捕まえて何度も
「アイヒア」(フ○ックに相当する汚い言葉)と
罵りながら掴み掛かっていくので、
警備員と共に押さえるのに必死になったのを
今でもよ~く覚えている。
もちろん追い出されたが。

軽くお尻触られたくらいであれはないわ。

相変わらずな感じで元気そうだったけど、
何だか心配だなあ.....。


さて、話は変わるが、昨日午後突然
何の脈絡もなくカレーライスが食べたくなり、某
「ココ壱」に行ってみたら、なんと閉店していた。

某「センタン」にある(った)同店はラチャダーの某
「エスプラネード」に続く国内第二号店であり、
てことはもうけっこう昔からあるのに、前を通る度
「これでよくやっていけるな」というくらい店内は
「ガラガラ」だったから、まあ、長く保った方だが。

隣接の某オイシグループ看板店
「shabushi」(開店鍋ブッフェ)がいつも
「ウハウハ」だったこともあり、その差は
「歴然」。結局のところ
「sushi」「shabushabu 」(店名由来)は
西洋人にも受け入れられたのにニッポンの
「カレーライス」はダメだったってことか。

当初タイピープルにもウケが悪かったけど、
地道に続けるうちようやく受け入れられて、
最近では店舗数を伸ばしている某
「ココ壱」のカレーがもう食べられないと思うと、
ちょっと寂しいなあ。ま、元々
そんなに利用していなかったが、
なくなられては結構困る。そもそも、
パタヤにはニッポン食の店が少ないからね。

これでもう残るニッポン食(タイ法人除く)は
「八番ラーメン」のみである。

更に隣接の安価な飲茶と中華料理の店、某
「kanton house」も閉まってしまったし、
これはいよいよ
「タイ料理にシフトせよ」ということか。


で、ついでに某センタン内の
「B2S」という文房具店に、来年の
「予定表」を買いに訪れると、去年購入した
バインダーに挟むタイプの、いわゆる
「ルーズリーフ」的システムノートの
「2013年度版」の在庫が山積みだった。

「これの来年版はいつ入荷するの?」
「さあ」
「ていうか、もうすぐ2014年でしょ」
「そーだね」

相変わらずの店員のゆる~い反応で、入荷は
来年になってからとしか思えないし。

実はコレ毎年そうなのだけれど、
スケジュール帳自体がノートになった商品にしたって
翌年になると二度と同じモノはなく、
こっちとしてはずっと揃えたいのに、一年一年で
変わっていってしまうのだから困る。

いったい何故こんな状況なのか。

答えは歴然。
「需要がないから」だ。

「その日」「その日」で予定を組むことのない
「江戸っ子」気質のタイピープルに
「予定表」など必要なはずもないし、実際
そんなモノを持ち歩いているタイガールを
一度も見たことがない。ま、それは単にオレが
「OL」とお付き合いしたことがない為かもしれぬが、
例えば、ニッポンの人妻が
「表」と「裏」の二冊持ち歩くのとはワケが違う。

だから、たかがこの程度の仕打ちでいちいち
「イラッ」とくるまでもなく、
「予定表など持ち歩くなってことね」
という風に解釈するのが正解なのだ。


そもそも、オレにだって
「予定」などない。
今持っているものに書くのだって基本
サッカーやF1の放映時間くらいのこと。
あとはVISAの期限くらいか。

「もっともっとタイに馴染め」

そう言われているような

気がしてならないのだが。

|

« 若きタイガールの劣化現象に怯えてみたりする | トップページ | 十一月二十八日は〇〇〇〇〇〇記念日 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事