« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月27日 (金)

パタヤで初めて経験した二つのこと

今持っている観光ヴィザの延長を申請する為、
パタヤビーチの隣りのジョムティエンビーチにある
チョンブリ県のイミグレーションオフィスに
初めて行って来た。

メチャ混みのバンコクと違って全ての作業がわずか
三十分足らずで終了。これで晴れて
「パタヤ市民」(?)になれた気がする。
どこのイミグレでも担当係官の態度は横柄だし、
九十日間のヴィザの六十日消化時点でわざわざ
三十日間延長を申請しなければならぬ件や
千九百バーツの手数料を取られる件に対し大凡
納得できるものではないにせよ、それもこれも、まあ
良しとしようではないか。なにしろ(オレにとっての)
「パラダイス」に住まわせてもらえるだけで、充分
有り難いことなのだから。


それにしてもこの寒さはいったいどーしたことか。

「寒い」と言っても、夜の気温が
15℃以下まで下がる程度の話ではあるが、それでも
常夏の地故寒さに弱いタイピープルは、急に
「焚き火」を始めたりするから面白い。まあ、実際
慣れているオレでも、夜中や朝方に
バイクを運転したりすれば相当に寒さを感じるわけで。
おそらく寒気団的なものが停滞しているのだろうけど、
この時期にこれほどの寒さが一週間も続くのは
過去に経験がない。
普段着れない服が役立つし、何となく
楽しい気分でもあるなりに、昼間との温度差で
体調を崩しがちなので気をつけねばなるまい。

そんな中、やや
「熱い」感じなのは知り合ったばかりの55嬢
Mとの関係なわけだが、十八才という年齢の割に
まるで幼い子供のようであったり、逆に
妙に大人びていたりするその
「ギャップ」がなかなか新鮮なのである。まあ、
気紛れタイガールのことだから、どうせ
長くは続くまいが。

あと、興味深いのは彼女が同居している
二十五才の55嬢Tーイとカレシ(?)の
十八才のトムボーイの間柄であり、毎日のように
部屋を訪れて一緒にごはんを食べたりするうち、
「レズカップル」の行動パターンや若いコ達の
「生態」が徐々に分かってきた。また、
「パーサーワイルン(22122232)」すなわち
「若者言葉」を交わす彼らの会話は理解し難いなりに、
とても勉強にもなるので楽しくもあるのだ。

自分のことは棚に上げてとにかく嫉妬深い
「トム」の激しい感情の起伏を知った上で、
なだめてすかして落ち着かせ、
「喧嘩しては仲直り」をひたすら繰り返す。
なんとな~く想像はしていたけれど、実際
目の当たりにしてみると、その
「恋愛ゲーム」みたいなやり取りが確かに
「なるほど。楽しいかも」と思える。単に
「不毛」なだけでは決してない
「何か」が、そこには存在するに違いない。

現状、巻き込まれたくはないが、いつかそこに
混ざってみたい気もしなくはないな。と、まあ
ひたすら単調な生活の中にも、たまにはそんな
ささやかな娯楽があってもいいではないか。

そのうちきっと起きるだろう
「修羅場」を、今から密かに
楽しみにしているのであった。


昨日というか今日の朝方の帰り道、車を運転中、
飲酒検問に遭遇した。

「こんばんは」
「こんばんは。何かありました?」
「いえ。飲酒検問です。どこに行ってましたか?」
「友達の家です」
「お酒飲んでます?」
「飲んでませんよ」
「そーですか。では、気を付けて」

小遣い稼ぎであろう昼間のバイクの検問
(無免許、ノーヘルなどが対象)はしょっちゅう見るが、
パタヤに来てから飲酒の検問は初めてだった。
考えてみればケーサツ官と話すのも初であり、
「ニッポン人(カモ)だから停めて因縁をつけよう」
などということもなくすんなり通過できたのは、実際
お酒を飲んでいなかったのが主な理由だろうけれど
(この点はヒジョーにラッキーだった)、やはり
「(よそ者でなく)パタヤ市民として認められたのだ」
という、相変わらずの超ポジティヴ思考。

在タイ歴も六年目に突入し、いよいよ
「円熟期」に入りつつあるのを自覚しつつ、
ついつい気を緩めてしまいがちな一方で
「引き締めなければ」とも、

あらためて思うのであった。

|

2013年12月20日 (金)

パタヤにおけるポッコリお腹とガールフレンドとの関係

すっかり遊び癖がついてしまい、
困ったことがある。それは
ビールをやたらと飲むようになった為か、
体重が元に戻らないと同時に
「ポッコリ」お腹も定着してしまった件。

バンコクに住んでいた頃、遊びに出掛ければ例えば
「55バー」では水かアイスコーヒー、ディスコでは
ウィスキイをソーダと水で割ったものがほとんどで
ビールを飲む機会はあまりなかった。
ごはんを食べる時も相手に付き合う程度であり、
自らすすんで飲むことなどほぼない。理由は
・そもそも味があまり好きでない。
・お腹が膨れてしまう。
・太るのがコワイ。などなどなど。

ところがパタヤではそうもいかず、何故ならば
・ウィスキイのボトルをキープするシステムの
ディスコが少ないしそもそも行かない。
・「55バー」はドラフトビールが最安値の店が多い。
からなのだけど、いつの間にか段々とビールを飲む
クセがついてしまい、結果、
バービアでサッカー観戦する際などにもついつい。

銘柄は主にフィリピン産の某
「サンミゲルライト」。比較的炭酸が薄く、
マナオ(ライム的な果物)を絞って飲むスタイルが良い。
国産ならば、なんとな~く
「リオ」が一番ウマい気がする。いずれも約
5%アルコールが入っているのに何故か
ちっとも酔えない。というか、
「テンション」がアガらない。にも関わらず
一日に五本も六本も飲むと次の日に残るので
「タチ」が悪い。

と言っている間に、目の前に座った学生の一団の中に
「メチャメチャ」可愛いコを発見!おそらく
十九~二十一才であり、ほぼスッピン。例えるならば
「セーラー服と機関銃」時代の薬師丸ひろ子嬢を
「85%」に絞った感じだろうか。まさに
「絶品」である。全部で十一人居る中で、少なくとも
三人はかなりのカワイコちゃんなのだから実際驚きだ。

う~む。やっぱり
バンコクはスゴイなあ......。

ちなみにここは〇〇〇〇にある二十四時間営業のカフェ。

今年最後の重大な仕事を昨日無事終えて、今日午後に某
家具会社の社長とのアポイントを済ませてから
パタヤに戻る予定。

年末は恒例のフリイライヴで楽しみ
(ボディースラム、ダーなど今年は豪華メンバー)、
来年早々には師匠が遊びに来て、一月半ばには
Sゲちゃんが四日程来タイ、そしてTちゃんと共に
二十二日から四泊五日のマレーシアツアー
(マラッカ→クアラルンプール)だ。

なかなかいい感じの予定ではないか。

ちなみに、この後某ショップで
映画のDVDを三十五枚購入するので、
ヒマを持て余すこともしばらくはあるまい。


ところで、遊び癖がついたキッカケはと言えば、
「女子友達が欲しいなあ」と、ある日
「ふ」と思った件だ。いつものように、夕方
カフェで独りコーヒーを飲みつつ、前回
ニッポンで買って来た本がそろそろ尽きそうになり、
「ニッポンに居た頃はよく女子友達と一緒に
お茶を飲んだなあ」などと、ついつい
センチメンタルモードに入ってしまったのだった。

それ以来バービア巡りをしてみたり、某
ディスコで真剣に声を掛けてみたりしたところ、すぐに
二人の友達ができた。
タイガールは本当に優しくて、
「独りで来ているの?」
「そう。友達いないんだ(泣くフリ)」
「何言ってるの。私が友達ぢゃん」みたいな感じの対応を
「プロ」「アマ」問わずフツーにしてくれるのだ。

遊びに行く機会が増えれば、たしかに
お金も多少は使うが、それでも相変わらず
「コスパ」は抜群に良い。もちろん
タイ語は必須だけれども、逆に言えば
タイ語さえある程度話せれば、誰でも
「女子友達」なんてすぐにできるということ。

ニッポンに居た頃はどうだったかなあ。

ま、そんなに苦労した覚えもないけど、
お金はけっこう使ったよな。やっぱり。

あと、問題はセックスだ。

知り合ったその日に寝て、
そのまま友達になる。な~んてことはまずないわけで、
そこがもっとも大きな違いだろうか。

オレの知る限り、
「セ(ックス)フレ(ンド)」に一番近いタイ語は
「ラックサヌックテーマイプクパン(3321111321122)」。
直訳すれば
「愛するのは楽しいけれど縛らない」となり、つまりは
そーいうことだ。
「どーして恋人が居ないの?」という問いに対し、
「ユウコンディアウサバーイクワ
(1122222222211独りで居る方がいい)」と答えた後、
「恋人や愛人に縛られたくない」という意味で使う言葉で、
一旦は同意するタイガールも結構いる。ただ、
そのうち守れなくなるだけの話である。

個人的な経験上、いわゆる
「セフレ」関係が一番長く続いたものだが、それは
おそらく人によるのだろうなあ。

そんな中、一番のお気に入り、つまり某
「〇〇〇〇〇〇〇〇」のN嬢とは、未だに
一緒にごはんすら食べていない。
いったいどーいうことなのか。

「関係が発展する」ことから
「壊れることが始まる」のを恐れているのかな。

う~む。よく分からん。


分かるのは、
パタヤにて女子友達を作る時は、やはり
「ポッコリお腹」もセットだということ。

あと、間違いなく言えるのは
「女のコの存在自体が好き」で
「興味津々」であるってことか。

でも、一番興味があるのは、結局のところ
いつまで経ってもよく分からない

「自分自身」についてなのだよね。

|

野球になんて全然興味もないクセに

21.87097。

一体何の数字なのか。

平均年齢である。
それ以上は言うまい。

昨年の頭から数え始めて、三十一県目は
チャイヤプーム。
タイ全土で七十七県あるから、まだ
半分にも満たないことになる。実際、
「コンプリート」なんて気が遠くなるような話だ。

ちなみに最多は
ブリラムとスリンの四。次いで
ウボンラチャターニーとバンコクの三。
これらの数字から何が見えてくるのか。

............。

オレってホントにアホだよなあ。
ただ、それだけだ。


久し振りにバンコクにやって来て思うのは
「やっぱり大都会にはカワイコちゃんが多いなあ」
ってこと。所詮パタヤは田舎なのだ。

特に深夜一時過ぎ、フアイクアンの某カフェの
ガラス越しに外を眺めていると、次から次へと
可愛らしいタイガールが目の前を通り過ぎて行く。
たしかに、暑い時期とは異なり寒くなって
ファッションが華やかになった件もあろうけど、
それにしてもなあ......。

しかし、一緒に居るTちゃんはさほどでもない様子。

もちろん好みは人それぞれだが、どうやら彼は
タイガールそのものに対する興味が以前に比べ相当
「薄れた」みたいなのだ。一方オレはと言えば、
「いやいや。いいわ~フアイクアン」と、その
深夜まで賑わうローカルエリアを絶賛してやまない。
「プロ」「アマ」を問わず
「キッチリメイク」の女子がほとんどだけれど、例えば
「スッピン美人」満載でまさにウハウハの
ウドンターニー繁華街周辺の雰囲気とはひと味違う
レヴェルの高さ。と、個人的には思う。

また、近頃つくづく
「良かったなあ」と実感するのは
「ストライクゾーン」の広さだ。野球に例えて
「見逃さずに打てる」異性の範囲を示す表現だが、
タイガールに限らず、オレの場合元々これが実に
広い。というか、少々の
「ボール球」だろうが構わず打てる
「気概」がある(?)と言った方が、ひょっとすると
正しいのかもしれない。もちろん空振りだって多いし
ファウルチップもしょっちゅうなのだが、それでも
「参加することに意義がある」などと勝手に解釈している。

仮に、ボールの高さを
「年齢」に例えるとするならば、
「ハイボール」には興味ないが
「ショートバウンド」でも打つ。


はあ。

オレは朝っぱらから

何を言っているのか。

|

2013年12月 6日 (金)

たまには世間一般のことも気にしてみる

別にサボっていたワケではなく、当然
忙しいワケでもない。ただ単に
「書く気がしない」だけのこと。

特筆すべき事件も起こらないし、精神的に
ヒジョーに安定している証拠でもあり、逆に
創作(?)意欲が高い時というのは何かに
「イラ」ついている場合が多く、その
「ストレス」を文章にぶつけて
「スッキリ」するパターンである。てことは、
現在の状況にほぼ何の不満もなく、まさに
「黄金期」を迎えていると言っても良い。

普段の生活に何ら変化はなくただひたすら
「のんびり」と暮らしているだけであるが、
「束縛」「干渉」「依存」「協調」などとは無縁の
自由気侭な毎日がこの上なく心地良いし、
超利己主義な自分にとって理想的とも思える。

がしかし、このままでは
「アッ」という間にボケてしまいそうなので、
世間一般の出来事も少しだけ気にしたりする。
だから、たまにはそれらの件について意見を。

あくまでもボケ防止の一環としてね。


「特定秘密保護法案」というヤツで随分
盛り上がっているみたいだが、アレってそもそも、
えらく鼻息の荒い中国やまったく訳の分からない
北朝鮮など周辺国の脅威に対して万全の体勢を築く為、
関連国からの極秘情報を得易くするのに必要な措置だから
急いで通したいんでしょ。それなのに、
「国民の知る権利」だの何だのと言って
真っ向から反対する意味がサッパリ分からない。

たしかに、
「対テロ防止」という項目に関しては
警察官僚の思惑が過分に働いていて
危ない雰囲気がしなくもないけれど、それよりもっと
危ないのは、中国に完全に狙われている
尖閣列島を取り巻くニッポンの状況ではないのかね。
例えば、単なる
「デモ」とかに関連しそうなニュアンスでなく
「国際テロ」に限定するとかすれば良かったのに、とか、
やはり政府外に第三者機関を設置せねばとか今更言っても
「もう遅い」という状態で法案は通りそうだが、
政府のイメージをここまで悪くしてでも
「ゴリ押し」する裏には、相当に
逼迫している現実があるのではなかろうか。例え
米国からの要望が大きな理由だとしても、である。

「平和ボケ」のような気がしてならないし、
「マスコミ」の報道には大いに違和感を持つ。

ま、あくまでも個人の意見だが。


さて、
「デモ」と言えばタイである。

今日は国王の誕生日であり一旦収束したけれど、
明日からまた再開するということは、結局
国王の意向に反して更に続けるわけであり、
「王室擁護派」を謳う反政府サイドとしては
「矛盾」しているのでは、と思ってしまう。何故ならば
「揉め事なく全ての国民が幸せであることを願う」件など
分かりきっているのだから。

それよりも心配なのは、以前ならば
国内が揉めた時、国王又は王室が何らかの
解決策を出すなりすれば収まったと言うが、オレが
タイに移住した頃はすでにそうでもなくなっていて、
ご高齢と体調の悪さもおそらく多分に
影響しているのではないか。という件。
後継者のことも含め、国民も皆不安なはず。

「デモ」は法律で許されているし、今となっては
「日常茶飯事」でもあるが、どちらにせよ
揉め事は一刻も早く解決して欲しいものだ。


などと気にするフリはしてみたけれど、正直
他人事にしか思えない。もちろん、
ニッポン国籍を持ちタイに居住する身としてはどちらも
他人事で済む話ではないにせよ、
「黄金期」を迎えているオレにとっては
「どーってことない」のである。

人間なんてどこまでいっても

争いが好きな動物なのだから。

|

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »