« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月24日 (木)

イサーンガールの語尾に萌えつつも

我慢するな。
声を出せ。
目を閉じろ。
目を開けるの禁止。
禁止だって言ったでしょ。
狭い。
洪水。
ピンク。
あーでもない。
こーでもない。

これくらいのタイ語は分かるし、分かればまあ、
何とかなるのもだ。

「言葉攻め」とまではいかないにせよ、相手によっては
寝る時に口数が多くなることだってある。
「フィーリング」が合うのが前提であり、当然、
「ベッド・イン」までにある程度の時間を要するワケで、
場合によってはその時間もさほど掛からなかったりする。

今回はどーだろう。実質
一時間くらいのものか。

例えば置屋にて、選んですぐに部屋に行き、
シャワーも浴びずに開始では
そうもいかないのである。


場所はウドンターニーの街角。某
バービアでビールを飲んでいたら、
道路の反対側の屋台で買い物をしている
可愛らしいっぽいタイガール発見
(*遠目だったのでそこまで自信はない)。

白いTシャツをデニムのショートパンツ(ハイウェスト)に
「イン」。足下はやや厚底のサンダル。という
「イマドキ」の若いコならではのファッション。
黒い髪はブラ線までのストレート。
後ろから見る限りスタイルは良い。

「あーいう感じのコがいいんだよな~」と、隣りの
Mセ君にまるで独り言のように話し掛けるオレ。そーやって
「好みのタイプ」を見付ける度、彼には
いちいち報告している。そして既に互いの
「好み」がカブらない件も承知なのだった。

鼻が上向いていていかにも
「イサーン顔」の、近くで見ても可愛らしい彼女、何と
隣りの店のコではないか!
ウドンのバービアに若くて可愛いコが居るのは
なかなかレアであり、その場を放ったらかして
「いそいそ」と一人で移動。

カウンターではファラン男子達が楽し気に盛り上がる中、
ソファー席にて二人の女子店員がお相手だ。
向かい側には二十二才のC嬢、隣りにはお目当ての
十九才のKン嬢が座り、話の合間に早口の
「イサーン語」でやり取りをする。彼女らは当然
こっちが分からないと思って話しているがしかし、
M嬢Pイ嬢コンビに鍛えられた甲斐あって
多少は理解できるようになっているので
なんとな~く分かる。
少なくとも印象は悪くなさそうな感じで、
レディースドリンクの請求もないまま
会話に花が咲く。いかにも田舎のバーだ。

数十分後。
ディスカウントにあっさり応じたKン嬢を
部屋に連れて帰ることに。

田舎ならではの言葉とサーヴィス。
普段とは少し違う気分を味わった。

カタカナ表記は難しいが、語尾に付く
「ドゥー」「ドゥー」(「ウ」と「ア」の間?)という
「イサーン語」に何故だかとても
「萌え」る今日此の頃なのである。


しかし一方で、今回久し振りに
ウドンターニーの街を訪れてみて、
以前ほどの興味は既に失ったことに気付く。

料理や文化や女子の可愛らしさなどと共に
発展しつつある田舎町に感じていた魅力も、
もうさほど感じないのだ。

そういった意味で、今、注目しているのは
チェンマイである。

独特のカルチャーを持つ古都のムード漂う街。
ニッポンで言えば京都のようなイメージだろうか。
近くには山や温泉があり気候も良く、
コーヒー農園等農業関係における興味もあり、
石やタイルなど建築資材が安価らしい件も含め
今後の仕事に繋がる可能性が高い。

バンコクのような渋滞もなく、おそらく
快適に暮らせるはず。少し距離はあるが、某
「エアエイジア」があるし、パタヤを拠点にしつつ、
行き来するのも良いかもしれない。

五月に行く予定があるので、その時に少し
下見をして来ようかなと思う。
すぐに収入になるわけではないにせよ、
いずれ何かをやるのならばバンコクでもパタヤでも
ウドンターニーでもないことはなんとな~く分かる。
となれば、残されているのは(仕事に関して言えば)
チェンマイくらいしかないではないか。

来年からは、いよいよ待望の
「リタイアメントヴィザ」がもらえる。

埋もれていくか
一花咲かせるか。

この国で
「第二の人生」を送る上での

「正念場」なのかもしれない。

|

2014年4月18日 (金)

例年より涼しいソンクラーンではあるが

「う~ん。どーしようかなあ......」


悩みに悩んだ末、今回は
一週間だけ滞在することに決定。

二週間くらい居ようかとも考えたけど、
消費税の上がったニッポンに大した用事などなく、某
「王将」の餃子をたらふく食べるくらいのことなのだ。
だから余計な予定は一切入れず、誰とも会わずに
「サクッ」と帰って来ようと思う。

ついさっき初めて自分で某
「エアエイジア」のチケットを予約した
(*今までは一緒に乗るTカちゃんに取ってもらった)。
サーチャージ空港税手数料全て込み込みで何と
10050THB(*KL経由便)。これは安いぞ!そのうち
「バンコク→ナゴヤ」間の直行便が飛ぶという噂だし、
そーなればもっと気軽に帰れるなあ。

ま、そんな気などさらさらないが......。


それにしても今年のソンクラーンは涼しいな。

「水掛け祭り」はカンカン照りだからこそ
雰囲気が出るわけであって、ちょくちょく
雨が降ったりして涼しい中ではさほど
盛り上がらないのでは......などという
危惧は杞憂に終わり、例年通り
そこら中で大騒ぎの毎日である。

初来タイのMセ君と共に初日だけ参戦したが、
アレはアレでなかなか楽しいものだねえ。
小、中学生女子を見付ければ集中的に局部を狙って水を掛け
「何よこのおっさん。やめてよ!」といった
「獣」を見るような彼女らの鋭い目つきに萌えるM心。
傍らでニコニコ笑う母親達は、オレが
「変態」だとは知る由もなかろう。いや実は
「バレバレ」なのか。

「イズミさんってホント女のコ好きっすよねえ」と
Mセ君に感心したように言われ
「まあ、確かに女子という存在自体は
メチャメチャ好きだよね~」とまんざらでもない。
まだ幼い女子に水を掛ける時おそらくオレの目は
「キラキラ」しているに違いないのだ。

そんな彼だって当然のごとく
「女好き」に決まっているが、向かう
「ベクトル」が少し違うのかも。女子に対し
「純粋無垢」を求めるが故の低年齢化傾向が
年齢を増すごとに顕著なオレなのである。


さて、Mセ君がパタヤに来て一週間が経つが、
時間はあるなりになかなか更新できないのは
「書けないネタ」があまりにも多過ぎるから。

自由奔放に生きてきた彼の話はかなり
オモロいのだけれど、そのまま書けば
「通報」されるような内容ばかり。もちろん
とうの昔に時効が成立しているとしてもだ。

「燃費」のヒジョーに良いオレに対し、
酒でも煙でも入れ始めると止まらなくなる彼。
こっちにきてからはずっと、お気に入りの
「シーシャ」の煙を吸いっ放しなのであり、
嫌いぢゃないから付き合っているとこっちもさすがに
「一酸化炭素」が脳に廻り過ぎてフラッフラになる。
オモロいネタがいろいろあったはずなのに、結局
翌日には細かい部分をすっかり忘れてしまうのだった。

「バリバリ」のサーファーのMセ君。
最近は沖縄に住んでおり、雨季の六月になれば
多少はサーフィンができるという
プーケットを目指してタイに来たワケだが、
「一週間波に乗らないとおかしくなる」らしくきっと
「うずうず」していることだろう。

明後日から一緒に
「ラオスヴィザ取りツアー」に行き、
パタヤに戻るタイミングで先輩が一人が遊びに来て
二週間ほど滞在するとのことなので、その後
プーケットに向かうのかな。
一ヶ月六千バーツのアパートを借り、
ぼちぼち快適に暮らしているようだ。

一応一通り案内したところ、どうやら某
「〇〇〇」がお気に入りの様子で、ほぼ
毎日通っていたら、昨日はついにマネージャーが
ビールを一杯づつ奢ってくれた。

というわけで、明日からバンコク入りし、
「ギフトショウ」(タイ政府主催)に顔を出して
翌日朝にはウドンターニー。

G.Wには師匠も遊びに来る予定だし、しばらくは
いろいろと楽しいことがありそうだ。


今日明日は、オレの住む△△△△△△地区で最後の
「水掛け祭り」が盛大に行われるのだが、まったく
いつまでやっているのかと感心してしまう。

ま、正月のめでたい祭りだし、
「ポジティヴ」な意味合いが強いから良いけれど、一方
ニュースを見ていると、毎年そうなのだが、
帰省ラッシュの渋滞などと共に事故などで
結構な数の人が亡くなるのがちょっと気になる。
酒酔い運転で事故ったり、祭りで
酔っ払いがトラブったりと各地で事件が相次ぐ。

ハシャギ過ぎなんだってば。もう。

とにもかくにも
「ハッピイソンクラーン」である。

今年もまた
楽しい一年が過ごせることを願う。

|

2014年4月11日 (金)

「閑散期はチャンスである」という考え方

空気が乾燥して涼しいハイシーズンの乾期は終了し
「夏本番」である暑期に入ってしばらく経つが、
昼間の陽射しは強いけどまだ風が多少は吹くし、
そこまで暑さを感じるわけでもない。

ただ、観光地であるパタヤの街は全体的に
旅行客が減っているのかやや静かであり、55嬢達は
「客が少ない」とブーブー文句を言っている。
ソンクラーンでまた賑やかになるのだろうが、
昼間のお祭りムードに比べ、夜は静かで
「55バー」などの集客も大したことはないと聞く。
そうなってくると55嬢連中も必死であり、
普段は生意気なことばかり吐かしてるクセに
手のひらを返したような態度になる輩も多い。

ま、よほどの売れっコや定期収入のある嬢以外は
相当頑張って稼がなければ田舎への仕送りも
ままならなくなるから当然だろう。
雨季になればさらに客が減るわけで、今がまさに
「踏ん張りどころ」といった感じか。

な~んて真剣に考えているのは客側のオレだけで、
彼女らは案外のほほんとしているのかもしれぬが。


それにしても某
「〇〇〇」の嬢は悪いヤツらが多いなあ。

確かにカワイコちゃんが揃っているし集客もある。
だから稼いでいるコもたくさん居る中で、特に
ニッポン人客に甘やかされてどんどん付け上って
生意気になっていくのだろう。そーいう連中が
仲間内で悪知恵を共有し合い、益々悪くなるのだ。
田舎から出て来たばかりの素朴なコだって
「アッ」という間に染まっていくに違いない。

ま、もちろん皆が皆ではないにせよ、客から
「いかに金を引っ張るか」を虎視眈々と窺い
手ぐすね引いている輩達にヤラレっ放しのオレとしては
「コイツらをギャフンと言わせたい」と思う。
さすがの某店も最近は集客がかなり落ち込んでおり、
そーなると、これから雨季へかけての時期が
「チャンス」というワケである。
いや、
「返り討ち」に合うのがオチか。


さて、そこへ登場するのが
イケメンサーファーのMセ君である。

もういい年ではあるにせよ、過去には
「ホストクラブ」勤務経験のある彼が
パタヤにしばらく滞在するというから、
オレとしては少し期待してしまう。
ある程度タイ語のできるオレがサポートすれば某
「〇〇〇」嬢を何人か騙せるのでは。
今まで使ってきた分、つまり某
「〇〇〇預金」をいくらか引き出せるのではないか、と。

そんなに簡単では

ないだろうけどね。

|

2014年4月 7日 (月)

複雑に絡み合う五つのテーマについて

いろんなことがあり過ぎて、いったい
何をどう書けばいいのやら、といういつもの
「パターン」である。

あくまでも日記なのだから、時系列に沿って
起こったことをただ書き連ねるべきなのかもしれぬが、
「混乱した自分の考えをまとめる」趣旨もある以上、
忙しくて時間のない時などは特に書く内容の
「テーマ」について悩んでしまう。

だから今回はまず先に、いくつかある
「テーマ」を絞ることから始めてみる。


「果たしてちゃんと仕事になるのか否か」

今回、家具関連の知り合いと共に
「工場見学」「ショウルーム訪問」をする中、
「畑違い」である未知の業界のことを知るにつれ、
「ちゃんとした収入を得られるのだろうか」という
疑問が徐々に湧いてくる。
Sゲちゃんの農業関連を手伝う件も含め、そろそろ
「自分が興味を持ててキッチリ収入に繋がる」ような
「具体的な何か」をハッキリさせていかないと
「タイでの第二の人生」に希望が持てないから、
具体的に検証しなくては。

「カンボジアがアツい!?」

ここ最近、知人二人から立て続けに
「カンボジア(プノンペン)に赴任する(した)」
と連絡があり、地雷が怖くてまだ行ったことがない
プノンペン他に対してにわかに興味が湧いて来た件。

「六月のニッポン一時帰国とヴィザの関係」

六月二十一日に亡き父の二十三回忌法要があり、
それに合わせて帰国するのだが、同時期に
Tコちゃん(共同経営者妻のインテリアデザイナー)が
バンコクチェンマイを訪れるらしいので早めに
「日程調整」をせねばならない。

「秘境バンチャン&サタヒップ」

「秘境」は大袈裟だが、今回
ラヨーン訪問がきっかけで連れて行ってもらった
南の海岸沿いの街がなかなか面白そうな雰囲気であり、
パタヤからさほど遠くないことも含めて
「開拓する価値あり」とみている。

「突然やって来たイケメンサーファー」

今メールチェックをしたらMセ君が一昨日から
バンコクに居るらしく、パタヤにも来る気満々。
かなりファンキイなヤツなので、
何も起こらないはずがないのだ。


以上、直近五つの
「テーマ」をどーいう順番で処理していくのが良いか。

時系列に沿えば仕事の件からなのだが、これは
どーにも頭のイタい深~い問題なのでできれば
後回しにしたいし、ニッポン行きの件もやはり
仕事が絡むので後日まとめてゆっくり考えよう。

いや、でもエアチケットを早めに取らねばならないし、
そーなるとプノンペンに興味津々の話も絡んでくるぞ
(大使館にヴィザを取りに行こうかと思っている)。

それにしても、友達が少ないオレなのに
「知人」はやたらとタイにやって来るし、最近では
「アドヴァイスを下さい」的なことを言われたりもするが、
「人間の屑(最近流行ってるんでしょ?)」にほど近い
「ダメダメ人間」のオレに対し
「何か」を期待されても困ってしまう。もちろん
パタヤまで来てくれれば案内くらいはするけれど、
それ以上でも以下でもないのだ。


というわけで、結局まとまらなかったが
多少は整理できたかも。

とりあえずMセ君に電話して
今後の予定でも

決めるとするか。

|

2014年4月 4日 (金)

朝目覚めたら体の一部に変化があった件

朝勃ちしたぞ!

などと、いきなり
「!」マーク付きで言われても困るかもしれないが、
先日その生理現象について
「最近めっきりない」件について触れて以来
「次に起こった時は」と、狙っていたというか
機会を窺っていたのである。

状況を説明すると、
仕事で自宅を離れて三日目、
バンコクのプラカノン付近にある
スクムヴィット沿いの某ゲストハウスにて。
寝たのは午前零時半、起きたのは七時過ぎ。

前々日の夜にはやはり午前零時頃、
ニッポンから来たゲストにとってもらった某
「△△△△△△ホテル」の部屋で、近所の某
「援(助)交(際)カフェ」から連れて帰った
バンコク出身のNア嬢(二十二才)と寝た。
ドーピングしたのはその一時間前。その後
午前二時過ぎに就寝。翌朝は何も起こらなかった。

昨晩はかなり疲れていたので、翌日、つまり
今日はもう特に急ぐ用事がないにも関わらず
早々と寝てしまったのだが、
「疲れていた」ことが関係あるのかどうか。

夢に(ニッポン居住時の)元カノが出てきて、
カフェで一緒にお茶を飲んでいる時何故か
「常温」で運ばれて来たトマトジュースを飲み、
「いやいやいや。トマトジュースは冷やさなきゃ」と
文句を言ったら、Kリ嬢(元カノ)に
「そんなことはない。これは正しい」と諭された後、
目覚めたら何とチ◯コが元気になっていたのである。

100%ではなく80%位の比率で、しかも
「アッ」という間に通常の状態に戻ってしまうという
「儚い」感じだったけれど、それでも
「朝勃ち」した事実に変わりはない。

夢の中のそのカフェは自分の店で、最初は知らない女子、
二人目は元元カノジョ、三人目は元カノと
同席している女子が二度入れ替わり、いきなり
相席してきた男性(パーティーの予約を入れた人)に
「他人です」と思い切り男女関係を否定してみたり、
なんだか変な内容だったなあ......。
ただ、隣りに座っていたKリ嬢の横顔はやけに
「ハッキリ」していたし、付き合っていた頃のままの
ショートヘアで少しだけそばかすがあって相変わらず
とても可愛らしい彼女であった。

次回はいつなのだろう。

まあ、もしまたこんな
「機会」があるとしてだけれど......。


さて、ラヨーンの工場見学から始まり、
バンコク内の三箇所のショウルーム訪問、
ナコンパトムの二工場の見学というナゴヤの某
家具メーカー社長の来タイ日程は昨日で無事終了。

今日はディーラーに車を預け(定期点検)、
夕方頃にはパタヤに戻る。そして明日からは某
「〇〇〇〇〇〇〇〇」の顧問O氏と接待ゴルフ。
それが終わるといよいよタイの正月
「ソンクラーン」である。

突然朝勃ちした理由はよく分からないが、
日記を書くモチベーションには
充分な出来事だったわけで。

では、もう一寝入り

することにしようか。

|

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »