« イサーンガールの語尾に萌えつつも | トップページ | 「困った時はお互い様」の精神がもたらすものとは »

2014年5月 3日 (土)

世界に誇るべきニッポンのプロダクト達〜食料品編〜

「委託料か。いいっすね~!」


今朝早くSゲちゃんの電話で起こされた。

十月及び十一月の予定を聞かれたわけだが、恒例の
〇〇県主催のタイフェアが行われるとのことで、
十月はどうやら忙しくて
「△△」販売スタッフが来られないらしく、
現地駐在の人間、つまりオレに
「業務委託」するカタチになりそうなれば
キッチリと費用が出る可能性が高いと言う。

今まではほぼノーギャラだったので、まあ
有り難い話ではあるけれど、相手が
「官」なだけにちょっとイヤな感じがする。

〇〇県としては東南アジアのターゲットを当面
タイとインドネシアに絞ったみたいで、今後も
積極的に動く予定の様子。インドネシアには某
「イオン」がショッピングモールを十月にオープンし、
数年後には二十店舗目標と鼻息が荒い。そして
現地法人の社長が〇〇県出身というのも
「アジア攻勢」の追い風になるのかもしれない。

〇〇県だけでなくニッポンの各地域がアジアに
農産物を相当マヂで売りに来ている件は
タイに居るとよ~く分かるし、もちろんそれは
国内需要の限界と
「TPP」を睨んでのことだろう。
「ウケる」ものとそうでもないものがあるのも
「フェア」に参加していればある程度分かるが、
ニッポンの商品は概ね人気があるから、もっと
自信を持って海外に売り込めば良いと思う。

「移住組」にとってそれはある意味
嬉しいことでもあり、できる限りは
協力したいと個人的には考えるのだ。


さてさて、最近どうも筆が鈍っているのは、
あまりにもいろんなことがあり過ぎて少々
「混乱」気味だからである。例えば
何らかの件について悩みがあるとか
解決が必要であれば、それについて
文章にすることで検証すれば良いが、
いくつも絡み合ってしまうと
「テーマ」を絞りにくいという話だ。

ニッポンから次々と人が訪ねて来て、
そのうち何人かは今後この国で暮らす上で
「何か」をもたらしてくれそうな気もするが、実は
そうでもないのかもしれないし。

インテリア関係と農業関係。どちらも興味はある中、
某ディべロッパーのカンボジア進出というちょっと
「謎」な件と前後して飛び込んで来た
「ソニーが不動産ビジネスに参入」というニュース。

いったい何をどーしたらよいのか。と
混乱してしまうのも仕方あるまい。

プノンペン赴任予定のR君は一旦ニッポンに帰国し、
七日から再び二週間程バンコクに滞在予定。

数日前に先輩が訪ねて来たMセ君は昨日一緒に
パタヤを発ち、バンコクを経由していよいよ待望の
プーケットで雨季限定のサーフィンを楽しむと言う。

五月に予定していたチェンマイ行きは一旦延期となり、
店の都合とTコちゃんの予定によって
六月になるか中止となるか微妙な状況。

永年勤めた会社を間もなく退職するO氏は、
六月頭にいよいよ最後のタイ出張。

そしてオレは六月半ばから一週間、
帰りたくもないニッポンに。

明日からは師匠が
四日ほど遊びにやって来る。

「修行が足りない!」と
怒られそうだなあ。


ところで、満を持して登場した某
サントリーのウーロン茶がウマい。

タイ人向けに甘いヴァージョンや
「レモン入り」とかおかしなことになっているが、当然
「ノンシュガー」もあってニッポン人にはたまらない味。

某「カゴメ」もトマトジュースや野菜ジュースを発売し、
飲料系での進出がアツいのは興味深い傾向だ。某
「アサヒ」や「サッポロ」がビールでどうも
苦戦(?)しているだけに見物である。某
「ローソン」のタイ進出も本格的に始まり、
「コンビニ戦争」にも注目しなくては。

某「明治」の
「ブルガリアヨーグルト」(無糖)には本当に
お世話になっているし、あとは
アイスクリイムとプリンが一刻も早く
発売になることを

祈るばかりである。

|

« イサーンガールの語尾に萌えつつも | トップページ | 「困った時はお互い様」の精神がもたらすものとは »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事