« なんとも興味深い夢を見たので念の為記録しておく | トップページ | 一年という月日は短いようでいて長く感じることもある »

2014年11月26日 (水)

実はこの度皆様にご報告することがあるのです

まあ、いつかはバレるだろうし、もちろんちゃんと
「報告」せねばはならないと思ってはいた。

ただ、タイミングを見計らっていたのだ。

と言っても、別に結婚したとか
隠し子が見つかったなどという大事ではなくたかが
「ウェブサイト」を立ち上げただけのこと。
それもプロに頼んだワケでもなく
(アドヴァイザーはいる)、手作りのショボいもの。

しかし、いずれ多少の収入になれば、という具体的
「目的」も一応あるから、もちろん
きちんと運営していかねばならぬし、
根が真面目なオレとしては
やるからにはちゃんとやる。

「PRIパタヤ総合研究所」というタイトルで、
パタヤに関する情報を発信していくサイトだ。

Pattaya Research Instituteの略であり、
パタヤに住んでいることを活かし、
ニッポン人の旅行者及び在住の方々に
少しでもお役に立てれば、という趣旨。

とりあえず、考えていることはそれくらいで
「どーやって収入にするのか」などの
「具体的展望」は今のところほぼない。

ま、やっているうちになんとなく掴めてくれば
それで良い、と気楽に考えている。
何もしないより少しはマシなんぢゃないか、と。

で、当然ブログもあるので、今後は
どーしてもそちらが主となっていく。もちろん、
オフィシャルというか広く一般に公開するので、
今までのように赤裸々な内容は書けないし、
「日記」といった感じではないのでやはり
「ストレス発散」目的の文章を載せる為に
「アメ・タイ!」も残すことになる。

が、しばらくの間は投稿数が減るのは事実。

でも、おそらくやっているうちに
「ストレス」が溜まって来て、いつかまた
こっちがメインになる気もするんだよね~。

何しろこのブログはもう長くやっているし、
投稿した文章文字数はかなりのモノだから。

「好きこそものの上手なれ」
という言葉を信じて文章を書くこと自体は
これからもずっと続けていく所存であるし、実際、
漢字ひらがなカタカナ句読点改行余白など全てを
駆使して文字を書くことだって、いわゆる
「デザイン」や「アート」の世界と何ら変わらず、
「言葉のアーティスト」だと自分では思っている。

「ニッポン語」ってとてつもなく優れた言語だし、
紡ぎ方によってそれはとても美しく輝くのだから。

もちろん一番のファンは自分の日記が世界一
「オモロい!」と思っているオレ自身であり、
それはやはり過去の行動を振り返られることも含め
自分に興味津々だからである意味当たり前なのだが、
今後はそーいった興味とは少し方向をズラし、
「テーマ」や「文章」自体で人々に
「感動」を与えられるようになれば、と思っている。

そして、これまでずっとお付き合い下さった
読者の方々にも感謝せねばなるまい。
「くだらないなあ」と思いつつも、きっと
「笑って許して」くれたその度量には敬服だ。

この場を借りて心より御礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。


というわけで、これからも

どうぞ宜しくお願いいたします。

筆者

*このページの左下の方にある
「リンク集」からサイトに飛べます。

|

« なんとも興味深い夢を見たので念の為記録しておく | トップページ | 一年という月日は短いようでいて長く感じることもある »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事