« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月25日 (木)

若きタイガール達の可愛いダンスに萌える

「くそ〜!何故勝てないのだ」


新たなウェブサイトを始めて一ヶ月。
毎日一生懸命記事をアップしてはいるものの、ある時点で
「ヒット」数は伸び悩み、早くも限界を感じる今日此の頃。

「飲んべえ親父のチェンマイ子育て物語」(ライバルなのだ)に
負けるのが悔しくてしょーがない。でも、それが現実なのであり、
より求められているのは彼の記事の方なのだ。

そう。
「人気ブログランキング」での話であり、
「タイ(海外生活・情報)」というごく狭いカテゴリイの中での
「レヴェル」の低い争いなのだが、それでも
「ハッキリ」と順位がつく以上は歴とした勝負だし、
やるならば上を目指すのは当たり前の話。

ああ。やっぱりこっちの方が
「ホッ」とするなあ。
慣れているせいもあるけれど、
「どーせ誰も読まないのだから」と、好きなことを
自由に書ける方が筆が進むのは当たり前か。

「オフィシャル」であるからどーしても制限があり、
「多くの人に読んでもらおう」という意識もあって
「空回り」してしまっているのかもしれない。

まあ、どちらにしてもこれは完全な愚痴として
「サクッ」と聞き流してもらえばいい。


一方、古くからやっている某
「アメ・タイ!」には、記事をサボっているにも関わらず未だに
一定の読者が訪れてくれている。これは本当にありがたいことで、
こちらはこちらでちゃんとアップせねばとも思うのであった。

どーいう区別が良いか今のところはよく分からぬが、とりあえず
「パタヤ」にあまり関係のない話題、つまり
「全国版」で気になることでも書くとしよう。

今はやはりコレか。

https://www.youtube.com/watch?v=jz9WnzVol84

最近公開されて話題となっている、タイ人に人気のAV女優
蒼井そらが出演するおバカ映画の主題歌なのか挿入歌なのか、
「ABCチャ(ク)クラトゥク(22211引っ張る引っ張る)」
という曲であり、早速このおかしなダンスを
「パロディー」で自画撮りして投稿するのが
どうやら巷で流行っているようなのだ。

内容は、カレシに英語を教えるにあたり苦労するといったもので、
「タイ・グリッシュ」が面白おかしく描かれているらしく、実際
タイ人の英語には苦労させられるし、本人達もそれを自覚しつつ
「自虐的」に(?)かなりウケているみたい。

で、いろいろある中から個人的に
「可愛い♪」と思う二つをセレクトしてみた。

https://www.youtube.com/watch?v=DE4I7g0fJlM

https://www.youtube.com/watch?v=BhTmIpi_RsU

伝説のアングラディスコ某
「ラーンドン」や、最近完全に閉まった某
「mc2」などでは、ヴィデオに出てくるような
若いコ達が実際こんな感じでフツーに踊っていて
(タンクトップ&短パン&サンダルでだ!)、見ているだけで
「メチャメチャ」萌えたものだったが、
今となっては懐かしい想い出だ。

ただ、未だにきっとどこかにはああいった
「アングラ箱」も残っているはずであり、おそらく毎日
「ヘヴィロテ」であの曲が掛かり、若きタイガール達が
「キャーキャー」と盛り上がっているに違いない。

そうであって欲しいと、

願うばかりなのだった。

|

2014年12月11日 (木)

一年という月日は短いようでいて長く感じることもある

時間の経つのは早いもので間もなく今年も終わろうとしている。

年を取るごとにそう感じるが、
先輩方に聞くとこの現象はどうやら
「加速する」らしく、残り少ない人生に
恐れおののく今日此の頃である。

一方、去年の今頃何をしていたかと思い返せば、
M嬢と知り合ってから丁度一年程であり
当時のことを今でもよ〜く覚えているけれど、
それはまるで遠い記憶のようで、とてもとても
懐かしく切ない想い出として蘇るのだった。

「アッ」と言う間に過ぎたはずのたった一年前のことが
「遠い記憶」とはいったいどーいう現象なのか。
人間の感覚とはまったく不思議なモノだ。


たまに写真を見てみるのだが、当時の彼女は
本当に可愛らしかった。
少し吊った大きな目。
少し上を向いた鼻。顎のラインまでの
ショートヘアがよく似合っていた。

とにかくひたすら明るいコで、
一人でやたらと喋りまくっては
「ケラケラ」と笑っていたっけ。

何をするというワケでもなく、
毎日のように一緒に居た。
気紛れでファンキイな彼女のペースに
すっかりハマり込んでしまうオレ。
寝たのはほんの数回で、
妹のような娘のような感覚から、そのうち
ペットを飼っている気分になって来る。

55嬢にしては珍しく子供のいない彼女。
その自由奔放さ加減は、
見ていて気持ちが良くなるほどだった。

鼻シリコンに始まり美白の施術、顎と歯の矯正
首とお腹にタトゥー、胸シリコン及び二度目の
鼻シリコン。体にメスを入れる度、
少しずつ変わっていくM嬢。
「カラオケ」(ホストクラブ)にハマり始めたのは
いつ頃のことだったか。
結構稼ぐかわりに使い方も派手。
「典型的」とは言え、どんどん
「堕ちて」いく姿を見るのは少し辛いものがあった。

所詮は他人事だしオレには関係ない。
ただ、こっちから一切連絡することはなくとも
要所要所でコンタクトしていると、どーしても
「情」が沸いてくるもの。そもそも
タイガールとの関係が一年続くなんてかなりの
「レアケース」なのだから。

そんな中、いよいよ彼女が
ホスト男子と本格的に付き合いだしたのである。

ご丁寧にも付き合う前には
「面接」のごとく一緒にゴハンを食べに行った。
「嫁さんと子供を田舎に置いて出稼ぎに来ている」
件に好感が持てなくはないけれど
(孕ませて逃げるケースがほとんど)、
「貢ぐ」相手の診断を請われても困ってしまう。
別に好きにすればよろしい。

それからはもう毎日ベッタリの様子で、
気紛れなM嬢の相手を務められるのだとすれば、
二十四才の彼はなかなか良い腕をしている。
ただ、すぐに子供ができてしまうのは明白だし、
そこからの展開を考えるとなあ......。

ま、ここまで来れば乗り掛った舟だし、
最後(?)までキッチリ見届けようではないか。


さて、来年の今頃は
いったい

どうなっているのか。

|

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »