« 大台に乗るごとの「ピーターパン症候群」 | トップページ | 君とのキョリは2,000,000mm »

2015年1月11日 (日)

いざとなれば「アメージングチャイナ」へ

「家の場所バレちゃうやんけ!」


う~む。相変わらず中国はスゴイな~。

深圳のTちゃんとプーケットで合流し、二泊三日のツアー。
久し振りに会っていろいろ話を聞いたが、
「アメージングチャイナ」なネタは尽きることがない。

「情報統制」で某「LINE」が使えない中国では、
「微信(ウェイシン、WeChat)」なる似たような機能の
「メッセンジャーアプリ」が開発されて大流行。
その手のモノに目がないタイガールも結構やっていて、
Tちゃんと一緒にやって来た深圳在住の三十代前半のY君、
プーケットに着いて二日目二十五才のロコガールと
「WeChat」でやり取りした末に、本人とホテルで会って
お買い上げ。

三千バーツが高いかどうかはさておき、かなり
「内容」が良かったらしく、初来タイの初体験が
そんな感じだとおそらくこの国を気に入るだろう。

ま、実際プロもしくはセミプロの
「アルバイト嬢」が多いようだが、驚くのはその
「(近くにいる人)発見」機能。GPSを使って、なんと
100m単位で相手の位置が分かる。というかバレる。

「オモロいやん!」と、早速登録。

パタヤに帰って来ていつものように
カフェでお茶を飲んでいる時、試しに見てみたら
300m圏内に結構な数の女子が居て、ほとんどは
オカマちゃんか年増のタイガールだが、そんな中
100m圏内に可愛らしい韓国女子が。
写真があまりにも可愛いのでかえって怪しいけど、
「ふ~ん」てな感じに思っていた。

すると昨日の深夜そのコから友達申請が来て、本人の
「投稿履歴」を遡ってチェックしてみると、どうやら
彼女は学生で、パタヤ在住なのか
遊びに来ているのかは不明。おそらく父親が
パタヤで商売でもしているのではなかろうか。写真も
角度によっては可愛いが、よく見るとさほどでもない。

ちなみに、お互い部屋同士だと2km圏内である。

「ふむふむ」と、やり取りをするものの、あまりにも
「アッサリ」していて、特に発展もない。

で、今日またカフェでチェックしたら、やはり彼女は
100m圏内。土曜日だし(学校は休み?)、もしずっと
家から動いていないとすればこの近所だな、と。
近くに建つコンドミニアムやアパートはいくつもないし、
自分が動きながら探せば(離れれば表示が200mになる)
建物だけならおそらく見当がつくはずだ。

いやいやいや。もちろんオレにそんな気などないが、
「ストーカー」チックなヤツならそれくらいのこと
平気でするだろうから、危なくてしょーがないなと
単純に思っただけの話。だって、もし逆にこっちが
恨みでも買おうものなら家を特定されてしまいそう。

本場中国でその手のトラブルは起きていないのかな。
とにかく、スゴイな~(何でもアリ?)と、
感心してしまうのであった。


他にも、例えば
「カラオケ」店などでお客が卸したウィスキイ等の
ボトルの底に小さな穴が開けてあって、下に敷いた
タオルに少しづつ漏れていく仕掛けがしてあるとか、
しかもその中身は偽物だとか、そんな
とんでもない話を聞いていたら、あらためて
「タイはまだまだ平和だなあ」と実感する。

「アメージング」な出来事満載だったタイでの生活も、
慣れてくると段々麻痺してそれらがフツーに思えて
「刺激」がなくなってしまい、今では平気で
バイクで道路を逆行するし初対面の女子のおしりも
何の抵抗もなく触れるように。

それがいいのか悪いのかはともかく、
「刺激」を求めるのならばまだまだ上の場所がある。

深圳に遊びに行った初日地下鉄のエスカレーターで、
気を許した一瞬、ものの見事に小銭入れをスられて
「なんという高等テクニック!」と感心したのを思い出した。

いざとなれば中国に行けば良い。

新たなる
「アメージング」が

迎えてくれるはずだ。

|

« 大台に乗るごとの「ピーターパン症候群」 | トップページ | 君とのキョリは2,000,000mm »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事