« 「絶対領域」内まで侵犯できずじまいだった話 | トップページ | 「人間の屑」と、例え人から言われたとしても »

2015年1月19日 (月)

切る時は「サクッ」といかなくては

「もうムリだな」


そう感じたのはベッドの上でだった。

横向きに交わっている時、彼女の背中越しに
縫いぐるみを座らせ頭を撫でるところを見て
気持ちが一気に萎えたのである。

男に抱かれている時にする動作では決してないし、
「集中力」とかいう以前に、こちらに対して
「想い」の欠片すら持たぬ件が、よ~く分かった。

初めての時から内容があまりにも
「アッサリ」しているのが不満だったが、
もう知り合ってからしばらく経って既に
一緒にいる時間はそこそこ長いし、何度か寝るうちに
「情」のようなものが沸いてくる期待も
多少はあったのに、残念だ。

相手はPン嬢。

「ルックス」はまあまあ、性質的にも
そこまで悪いコではないのだが、いかんせんやや
「破滅型」の傾向にはあり危険な感じは否めない。
友達になれそうな気もしていたのだけれど、結局
「金銭」以外の興味はゼロだと知った。

セックス自体に費用は発生しないのに
経費が掛かり過ぎて回数で割ると赤字。という
よくあるパターンにまたまたハマってしまった。
もーいい加減学習しろよ、と言いたくなる。

一緒にいる間は結構楽しかったんだけどな。
まあ、潮時と言えばそーなのかもしれない。


というワケで、新しい相手を探すべく例の
「WeChat」で可愛らし気なコを発見して、
メッセージのやり取りをしていたところ
バービア勤務だということで早速訪ねたら
写真のイメージとはかなり違ってガッカリ。

二年前の写真とは言え、よく見れば
間違いなく本人だしまあ仕方がない。

カワイコちゃんがそんなに簡単に
見付かるはずないよなあ。

例の女子高生はあれ以来連絡がないし。

なんだかつまんないなあ。

|

« 「絶対領域」内まで侵犯できずじまいだった話 | トップページ | 「人間の屑」と、例え人から言われたとしても »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事