« 凹んだ時には物事の意味を冷静に分析してみる | トップページ | 待機型売春婦の言い値のあまりの高さにビビる »

2015年5月 8日 (金)

某「BEAMS」の出店に感じる驚きと不安

バンコクが何だかもうおかしなことになっている。

最近用事でしばしば訪れていて、
水曜日もゴルフに行ったついでに二件ほど用事を済ませ
日帰りする予定だったけれども、某
「NISSAN」ディーラーの担当者が病欠した為、仕方なく
一泊することになってしまった。

ナコムパトム県で商談を終え、バンコクに戻ってから某
「FUJIスーパー」で買い物をした後、
近所に新しく出来たらしい百貨店某
「EMPORIUM」に行ってみたのだが、
これが実にスゴかったのである。

B.T.Sプロンポン駅に直結していた高級百貨店が、
道路を挟んだ向かい側の土地を再開発し、ビル完成と共に
ゴチャゴチャしていた駅構内のファシリティーを一新して
「スッキリ」させ、ヒジョーに良くなった。
二棟あるビルのうち左側に入るとまず目に付くのが某
「BEAMS」。ニッポンを代表するセレクトショップで、
若い頃はよくお世話になったものだが、商品には元々
高級ブランド並みにそこそこいいお値段が付いていた。

店内を覗くと相変わらず素敵な服が揃っているが、
うっすら透けて見えるニッポンでの価格に対して
1.5倍以上もするからフツーのコットンシャツで
6000THB弱となり、感覚的にはかなりお高い。向かいの某
「Banana Republic」もやはり同じようなもので、
「こんな高い物いったい誰が買うのか」と不思議に思う。

「BEAMS」の服が1.5倍となれば、ニッポン人ならば
「高っ!」となるのは当たり前かもしれぬが、もちろん他の
海外ブランドだって輸入物なのだから高級品には間違いない。
ただ、もう一方のビルに入っているファストファッション某
「H&M」のシャツが1000THBそこそこなのと比べてしまう
オレのような一般庶民が立ち入る場所ではすでにないのか。
つまり、お金持ちのタイ人にとってはおそらく
「ふ〜ん」程度の金額なのだろう。

さて、階を上がると途中に変な庭園みたいなところがあって
レストラン街に続くのだが、これが何ともスゴい。
螺旋状になった坂を上っていくと、外側が店舗になっていて
内側にもオープンエアの席が設けられている。
よーするに斜め勾配の途中にいちいちわざわざ
フラットなフロアを作っているワケで、
これがひたすら連なっていて階にしておそらく
3フロア分くらいか。

個人的にはシンプル好みなので随分無駄なように感じるし、
デザイン的にはどうかと思うが、それでも
こんなカタチは初めて見た。
各店舗共内装にはしっかりお金を掛けている風であり、
おそらくかなり気合いを入れての出店に違いない。

とにかく、全体の印象としては
TOKIOやシンガポールのような
「世界的大都市」に居る感じで、最早
「新興国」のレヴェルぢゃないのである。

いやいやいや。もちろん
需要があればそれで良いのだ。
しかし、これらが本当に
「必要なのか」「成り立つのか」と考えた時、
どーしても首を捻らざるを得ない。

某「ユニクロ」が出店した当初、個人的には
「売れるのか?」と疑っていたが、どうやら
順調に売上げを伸ばしているようだ。だから、
懐疑的過ぎるかもしれないけれど、某
「BEAMS」の出店には正直かなり驚いている。

某「PARAGON」及び「EMPORIUM」を経営する
「ザ・モールグループ」自体は、もちろん
家賃収入で潤うのかもしれぬ。しかし、
店子の方は収支が合うのか、ちゃんとやっていけるのかが
どうも心配になってしまうのだ。

「バランスがおかしいぞ」。

そう感じる件は同日深夜にも及んだ。

長くなりそうなので後半に続く。

|

« 凹んだ時には物事の意味を冷静に分析してみる | トップページ | 待機型売春婦の言い値のあまりの高さにビビる »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事