« 2015年5月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月26日 (土)

発狂寸前からさらに堕ちる夜だってたまにはあるさ

腹立つ!あ~も~ホントに腹立つ!!

この苛立ちをぶつけるのにはどこがいいか、と、
考えた末やはりここに書く。何故なら
愚痴はみっともないモノだしネガティヴな話は
事情が分かっている人以外に受け入れられにくいから。

まずは単純にGに腹立つ。

アイツはアソークの某
「soi cowboy2」の55嬢で年齢は二十三才。
見た目は可愛くなくもないがそこまででもないし、
何故彼女に引っ掛かったのかは正直よく分からぬ。


まず大前提として、昔から
「酔っ払い女子」にヤラレる傾向にはあるし
エックスワイフがその典型的例なのだけれど、
理由は未だにまったく理解不能だ。おそらく
「ノリ」が良いコが好きなのだろうと思うが、
自分がそこまで酒に強くないクセに、である。

相手が酔えば酔うほどにこちらは冷静になる。
というのは勝ち負けで言えば負けの方だろう。
「先に酔っ払った方が勝ち」に決まってるし、
おそらく女子に勝てる男子など少ないはずだ。

Gも酒を飲むと酩酊するし前後不覚にもなる。
古い話をすればエックスワイフもそーだった。
仲良しの酒飲み友達Uちゃんと二人で泥酔する度、
いつもの店まで迎えに行っては彼女らを抱えて帰る日々。
想い出すだけで涙腺が刺激される切なくもホロ苦い話だ。

あのクソアマと知り合ったのは勤務先の55バーではなく
「clymax」という名の某ディスコで、約二年前のこと。
休みの日に友達と遊びに来ていたGをナンパしそのまま
クラブをハシゴしてかなり飲んだ後ホテルで一緒に寝た。

翌朝起きてお金を払おうとすると
「遊びに行ったのだから金などいらぬ。失礼しちゃうわ」
などと江戸っ子なセリフを吐かれ、
(おお。コイツはいいヤツだ)とすっかり勘違い。
その時は飲み代が売春代よりも安かったのである。

もちろんたまたまの話であり、
後々よく考えてみればセックスに払う金額よりも
その他の方が高くつくのはどこでもよくある色恋の世界。
タイに来て今までにどれだけ騙されて来たことか。

ブリラム出身の好みのタイプだから、文句はないにせよ
満足度最低レべルのサーヴィス度20%の内容。それでも
何度か遊びに行ったのは飲みっぷりとノリの良さが理由。
テンションが高いタイガールとクラブに行けばもちろん
それなりに楽しいのはごく当たり前の話だからね。

しかし。

前回会ったのは数ヶ月前。ニッポンから
知人が遊びに来て、アソークに部屋を取っていた。
例によって友達を連れ某「clymax」へ。
早々と酔っ払ったクソアマは、どうやら
その親友と足繁く通っているらしきボーイカラオケ、つまり
ホストクラブにオレと三人で同伴出勤だ。

たまたま泊まっていたホテルの徒歩圏内。
ウィスキイのボトルを客におろさせるのがほぼ
唯一の売り上げになる為ホスト達は体を張って
「285」というメチルアルコールに色をつけただけのような
タイ産の安ウィスキイをしこたま飲み、飲ませる。
高級ブランデーやドンペリ三昧のニッポンとは
店の雰囲気も含めて大層違うのであった。

ボトル一本が1000THB程度でミキサーがフリイ。
金額は安いのだが量を飲まされるので酔うに決まっている。
何本飲んだかも何を歌ったかもまったく覚えていない程に
酩酊し記憶が飛ぶのは珍しいことである。
起きたら昼でチェックアウト目前。
頭ガンガンなのは言うまでもない。

そして今回。

仕事のアテンドもほぼ終わって
最終日の翌日は昼の十二時集合。

「これは遊びに行かねば」と、ハリキってGを誘ったのが
今思えば判断ミスだったのかもしれない。ただ、現実問題
彼女くらいしか付き合ってくれるタイガールが居ないから
仕方がないのであった。

店から連れ出された同僚とその客のアラブ人と計四人で某
「clymax」にやって来たG。一軒目のクラブで既に
出来上がっていた様子でなかなかご機嫌がよろしい。
常連なので店員の知り合いも多く彼らと乾杯しつつ
「B52」だのなんだのを飲んですっかりハイテンションだ。

こっちはこっちでお客さんとの付き合いで
タニヤのカラオケにて安ウィスキイを四、五杯飲んでいる。
ただ、仕事のストレスと金曜夜の渋滞のイライラが募って
「発狂寸前」の危うい精神状態ではあった。

オレとしては発散になるクラブでの踊りもそこそこに、
早々と店を出てタイムカードを押す為、深夜二時前某
「soicawboy2」つまり勤め先に行き、そこでも
チーママにビールをご馳走する。
奢らされた金額は計2000THB弱だから大したことなく、
そのままホテルの部屋に戻って寝るのならば、
一日の終わり方としてはほぼ理想的に思えた。

それなのに。あー
それなのにそれなのに。

「今からカラオケ行こう」

宿泊先のサトーンに向かう車の中で、急に
ワガママを言い出すクソアマ。
いやいやいやいやいやいや。そんな状態で
ホストクラブなんぞに行った日には
ぶっ潰れるのは目に見えているではないか。

「アカンアカン。帰るぞ」と当然のごとく
冷たく言い放つオレ。
場所はアソークの交差点で、信号待ちの間。

「イヤならいいもん。フン」

突然車を降りて
「バタン」とドアを閉め、去って行くクソアマ。

おいおい。
マヂかよ。

怒りが抑えきれず運転がもの凄く荒くなる。
こーいう時は自分でも恐ろしい程危険状態。

何とか部屋に辿り着き、
思いのほか酔っ払っていたのかすぐに爆睡。

起きたら朝の七時だったというワケ。

あのまま死ななくてよかったかどーかはともかく
これを書いたらやや気持ちが収まったので、

もう一寝入りするかな。

|

2015年9月10日 (木)

妄想だけならば許されるだろう

「オレと一緒にタイで暮らさないか?」


そんな風に誘ってみたとして、実際に
ついて来る女子が果たしているだろうか。

まあ、いないな。少なくとも今現在は。

そもそも、マトモなニッポン女子を
喰わせていけるだけの収入があるワケではない。
というか、現実問題いくらくらいかかるのかな。
豪遊とはいかないまでも、仮にパタヤで
そこそこの暮らしをする費用の相場とは?

「食」にこだわらず大酒飲みでもない
オレの様なタイプの男子なら、つまり
「燃費」さえ良ければ、家賃も込みで月々
三万バーツもあれば暮らせることは既に実証済み。
しかし、女子の場合はそうもいくまい。
四万バーツ、いや五万バーツ?
ヒッピーみたいなコなら話は別だけどそんなコを
わざわざタイに連れていく気はしない。
二人合わせて十万バーツか。いやそれだけあれば
ニッポンでも充分暮らしていけそうだ。

八万バーツ。まあ、そんなところかな。


パタヤに戻る日の二日前。来週月曜に
ようやくKナ嬢とのアポイントが取れた。

二十五才看護師の彼女に、冒頭のセリフを決める
妄想をしてみる。もちろんそんなこと
とてもとてもムリだと分かっているとしても......。

というワケで、
今日は前哨戦。

某人妻のHミ嬢と今から

ちょっとデートして来る。

|

2015年9月 1日 (火)

飢えているのは会話にだけなのだろうか

「ナンパすればいいぢゃん」


いやいや。そんな簡単なもんぢゃないでしょ。

「食堂」という名の知り合いのバー(として使っている)の、
カウンターのひとつ離れた席からその人は言うけれど、
気の小さいオレが街でナンパなどできるワケもないし、
過去に成功した試しだってないのだから。

十数年前に一度会って話したことがあるらしいが、
まったく覚えていない彼(おじさん)にとっては
「ナンパなんて楽勝」なのだろうか。
だとしたらスゴいなあ。

そう。
実は今ニッポンに居るのだ。

しばらくの間滞在するので、せっかくだから
新しい女子友達を作りたいと思い行く先々で
「女のコ紹介して」と大騒ぎしていたところ、
「他人に頼らず自分で探せ」といった意味の
有り難いお言葉を頂戴したのであった。

(まあ確かにそうだな)と思ったオレは、
なるべく自分で努力することにした。
過去にどれだけ知人に女のコを紹介してきたとしても、
それがそっくりそのまま返っててくるはずもないし、
皆年を取って環境はすっかり変わってしまっている。

だから、久し振りに参加するレイヴパーティー
「SOLSTICE」はそういった意味でも楽しみだった。
街でいきなり声を掛けるのとは違い
「レイヴ仲間」というだけで垣根は
「グッ」と低くなるし、そもそも
本当に求めているのは友達ではなく
「女子と楽しく会話すること」なのである。

タイガールとのタイ語でのやり取りではどーしても
細かいニュアンスが伝わらないし、彼女らの
単純明快な性質もあってなかなか
「深い話」には行き着かず、寂しい思いをしていた。

「ニッポン女子と心ゆくまで話がしたい!」。

意思の疎通ができる会話に相当飢えていて、
結構切実にそう感じる今日此の頃。しかし、
既存の女子友達は皆冷たく二週間経っても
願いは適わず終いだった。

八年ぶりというそのパーティーの開催場所は伊豆。
大物ゲストが揃い盛り上がること必至のビッグイヴェントである。
http://solstice23.com
ワンナイトではあるが、軽いキャンプ気分で会場に向かう車内は
「ワクワク」な期待感で酔いそうなくらい。
しかし、夕方到着してテントを張り居場所を確保した時点で
女子率は一割。(だいじょーぶかな?)と、やや心配になる。

深夜になってやっとAサが登場し、雰囲気が一変。
アイツと会うのは何年振りだろうか。当時はまだ
十代半ばのカワイコちゃんであり、オレからすれば
アイドル的な存在だった。そしてAサの友達の
Kナ嬢と再会した瞬間テンションは最高潮にアガる。

女優の石原さとみ嬢に似た雰囲気の彼女を見た時、
「変わっていないな」と感じる一方で
「オトナになったな」とも思う。それはそーだ。何しろ
緑地公園のあのパーティーで初めて会ったのはまだ
十五才の頃だったのだ。しかし、当時既に
オンナとしての色気を確実に持っていたKナ嬢。
レイヴ会場で何度か会っただけだったにも関わらず、
オレの名前までちゃんと覚えていてくれた。

「ひょっとして石原さとみさんですか(笑)」
「やっぱり〇〇〇さんですよね?そーだと思った」
「久しぶりだね。いくつになったの」
「二十五です」
「てことはあれからちょうど十年か」
「えー!?〇〇〇さん全然変わってな〜い」

彼女らの話はこのブログを遡ればきっと出てくるはず。
実はAサよりもKナ嬢の方が好みだったけれど、
あまりにもキレイ過ぎる為に、恐れ多くて
とてもぢゃないが誘う気になどなれなかった。
いや違う。確かあの時は好きなオトコがいて
ほとんど相手にしてもらえなかったんだっけ。

相変わらず可愛らしいダンスの彼女と
一緒に踊っているだけで幸せな気分だ。

当然のごとく常に何人かの男子に囲まれているKナ嬢。
恋人の存在は否定していたが、だからと言って
気軽に誘えるワケでもない。いやでもまあもう
二十五才になったのだから、ゴハンくらいならいいか。

再会組とは別に、知り合いの若い衆が連れて来た
二十代前半の三人組女子チーム発見。
派手目のファッションとサングラス。予想通り
「キャバ嬢」であり、友達としては決して向いてない。
しかし、その場で会話するには何の問題もないワケで。

廻りからチヤホヤされていかにもワガママそうな
Aネ嬢がルックス的には一番マトモ。
頭は悪そうだが明るい性格でありおじさん達の話にも
合わせてくれる辺りはさすが水商売。結局、
カレシとベッタリだったコ以外の二人を車に乗せて
一緒に帰ることになり、多少は仲良くなったけれども
ランチのお誘いは社交辞令と受け取っておこう。

基本関東からの来場者が多く、声を掛けさえすれば
話はできたとしても友達となるとなかなかハードルが高い。

そんなこんなで楽しく過ごすうち
「アッ」という間に朝になり終了時間が近付く。

降ったり止んだりしていた雨も最終的には本降りとなり、
撤収がかなり大変でおまけにちょっとしたトラブルも
あったりしたけれど、とにもかくにも
とても楽しいパーティーであった。

ただ、今月半ばにタイに戻るまで
Kナ嬢とゴハンに行けるか、又は
新しい女子友達ができるかどうか。

今日現在はまだ

不明なのである。

|

« 2015年5月 | トップページ | 2015年10月 »