« 既にプレミアムな存在のニッポン女子 | トップページ | クリ〇〇スが満月でたすかったのかもしれない »

2015年11月 9日 (月)

中長期ヴィジョンは苦手なのだけれど

今日、コンドミニアムの残金を支払った。

完成予定から実に八ヶ月遅れの決済となったワケだが、
悪いことばかりではなく、つい最近発表された政府の
景気刺激策である不動産登記費用減免措置にたまたま
タイミング良く引っ掛かり、一万数千バーツが浮いた
(*通常2%のところ0.02%となりタダ同然だったのだ)。

但し、待たされた間の賃貸マンションの家賃総額は約
四万バーツになるのでそれを考えたらまったく足りず。

しかし、今日またまたアメージングな出来事が起こり、
銀行の海外送金手数料及び両替費用が必要なるという、
たまに起きるピンチの度に何故か必ず救われる
「タイマジック」のお世話になった(*某ブログ参照)。

この後、内装業者に寝室の塗装およびカーテンレール、
キッチン、クローゼットを作り付けてもらいベッド等
購入済み家具を運んで冷蔵庫洗濯機エアコンを買って
部屋に設置するという段取り。すべて完全に終了して
引っ越せるのは、いったいいつのことになるやら。

しかし、ちょっと焦ったかな?と思ったのは、
「部屋が狭過ぎる」件。実際問題買える範囲
「ギリギリ」でチョイスした結果でもあるが、
もう少しお金を貯めてから広い部屋にすれば。
などと思う最大の理由は、同居人の可能性だ。
よーするに、ニッポンから女子を連れて帰る、
という近頃の中期ヴィジョン、つまり
近未来予想図を考えた時どーしたって
「もう一部屋必要」なのである。

現に、最近ちょっと仲良しの
M子嬢が仮に長期休暇を取ってパタヤに来た場合
ホテルを取らなければならぬ、という効率の悪さ。

まあ、現実問題5〜60㎡となれば当然費用は
100万バーツほど余分に掛かるワケであるが、
一年程頑張って仕事をすれば届く範囲の金額。

ま、今更言ってもしょーがないか。

とにかく、おそらく来年から小さいながらも
キッチン付きの新居に移れば生活は劇的に変わるはず。

そう。自炊ができるのである。

パタヤに居る間は、食材を吟味して
食費をかなり抑えることが可能だし、
ニッポンでその分贅沢ができるのだ。

実質、月々の家賃を払う必要もなく
ニッポンとの行き来も、やや気楽に。
コンドーの管理費を差し引いても約
四千バーツづつ毎月浮く計算となり少なくとも
年三回のニッポン行きエアチケット分にはなる。

そのように考えれば、まあ
狭い部屋を焦って買っても
良かったと言えるのかもね。

ともかく、円安が続く現状
できることはそれくらいか。あとは、タイでの
仕事が、多少なりとも家計の足しになれば良い。

ナマケモノはナマケモノなりに、
可能な範囲のヴィジョン通りに
進めばいいなと、

思うだけの話だ。

|

« 既にプレミアムな存在のニッポン女子 | トップページ | クリ〇〇スが満月でたすかったのかもしれない »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事