« さすがにもう色恋に踊らされることはないだろうな、と思う | トップページ | 知り合いの突然の訃報について »

2017年1月21日 (土)

日本語字幕付き洋画DVDが今後の人生にどれだけの影響を与えるのかということ

「マヂかよ!」

あまりのショックにしばらく呆然としてしまった。
これはひょっとしたら今後の人生を左右する
とてつもなく大きな出来事なのかもしれない。

何とバンコクにあるDVDショップ某
「G-STORE」が映像関連のサーヴィスをやめてしまったのである。

「映画大好き」の私は、今までにいったいどれだけの
DVDを同店でレンタルもしくは買い取りして来たことか。

まあ実際問題、映画やTV番組の著作権を考えれば
イリーガルな件は充分承知の上利用しいたし、
いくらユル〜いタイとはいえ
「いつかこんな日が来るのだろう」とは薄々勘ぐってはいた。
しかし、それが現実となった時の心理状況までは
想像もつかなかったし予測もしていなかったのだ。

正直相当に痛い。
日本語字幕付きの洋画DVDなど
海外では易々と手に入るモノではないのだ。例えば
アメリカのTVドラマならば中国では稀に存在するのだろうけれど、
タイやヴェトナムにそれらがあるとは到底思えない。

マズいなあ。ヒジョーにマズいぞこの状況は。

来週タイに一時帰国するので大量に仕入れて来よう、と
ずっと楽しみにしていたのに、
今日サイトを開いてみたらお知らせ画面になった。日付を見ると
もう半年も前のことだったようだ。

http://www.d-store.tv

てことは今後新作の洋画を観るとすれば
チョイスの幅は絞られるワケで。

①映画館で現地字幕もしくは吹き替え版の作品を観る。
②DVDを手に入れて現地字幕もしくは吹き替え版を観る。
③日本帰国時に映画館で観る。
④日本帰国時にレンタルDVDを観る。

あーもー今正直かなりしんどいし、ちょっと
日本に帰りたくなってしまうではないか。

ただ、帰って何をするかという話だ。

この年で仕事なんてないし。給料安いに決まってるし。

ま、TVというかヴィデオさえ観られればいいから、
住むのはどこでもいいのだが。
あとは食材を仕入れられるスーパーと
サウナもしくはスーパー銭湯が近くにあればよい。
どこか田舎の家賃が安い部屋でひっそりと
つつましく暮らしていけるくらいの収入なら
ひょっとしたら稼げるかも、とか。

(それはそれで楽しいのかもなあ)
などと思ってしまう自分がコワイ。日本のことを
あれほど嫌っていたにも関わらずである。

元々そこまで気紛れなタイプではないと自分では思っているけれど、
人の気持ちなんてコロコロ変わるモノだし、
先のことなんてどーなるか分からない。

日本語字幕付き洋画DVDがそんなに大事か?

ハノイに来てからも家で時間があれば
手持ちの映画を観てばかりいる私としては、実際

とてもとてもとーっても大事なんだよなあ。

|

« さすがにもう色恋に踊らされることはないだろうな、と思う | トップページ | 知り合いの突然の訃報について »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事