« 日記というモノが人生に及ぼしてきた影響は小さくないのかもしれない | トップページ | さすがにもう色恋に踊らされることはないだろうな、と思う »

2017年1月 5日 (木)

楽しくない人生に慣れていないからなのだろうか

ハノイでの新しいビジネスが始まり、しかも
二つのカテゴリーが同時進行ということでしばらくの間
無職だったオレとしては正直手に余る状況が続いている。

海外で何かを始めるというのは簡単ぢゃない。

そんなの当たり前の話だけれど、残り少ない人生を
成長著しいハノイに賭けてみようとやって来たのだから、
少なくとも五年はここで頑張ろう、街の発展を見届けようと、
相当苦労するのは覚悟の上だったのに。

それなのに。あー
それなのにそれなのに。

もう既に挫けそうな自分が情けないやら悲しいやらで、
精神的にはかなりよろしくない。

こんな時こそ文字にしてスッキリしようと、
逃げ場を求めてココに辿り着いた。


理由はいろいろある。

まず働き過ぎだ。

年末年始の過ごし方がヒジョーによろしくなかった。

実際問題、ヴェトナムの正月はテトであり
今月末にまとまった休みをもらうつもりだ。

しかし、今までの人生でずっと大晦日年越し新年をひとつの
区切りとして迎えて来たオレとしては、このあまりにも
「ふわ〜っ」とした年末年始がどうにも気に喰わない。

そもそも十月の終わりから一日も休みなく働いており、
しかも最近は朝六時半起きで夜までキッチリ仕事。一応
元旦は休んだものの夕方から事件発生でゆっくりできなかった。

洗車工場の立ち上げが本格的になったここ半年くらいは、
平行して飲食店の新規オープンもあった為とても大変だったし、
役員という立場で当然プレッシャーも相当な上、
パートナー達が皆体育会系で身を粉にして働くので、
当然のごとく同じようなテンションで毎日仕事することになる。

おまけにいかにもヴェトナム的なとんでもない事件の連続であり、
まともな精神でやっていけるはずもない。

元々が三年寝太郎並みの怠け者気質であるこのオレ。
こんなに働いた経験は初めてだし、仕事が終われば
家に帰ってバタンキュー。寝ても寝てもまだ眠い
という日々が続くとさすがにツラいのである。

もうジジイなのだからマヂで勘弁して欲しい。

まあこれはただの愚痴だ。
仕事とはそーいうものなのだから仕方がない。

ただ、週に一度くらいは休みがあって
「オン」「オフ」の切り替えができなければ
良い仕事はできない、と思うが如何だろう。

次にヴェトナムという国のルールというか体質。
外国人に対しては徹底的に搾り取る。日本という国からは特に。
尊敬しているフリをして利用しまくり必要なくなればポイ捨て。

分かってはいるけれど、実際目の当たりにするとやはりキツい。

「逆に利用してやる」くらいの気概がないとやっていけない反面
「自分もいつかは」という恐怖も常に裏側にある件を意識しつつ。

あとは現地パートナーとの信頼関係。

結局はコレが一番大事なのかもしれない。

飲食店の方はともかく、
もうひとつのビジネスはちょっと期待が持てる。しかし、
規模が大きく現地相場とのギャップも大きい現状を考えると
今後数年は相当な苦労を要する日々が続くのは間違いあるまい。

果たして保つのだろうか。と、自分でもちょっと
マズ〜い感じになってきている。

なんだかんだ言ってハノイのことは好きなのだ。

若者ばかりだしカワイコちゃんも多いし、
野菜もミルクもヨーグルトもチーズもプリンもウマいし、
ワインは手頃な価格で手に入るし、
夏が異常に暑いのと街が常に埃っぽい件は仕方がないとして、
気候もまあそこまで悪くはないし少なくとも日本よりはマシ。

ただ、接客ルームでずーっとタイポップを聴いていると、
パタヤのことが無性に懐かしくなる。こんなことならば
日本からもっとCDをたくさん持ってくれば良かったなあ。

いや、それはそれで日本のことが恋しくなるのだろうか。

いずれにせよここ数ヶ月が勝負だろうな。

とにかく今は人生が楽しくない。

オレにとってそれはヒジョーに

よろしくないことなのであった。

|

« 日記というモノが人生に及ぼしてきた影響は小さくないのかもしれない | トップページ | さすがにもう色恋に踊らされることはないだろうな、と思う »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事