« 十年振りに届いたメッセージに思う | トップページ | 海外で何かに挑戦するということ »

2017年5月 9日 (火)

キッカケが受精というワケでもないのだけれど

GW真っ最中に日本へ一時帰国していた。

今回は仕事絡みでもあったし、最近では
もうその必要性を感じないので、例えば
SNSで帰国を予告したり、特定の誰かに
その旨を伝えることもない。

元々友達は少なかったしほとんどが女子。
いつの間にか皆結婚し子持ちとなった今、
なかなか会える状況でもないのが実情だ。

そんな中、
唯一可能性があるH嬢のことを突然思い出し、
日本についてすぐに連絡してみた。その為にわざわざ
ケータイのプリペイドをチャージしてまでである。

「私、子供できたんだよ〜。今七ヶ月なの」
「マヂか!それは良かったなあ......」

そー言えば最後に会った時、不妊に悩んで
オレの同級生が院長をしている産婦人科で
カウンセリングをしていたんだっけ?
あれが一年ちょっと前か。
そこは割とソフトな感じだったらしく、
病院を変えてスパルタにしたら二ヶ月でできた、と。
どうやら卵子に問題があって受け付けなかったみたいで、
一度取り出し注射器で強制的に受精させ体内に戻したと。

まあ、とにかくおめでとうございます。


というワケで、遊んでくれる女子がついに居なくなった。
残念だけれど仕方がない。

しかし、今回はいよいよ
(戻って来るのもありなのかなあ?)と思えた一時帰国。

日本を出てから既に十年が経とうとしている。
オレの居ない間に何があったかは知らないが、
東南アジア諸国に比べれば相変わらず窮屈なのは間違いない。
それでも今となってはいくつか魅力的な部分もあって、
食べ物とか生活しやすさとかコミュニケーションとか。
スーパー銭湯だったり字幕映画だったり街の空気だったり。
逆にネガティヴ要因は花粉や規制や足の引っぱり合い社会。
いいところもあればやっぱり悪いところもあるんだよねえ。

でも、十年前と今とでは確実に気持ちが違う。
海外で過ごした時間が何かを変えたのだろう。

もちろんすぐにではない。
まだいくらかの準備が必要なのだ。

そして、チョイスはおそらく二つ。

タイか日本か。

ここで敢えて予告しておく。
6月末にまた一時帰国する予定だ。

そこで決まるだろう。

おそらく何もかもが。

|

« 十年振りに届いたメッセージに思う | トップページ | 海外で何かに挑戦するということ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事